AMPの故障予防方法    
100W以上のAMPを修理して感じました。
 大切な貴重なAMPです。 お使いのAMPの使い方を検討してください。 
A.冬場の露結に注意しましょう。
  • アンプの置き場は団欒の、居間等が多いと思います。
    冬は暖房し、水分を含んだ暖かい空気が、アンプ内部の冷えた金属部品に当たり露結します。 AMPの下板、後ろ板の磨き鉄板が錆びるのはこの為です。
    真空管AMPの真空管ソケット/TR(トランジスター)/FETの足も同様です。高増幅率の初段の足に付き、 増殖していきます。初段のTR(トランジスター)は足の間隔が狭いです。ICに至っては更に狭いです。
    ほんの僅かな、漏洩電流でも、増幅され、終段にダメ−ジを与えます。
    よって、使用しないときは、アンプに覆いを掛けることをしましょう。
    簡単な布1枚でも大きく変わるでしょう。 下記は交換した部品類、皆真っ黒 
A1.半固定VRも真っ黒、是を再調整して、動かしたら、直ぐに接触不良に成るのは明白です。
     このAMPの修理はこちら
A2.足数の多いいのは複合TR(トランジスター)、複合FET(電界トランジスター)
A3.25KΩの半固定VRを測定して見る。抵抗体がむき出しの為か、確実に劣化している。
                                このAMPの修理はこちら
A4.黒くなりい接触不良が生じている、真空管ソケット、左新品の磁器製(ステアータイト)
A5.此方は消費電力の多いい、整流管と出力管のソケット、自分の熱も加わりボロボロ。
     真空管の熱は伝熱、輻射、対流で伝わりますが、(ソケット)足から、かなりのウエイトを持ちます。
     モ−ルドより磁器の方が熱伝導率が優れています。
A6.プリAMPでもご覧の通りです。このAMPの修理はこちら
B.放熱に注意しましょう。
  • アンプは熱を出します。一般には自然冷却で冷やします、大型な一部フアンで強制的に冷却する物あり。
    その為、アンプの下及び上は空間が必要です。足等は取り外してはいけません。
    横にスロット(穴)が有る場合は、ここも塞が無いこと
B1.放熱が悪くなる=シリコングリスが流れだし、ほとんどない終段TR(トランジスター)。 このAMPの修理はこちら
B2.メインAMPとプリAMPを重ねる場合、普通は重量の安定を考え、下の様にしますが、放熱からは、逆が良い。
     これではメインAMPの熱がそのままプリAMPに流入する
     ラック使用の場合、遮熱板を巧く利用します
B3.放熱が悪くなる改造はしない、下からの空気の上昇を「テープ」が邪魔している。 修理の様子はこちら
C衝撃(過大入力&機械的な圧力)を与えない。
  • 特に半導体は衝撃に弱いです。言い換えると真空管は強いです。
    1番多いのは、RCAコードの接続時や、取り外し時にAMPのVRを下げるのを忘れる。
  • SPへの配線のショウト(短絡)も出力半導体にダメージを与えます
    プロテクトが働いたら、即使用をやめる事です。
    同様に、フューズがとんだら、使用をやめる事
C1.音質改善の為、太いRCAケーブルを使用するが、RCA端子に負荷がかかり、接触不良になる。
                                                  修理の様子はこちら
D.電源投入時、電源切断前、無信号時で様子見る
  • 電源投入時、電源切断前の僅かな時間でも、無信号時にして、機器の状態を見る。
    特別に使用時間が長い機器や、5年経過した機器は、点検して下さい。特にコンデンサーの容量抜けによる、 ある特定の周波数(複数の場合も有り)が、特定レベルで入力した時に起こる発振、これは、非常に解りにくいです。 これが進と、特定1周波数で発信がおこり、更にすすむと、少しの入力レベルがあると、発信します。 これらの発信周波数は人間の耳では聞こえない50KHZ以上が殆どです。
E.有期寿命部品がある事を認知
  • AMPには、有期寿命部品があります。電解コンデンサー、(オイル)ペーパーコンデンサー、機械的なSW、 VR(ボリューム)、電球、ゴム製品、真空管、リレー等
E1.腐食したSP接続リレー 修理の様子はこちら
E2.焼けたSP接続リレーの可動接点、ご覧の様に接点を支えている、隣青銅が焼けてへたっている、特に左側
                           接点だけを磨いても、ダメな理由です 修理の様子はこちら
E3.劣化した電解コンデンサー、熱の為、下のビニールが剥けたのは解りにくい   修理の様子はこちら
E4.焼けた電源SW  修理の様子はこちら
E5.焼けた電源SWの接点 修理の様子はこちら
F.最後に「修理・調整・点検」はしっかりした所に出す
  • 機器製造したメーカーが修理する場合を除き、注意が必要です。
    交換部品が製造中止で無い場合、代替え部品を使用するわけですが、これは、かなりの知識と新旧の資料が必要です。
    新しい部品の規格(データーシート)等は入手しやすいですが、すでに製造中止の部品の規格は非常に入手難であり、費用もかかります。 又、代替え品があっても、物理的形状が異なる場合があるので、機械的加工が必要となり、通常の修理技術以上のレベルが要求されます。
    特に半導体(TR(トランジスター)・FET(電界トランジスター))は、機器製造メーカーからの供給を除き、ばらつきが多く、 使用後の「各種測定が必要です」=最低限歪み測定
F1.特に注意するのがTR(トランジスター)やFET(電界トランジスター)を交換する修理
    古い機種は使用されていた製品ががなく、現在入手できる互換品に置き換えますが、半導体は同じ品番でも、ランクがあり     置き換えには、十分な配慮が必要です。
    下記の様に直線部分は狭いのです、動作点をこのセンターに持ってくるのが理想です。
    よって、修理後は、歪み率の測定等が、必修です。 歪みが多い場合、回路変更が必要です
    又、測定は定格出力まで見ないと意味がありません
F2.言い換えると、交換すると下記の動作点が、ズレて、定格出力(最大出力)の時に、大きく歪むことに成ります。
    よって、測定は定格出力(最大出力)での結果が、重要です。 100WのAMPを5Wで測定しても、意味がありません。
            Copyright(C) 2012 Amp Repair Studio All right reserved. 平成24年10月7日最終校正
ここに掲載された写真は、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません、 よって、写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。