HMA−9500mkU. 20台目 修理記録
平成16年8月14日到着    9月11日完成
注意 このAMPはアースラインが浮いています
    AMPのシャーシにSPの線(アース側)や入力のRCAプラグのアース側も接続してはいけません
    RL−SPのアース線も接続(共通)してもいけません

    又、DC(directconnection)入力が可能ですが、絶対に使用しないこと=ここ参照
A. 修理前の状況
  •  スイッチ・オン直後は片チャンないし両チャンネル 共に音が出ないことが多く、1時間以上経過しないと両チャン揃って鳴らない というような状況です。
    鳴っている途中で音が消えることも多く、また、ガリ音など異音が聞こえることもあります。
    もはや全く鑑賞に堪えないような状態と思います。 このアンプは、約7年前に中古で九州のショップから購入しましたが、 購入後2年ほど経てメーカーの方に2度修理に出したことがあります。
    故障状況は、たまに音が出なくなる程度のもので、現在ほどひどいものではありませんでしたが、既にメーカーには代替パーツもなく、エンジニアもいないといった有様で、 接点のクリーニングをされただけで戻って参りました。

B. 原因
  • 各部劣化

C. 修理状況
  • SP接続リレー交換
    初段FET(電解トランジスター)交換
    RLバイアス/バランスVR交換
    モジュール修理
    電解コンデンサー交換(オーディオコンデンサー使用)
    WBT SP端子に交換
    WBT RCA端子に交換
    終段FET(電解トランジスター)8個交換

D. 使用部品
  • SP接続リレー交換                     2個
    初段FET                           2個
    バイアス/バランス半固定VR              6個
    フューズ入り抵抗                      30個
    モジュ−ル修理                       2個
    電解コンデンサー                     31個
    WBT SP端子 WBT−0702             2組
    WBT RCA端子 WBT−0201            1組
    フイルムコンデンサー                    4個
    終段FET                            8個

E. 調整・測定


F. 修理費   164,000円  

S. HITACHI Lo−D HMA−9500mkU の仕様(マニアルより)
A. 修理前の状況
A−1. 点検中 下から見る
A−2. 点検中 電解コンデンサーの頭のビニールが剥けている、初段FETAMPのシールドケースに鉛が貼ってある
A−3. 点検中 SP出力リレーのシールドケースに鉛が貼ってある
A−4−1. 点検中 鉛の足(インシュレター)が取り付けられている。
             白いのは鉛のテープ=放熱が悪くなります
A−4−2. 点検中 左右の放熱器のフィンに張られたテープ=放熱が悪くなります
A5. 点検中 L側終段FETがごちゃ混ぜ! 今では仕方ないかも
A52. 点検中 L側終段FETがごちゃ混ぜ! 今では仕方ないかも
A−6A. 修理前の出力/歪み率測定
     RSP出力=27V=91W出力 0.5%歪み 400HZ
A−6B. 修理前の出力/歪み率測定
     LSP出力=27V=91W出力 0.6%歪み 400HZ
C. 修理状況
C−1A. 修理前 Rドライブ基板
C−1B. 修理後 Rドライブ基板 初段FET、バランス/バイアス調整用半固定VR3個、SP接続リレー交換
           フューズ入り抵抗全部、電解コンデンサー11個交換 モジュール修理
C−1C. 修理前 Rドライブ基板裏
C−1D. 修理(半田補正)後 Rドライブ基板裏 半田を全部やり直す 普通はこれで完成
C−1E. 修理完成後 Rドライブ基板裏 不要なフラックスを削り落とし、洗浄後。
                   「フラックス」=半田を付ける為に、事前に塗る物、松ヤニが元祖ですが、現在は化学合成が殆ど
C−2A. 修理前 Lドライブ基板
C−2B. 修理後 Lドライブ基板 初段FET、バランス/バイアス調整用半固定VR3個、SP接続リレー交換
           フューズ入り抵抗全部、電解コンデンサー11個交換 モジュール修理
C−2C. 修理前 Lドライブ基板裏
C−2D. 修理(半田補正)後 Lドライブ基板裏 半田を全部やり直す 普通はこれで完成
C−2E. 修理完成後 Lドライブ基板裏 不要なフラックスを削り落とし、洗浄後。
                   「フラックス」=半田を付ける為に、事前に塗る物、松ヤニが元祖ですが、現在は化学合成が殆ど
C−3A. 修理前 電源基盤
C−3B. 修理後 電源基盤 フューズ入り抵抗全部、電解コンデンサー9個交換
           ジャンパー線も半田を浸み込ませる
C−3C. 修理前 電源基盤裏
C−3D. 修理(半田補正)後 電源基盤裏 半田を全部やり直す
C−3E. 修理完成後 電源基盤裏 不要なフラックスを削り落とし、洗浄後。
                   「フラックス」=半田を付ける為に、事前に塗る物、松ヤニが元祖ですが、現在は化学合成が殆ど
C−3F. 発振で基板の銅伯が熱を帯び、解けた跡が残る絶縁シート
C41. 修理前 R側SP端子
C42. 修理前 L側SP端子
C43. 修理中 R側SP端子の穴空作業
C44. 修理中 L側SP端子の穴空作業
C45. 修理後 R側SP端子
C46. 修理後 L側SP端子
C47. 修理後 R側SP端子への接続 WBTのネジ止めを生かし、ネジ止め接続+半田接続のW配線にした
                                                         <<理由はこちら参照>>
C48. 修理後 L側SP端子への接続 WBTのネジ止めを生かし、ネジ止め接続+半田接続のW配線にした
                                                         <<理由はこちら参照>>
C−5A. 修理前 RCA端子
C−5B. 修理後 RCA端子 
C−5C. 修理前 RCA端子基板裏
C−5D. 修理(半田補正)後 RCA端子基板裏  半田を全部やり直す
                   フイルムコンデンサー2個交換、2個増設
C−6A. 修理前 R終段FET
C−6B. 修理後 R終段FET交換後
C−6C. 修理前 L終段FET
C−6D. 修理後 L終段FET交換後
C−7A. 修理後 RLモジュール TR(トランジスター)はマジック塗って有ります
C−8A. 交換した部品 頭のビニールが後退していなくても、底の方が後退する場合がある
C−9A. 修理前 下から見る
C−9B. 修理後 下から見る
C−9C. 修理後 後ろからWBTの端子郡を見る
            長年お世話に成ったAMP、この位の「ご褒美」は付けて上げても良いのでは?
E. 調整・測定
E−1. 出力/歪み率測定・調整
    <見方>
     下左オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出す(歪み率=約0.003%)
     下中=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル) 下右=周波数計
     上左=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
     上中=SP出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力
     上右=SP出力波形オシロ 上=R出力、下=L出力(出力電圧測定器の出力)
E−2A. R側、31V=120W出力 0.02%歪み 1000HZ
E−2B. R側、31V=120W出力 0.015%歪み 400HZ
E−2C. L側、31V=120W出力 0.02%歪み 1000HZ
E−2D. L側、31V=120W出力 0.015%歪み 400HZ
E−3. 完成  24時間エージング
                       9500mkj1e
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.