SAE(Scientific Audio Electronics) A1001 修理記録
平成15年8月2日   8月15日完成
  • A. 修理前の状況
       オークションで入手した。
       オークションで買ったアンプは、来たときは正常に動作していても、殆ど1年以内に壊れてしまいますね!

  • B. 原因
       「プロテクト+SP接続リレー基板」不良

  • C. 修理状況
       SP接続リレー交換。
       バイアス調整用半固定VR交換。
       電解コンデンサー交換(ミューズ使用)。
       整流ブリッジ交換。
       全基板半田補正。
       初段トランジスター交換。
       AC100V突入電流(ラッシュ・カーレント)抑制回路挿入。
       プロテクトIC交換。

  • D. 使用部品
       リレー                                       3個。
       電解コンデンサー(高圧を除き、オーディオ・コンデンサー使用)   31個。
       半固定VR                                    2個。
       整流ブリッジ                                   2個。
       複合トランジスター                               2個。
       AC100V突入電流(ラッシュ・カーレント)抑制回路製作・組み込み。
       プロテクトIC                                   1個。

  • E. 調整

  • F. 修理費   130,000円  オーバーホール修理
                          3台目からの、お馴染みさん価格

A. 修理前の状況・点検
A−1A. 点検中 上から見る 定格出力500W/8Ω+500W/8Ω
A−1B. 点検中 終段TR(トランジスター)は全て東芝製品で片側16パラ・プシュで32個使用 よって左右で64個
         このタイプ(TO−3)は市場に無く、1個2000円×64=128、000円の価値が、このTR(トランジスター)だけで有り。
A−2A. 点検中 AMP部拡大 使用されている電解コンデンサーも古い物
            この大きなトロイダル・トランスにAC100Vを直入れ!
            日本の普通の家庭で、契約容量が少ない場合、ブレーカーが落ちてしまう、日本の製品では考えられない
A−2B. 点検中 後ろから見る 下左右に前段AMP部 下真ん中にプロテクト+SP接続リレー基板
            真ん中が電解コンデンサー8本
A−2C.点検中 故障原因のプロテクト+SP接続リレー基板
           この基板を取り出すには、左右の終段基板(放熱器付き)、左右に前段AMP部、真ん中が電解コンデンサー8本
           要するに、全部バラサナイト取り出せない、修理の事など全く考慮していない!
A−3A. 点検中 焼けたSP接続リレーの可動接点、ご覧の様に接点を支えている、隣青銅が焼けてへたっている、特に左側
            接点だけを磨いても、ダメな理由です
A−3B.点検中 焼けたSP接続リレーの固定接点、右側には真ん中にアークでキズがある
           これでは幾らSP配線を太くしても、到底良くならない
A−4. 点検中 温度関知のサーモスタット、ここにAC100Vが通過する(左右2個直列に通過)
C. 修理状況
C−1A. 修理前 上VU基板
C−1A−1. 修理前 上LED基板
C−1A−2. 修理後 上LED基板
C−1A−3. 修理後 上LED基板反対側
C−1B. 修理後 上VU基板 電解コンデンサー3個交換
C−1C. 修理前 上VU基板裏
C−1D. 修理(半田補正)後 上VU基板裏 電解コンデンサー1個交換
C−1E. 修理前 下VU基板
C−1E−1. 修理前 下LED基板
C−1E−2. 修理後 下LED基板
C−1E−3. 修理後 下LED基板 反対側
C−1F. 修理後 下VU基板 電解コンデンサー3個交換
C−1G. 修理前 下VU基板裏
C−1H. 修理(半田補正)後 下VU基板裏 電解コンデンサー1個交換
C−2A. 修理中 後ろに左右終段基板、コネクターを節約してケチると修理は大変です、未だプロテクト基板は取れず
C−2B. 修理中 後ろに左右終段基板、コネクターをケチると修理は大変です、ヤットプロテクト基板が取り出せる
C−3A. 修理前 F側電源電解コンデンサー
C−3B. 修理前 F側電源電解コンデンサー、肝心のアースがネジ止め
C−3C. 修理(ハンダ補正)後 F側電源電解コンデンサー、肝心のアースはハンダを盛る、電解コンデンサー4個追加
C−3D. 修理前 B側電源電解コンデンサー
C−3E. 修理(ハンダ補正)後 B側電源電解コンデンサー、電解コンデンサー4個追加、肝心のアースは組み付け時取り付け
C−4A. 修理前 プロテクト+SP接続リレー基板、SP接続リレーは取り外してある
C−4B. 修理後 プロテクト+SP接続リレー基板、SP接続リレー組み付けて取付ける 電解コンデンサー5個、プロテクトIC交換
C−4C. 修理前 プロテクト+SP接続リレー基板裏
C−4D. 修理(ハンダ補正)後 プロテクト+SP接続リレー基板
C−5A. 修理前 R側終段基板
C−5B. 修理(半田補正)後 R側終段基板 電解コンデンサー8個交換
C−5C. 修理前 R側中段
C−5D. 修理前 R側中段  電解コンデンサー2個、半固定VR交換
C−5E. 修理前 R側初段基板
C−5F. 修理後 R側初段基板 電解コンデンサー7個、複合TR(トランジスター)2個交換
C−5G. 修理前 R側初段基板裏
C−5H. 修理(半田補正)後 R側初段基板裏
C−5I. 修理後 R側RCA端子取り付け、スタッドを使用して基板を固定する
C−6A. 修理前 L側終段基板
C−6B. 修理(半田補正)後 L側終段基板 電解コンデンサー8個交換
C−6C. 修理前 L側中段
C−6D. 修理前 L側中段  電解コンデンサー2個交換
C−6E. 修理前 L側初段基板
C−6F. 修理後 L側初段基板 電解コンデンサー7個、複合TR(トランジスタ−)2個交換
C−6G. 修理前 L側初段基板裏
C−6H. 修理(半田補正)後 L側初段基板裏
C−6I. 修理前 L側初段基板 裏 RCA端子付近
              RCA端子を交換した作業が悪い、銅箔が浮いている
C−6J. 修理後 L側初段基板 裏 RCA端子付近
              スタッドを使いしっかり固定する
C−6K. 修理後 L側RCA端子取り付け、スタッドを使用して基板を固定する
C−7. 修理後 電源回路(遅延回路組み込み) 電源投入リレーは10A×3=30A容量
          AC100Vはこの2個の接点だけを通り、トランスに供給される、左下が突入電流(ラッシュ・カーレント)抑制抵抗
          今までは温度サーミスターの接点2個+機械的SWを通り直入れだったのがこの大型リレーで置き換え
A−8A. 修理前 AMP部拡大 
A−8B. 修理後 AMP部拡大 
C−8C. 修理前 上から見る
C−8D. 修理後 上から見る
C−8E. 修理前 プロテクト+SP接続リレー基版
C−8F. 修理後 プロテクト+SP接続リレー基版
C−9A. 交換部品
C−9B. 液漏れが始まった電解コンデンサー
C−9C. 腐食した半固定VR
C−10.止めネジも塗装する
E. 調整
E−1. 出力/歪み率測定。
E−2A. R側SP出力=62V=480W 0.03%歪み 1000HZ入力
       R出力=右=上=赤針 L出力=左=下=黒針 右下のオシロが入力波形
E−2B. R側SP出力=62V=480W 0.05%歪み 400HZ入力
       R出力=右=上=赤針 L出力=左=下=黒針 右下のオシロが入力波形
E−3A. L側SP出力=62V=480W 0.03%歪み 1000HZ入力
       R出力=右=上=赤針 L出力=左=下=黒針 右下のオシロが入力波形
E−3B. L側SP出力=62V=480W 0.03%歪み 400HZ入力
       R出力=右=上=赤針 L出力=左=下=黒針 右下のオシロが入力波形
E−4A. 上記測定は午後18時過ぎで100Vラインが低すぎで出力出ず
       翌朝8時に再測定
       このAMPはTR(トランジスタ−)供給電圧を100Vの上げ、大出力を引き出しています
       放熱、SPラインからの周り込み等に注意しましょう(SPへの配線は4本単独に引くこと)        
無負荷供給電圧=100.5V 負荷供給電圧=97.2V
E−4B. R側SP出力=68V=578W 0.02%歪み 400HZ入力
       R出力=右=上=赤針 L出力=左=下=黒針 右下のオシロが入力波形
E−4B. L側SP出力=68V=578W 0.03%歪み 400HZ入力
       R出力=右=上=赤針 L出力=左=下=黒針 右下のオシロが入力波形
E−5. 完成 24時間エージング
                         sea1001-1z
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.