Sansui AU−D907 Limited. 3台目 修理記録
使用上の注意                                       平成13年12月
A. 修理前の状況
   1:スピーカーターミナル劣化による破損
   2:イコライザー使用するとボツボツ音発生します。
      MM、MC共に発生します。
   3:バランスVR他ガリが発生しております。

B. 原因
   AMPのTR(トランジスター)劣化

C. 修理状況
   メインAMPの調整用 半固定VR交換
   メインAMPの終段TR(トランジスター)/初段FET交換
   コントロールAMPのFET(電界トランジスター)交換、
   イコライザーAMPのFET(電界トランジスター) 交換
   MC_AMPのTR(トランジスター) 交換
   SP接続リレー交換(容量1.5倍の同型新タイプ使用)
   配線手直し、補強

D. 使用部品
   終段TR(トランジスター)山水よりのUPグレード品   8個
   SP接続リレー                         2個
   バランス、バイアス調整用 半固定VR          4個
   MC_AMPのTR(トランジスタ-)                4個
   イコライザーAMP FET(電界トランジスター)      2個
   コントロールAMP FET(電界トランジスター)      2個
   電解コンデンサー                          4個
   抵抗                               2個

E. 修理費 65,000円        通常修理。

1.腐食している終段TR(トランジスター)。
2.足が真っ黒のパネル裏のLED。
3.足が真っ黒のTR(トランジスター)等、他の修理機種も一緒
4.半分、交換した終段TR(トランジスター)、無論この後全部交換。
  スプリングワッシャが使用していないので緩んでいた、今回はスプリングワッシャを使用する。
  勿論、通過電流を考慮して、隣銅製。
5.ドライブ基板修理後、交換部品は半固定VR=4個、複合FET=2個
6.ドライブ基板裏の半田補正、光っている所。
7.EQ基板の半田が浮いている所=黒印の上
  是を瞬時に見分けるには、かなりの眼力と経験が必要。
8.修理後のEQ(イコライザー)基板、迷ったら鏝を当て補正する。
  交換部品は複合FET=2個、ハムが出るので電解コンデンサー=2個
9.MC AMP基板修理、ハム対策で電源コンデンサー増量交換
10.出力測定、軽く30V=112.5W/8Ω。左歪み0.3%最大値。
   但し発信器が安いので直接入れても0.2%。
11.修理完成し、24時間エージング中。
                       907lim38
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.