コンデンサーの劣化
A1.高級フイルムコンデンサー劣化例
     25年前の当時90万円位の外国AMP「Threshold FET1」の部品、選別されといたと思われるが、経年変化には耐えられず、
     バラツキが生じる。修理の様子はこちら
     最小の10.08と最大の11.34が音の通り道「カップリング」に使用されると、RLで差が生じる
B1.高級フイルムコンデンサー劣化例U
     東芝SY−λ88U についていたλコンデンサー  耐電圧=200V 容量=0.82が正しい値です
      796/544=1.5倍の差が生じています。 修理の様子はこちら
      この様な、フイルムコンデンサー類の劣化は、容量抜けなので、下記の様な安いテスターで測定可能です
B1A.上の最低値測定 B−1B.上の最高値測定
B2.高級フイルムコンデンサー劣化例V
     東芝SY−λ88U についていたλコンデンサー  耐電圧=200V 容量=0.82が正しい値です
     796/544=1.5倍の差が生じています。 修理の様子はこちら
     この様な、フイルムコンデンサー類の劣化は、容量抜けや絶縁不良なので、下記の様な安いテスターで測定可能です
B3.高級フイルムコンデンサー劣化例W
     東芝SY−λ88U についていたλコンデンサー  耐電圧=200V 容量=0.82が正しい値です
     1015/002=??? 凄い差が生じています。 修理の様子はこちら
     この様な、フイルムコンデンサー類の劣化は、容量抜けなので、下記の様な安いテスターで測定可能です
     しかし、いくらYAHOOオークションの出品でも、酷すぎますね!
C1.モールド型フイルムコンデンサー劣化例X
                  熱の収縮により、ヒビが入っている          修理の様子はこちら
上記の様に「バラツク」と 「カプリングコンデンサー」に 使用の場合問題になります
E1.電解コンデンサーの例
E11.日立HMA−9500&VHMA−9500mkUの修理中で、重量差を感じたので、測定しました
     電解コンデンサー類の劣化は、容量抜けの他に、絶縁の劣化が生じますので、上の様な安いテスターで測定不可です
     やはり、経年変化で、電解コンデンサーは、電解液が蒸発するのですね!
E12.製品ロット 1D−U 9500mkUに付いていた物 修理の様子はこちら
E13.製品ロット 80−K 9500 に付いていた物 修理の様子はこちら
E14.製品ロット 81−W 9500 に付いていた物 修理の様子はこちら
F1.熱くなる電解コンデンサーの例
      電解コンデンサーの重さの比較測定
      左=絶縁劣化物(製造ロット新しい)、右=新規購入の物(製造ロット古い)
      経年変化の電解液漏れではないので古い方が重い、多分、仕様が変わったのではないか?
                                            修理の様子はこちら
F2.電解コンデンサーの漏れ電流測定 供給電圧DC50Vで測定 左=古い物=27mA以上、右=新規購入の物=5mA
      古い物の発熱量=1.35W、新規購入の発熱量=0.25W
      実際の使用電圧は80Vなので、60度くらいに温度上昇する、その内液漏れし始める
G1.電解コンデンサーの劣化で発振し、基盤の銅箔が熱を持つ例
      バイパス・コンデンサーが劣化すると、特定の周波数・レベル(複数の周波数の場合あり)で発振する 。
      修理の様子はこちら
G2.電解コンデンサーの劣化で発振し、基盤の抵抗が焼けた例「Sansui AU−D907 Limited 10台目」
     気がつかず使用を続けた為、終段TR(トランジスター)焼損する
                          修理の様子はこちら
この抵抗(10オーム)↑↑ と この↑↑コンデンサー(473)がSP出力ラインに直列に入れてある
コンデンサーは正常なので、強い高域の発振により焼けたと推測される、その原因は電解コンデンサーの劣化。
G3.電解コンデンサーの劣化で発振し、基盤の抵抗が焼け、出力TR(トランジスター)を損傷した例
     
「PRA−2000ZR 6台目」                修理の様子はこちら
H.以外に知られていない電解コンデンサ−の寿命
  • 現在 売られている電解コンデンサーの規格
    85℃で1000時間 又は105℃で1000時間と記述されています(2000時間もあります)
    25℃保管だけでどれだけの持つのか試算しました
      <試算設定>
        一般に10度下がると2倍寿命が延びると試算する
        保管温度=35℃では寿命=128000時間
           1年=8760時間
           128000/8760=14.6年
        保管温度=25℃では寿命=512000時間
           1年=8760時間
           256000/8760=29.2年
  • 当時の電解コンデンサーはこれより規格が低く75℃で1000時間位が主流でしょう
         Copyright(C) 2012 Amp Repair Studio All right reserved. 平成24年10月7日最終校 c-chec6
ここに掲載された写真は、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。