Sansui B−2301L. 2台目修理記録
平成14年10月3日到着 10月17日完成
注意 このAMPはアースラインが浮いています
    AMPのシャーシにSPの線(アース側)を接続してはいけません
    RL−SPのアース線も接続(共通)してもいけません

    又、DC−入力が可能ですが、絶対に使用しないこと=ここ参照
A. 修理前の状況
  • ヤフーオークションの故障品の買取
    オークションの商品説明では、電源を入れるとヒューズが飛んだ。
    修理ができる環境の人 又、部品取り用。
    写真では、外観は悪い、木の側板は、はがれあったそうです。
    現在の症状:
    • ● ヒューズが切れている。<F1> 125V 15A  <F2> 250V 1A 2本とも。 
    • ● ヒューズが切れの原因は、素人の私では解りません。
    • ●  したがって、アンプとしての機能は全く解りません。
    • ● スピーカ接続端子の取付け部分がへっこんでいる(輸送梱包の悪さかな!)。
    • ● 電解コンデンサーの取付け基礎部分が曲がっている(輸送梱包の悪さかな!)。
         直立せず、少し斜めになっている。
    • ●  AC outlet コンセントの上部欠け  ---> この部分は実用上問題なし(使用しない?)。
    • ● input LEVELつまみが無い ---> この部分は実用上問題なし。
    • ● 木の側板はがれ ---> この部分は後日、修復可能(木工の加工部分)。 

B. 原因
  • 酷使の為(大出力)、終段TR(トランジスター)短絡。
    その為、電解コンデンサ−の破壊。

C. 修理状況
  • 終段TR(トランジスター)交換、
    電源大型電解コンデンサー交換
    SP接続リレー交換(容量1.5倍の同型新タイプ使用)
    配線手直し、補強

D. 使用部品
  • 終段TR(トランジスター)           16個
    電源大型電解コンデンサー交換       2個
    SP接続リレー                  2個
    バランス、バイアス調整用 半固定VR   8個
    FET(電界トランジスター)           4個
    電解コンデンサー                 2個
    抵抗                         4個

E. 調整・測定

F. 修理費  80,000円    通常修理。
                      但し、大型電源用電解コンデンサーはユーザより支給。

G. 再修理
  このAMPは、DC入力しかなく、バランスの崩れたプリAMPを繋ぐと、過大入力となります
  詳しくはここを参照してください


S. Sansui B−2301L の仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の状況
A−1. 修理前 終段ブロック部の銅版がへっこんでいる
A−2. 修理前 電解コンデンサーの取付け基礎部分が曲がっている
A−3. 修理前 真ん中の4本の電解コンデンサーが不良
          終段TR(トランジスター)のショートで、急激な放電で、大電流が流れ、内部がで破壊された
          通電すると、約30分くらいで、50度くらいに熱を持つ、これでは、その内、短絡する
          4本の内、右側が2本が並列接続で「+電圧」、左側が2本が並列接続で「−電圧」用
          壊れたのは、下側の2本、上側2本は熱を持たないが、交換したほうが無難
          並列接続で壊れる側は、性能が良い場合が多いい為(下2本は20000μ)です
A−4. 修理前 電解コンデンサーの重さの比較測定 左=古い物(製造ロット新しい)、右=新規購入の物(製造ロット古い)
          経年変化の電解液漏れではないので古い方が重い
          多分、仕様が変わったのではないか
A−5. 修理前 電解コンデンサーの漏れ電流測定 左=古い物=27mA以上、右=新規購入の物=5mA
     古い物の発熱量=2.7W、新規購入の発熱量=0.5W
A−6. 修理前 終段TR(トランジスター)が短絡し、大電流が流れたため、熱で変形したSP接続リレ−端子基盤
A−7. 修理前 空けてみたら、何とユーザがリレーを曲げて接続していた!!!
C. 修理状況
C−1. 修理前 ヘビーデュティをこなす業務使用で、何処かにぶつけたのでしょう、曲がったSP端子台
C−2. 修理前 SP端子台板
C−3. 修理前 曲がったSP端子板を治し、端子を取り付ける、緩まないよう様に、瞬間接着剤を滲みこませる
C−4. 修理後 SP接続リレー端子基盤
C−5. 修理前 終段基盤
C−6. 修理後 終段基盤、半固定VR、初段FET、終段TR(トランジスター)交換
          上の4個の塊が、終段TR(トランジスター)が2個付いている物
C−7. 修理前 終段基盤裏
C−8. 修理後(ハンダ補正) 終段基盤裏 そして放熱器に組み付けた所
C−9. 修理後(ハンダ補正) 電源基盤裏
C−10. 修理後 入力AMP基盤
E. 調整・測定
E−1. 出力確認、調整 LEDも0dB
E−2. R側SP出力電圧50V=312W 歪率=0.15% 1000HZ入力
E−3. L側SP出力電圧50V=312W 歪率=0.15% 1000HZ入力
E−4. R側SP出力電圧50V=312W 歪率=0.15% 400HZ入力
E−5. L側SP出力電圧50V=312W 歪率=0.15% 400HZ入力
E−6. 完成 上から
E−8. 完成 下から
E−9. 24時間エージング
G. 再修理
G−1. プリAMPのDCバランス崩れの為、過大入力で解けたリレー
G−2. ノーマル入力にコンデンサーを取り付ける
G−3. 再修理完成
     輸送途中に、コネクターが抜けないようテープ止め、コンデンサーが傾かないようスポンジを挟む
S. Sansui B−2301L の仕様(マニアルより) 
  
B-2301
定格出力 300W+300W(8Ω,20Hz〜20kHz)
550W+550W(4Ω,1kHz)
全高調波歪率 0.003%以下(定格出力時,10Hz〜20kHz)
混変調歪率 0.003%以下(60Hz:7kHz=4:1)
周波数特性 DC〜300kHz(+0,−2dB)
S/N比 120dB
スルーレイト ±300V/μs
ライズタイム 0.5μs
入力 1V(15kΩ)Normal/2V(10kΩ)Balanced
TIM歪 測定限界以下
エンベロープ歪み 測定限界以下
定格消費電力 530W(電気法による)
寸法 474W×215H×498Dmm
重量 37kg
                    b2301l2u
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.