修理機器の1週間の進行状況 修理機器以外の仕事 修理者の予定
お預かりしている、現在の修理品の1週間の進行状況(製造機器メーカ名順)
令和2年1月13日〜19日仕事状況
1月13日(月)=LUXMAN SQ−38FD. 9台目 見積・点検。
1月14日(火)=LUXMAN SQ−38FD. 9台目 見積・点検。
1月15日(水)=Sansui AU-α607 MOS Premium 見積・点検。
1月16日(木)=Sony TA−E7 修理。
1月17日(金)=Sony TA−N7. 4台目 点検。
1月18日(土)=Sony TA−N7. 4台目 点検。
1月19日(日)=THORENS TD125U.2台目 見積・点検。
特記無は、午前=10〜12時、午後=13〜18時、終日=10〜12時、13〜18時
月日の曜日の後の「*」マークは、パート(助っ人)を使う。

修理機器の進行状況、製造機器メーカ名順。

仕事場は、電気暖房なので、修理始業時間は10時〜です。
露結するので、燃焼系暖房は使用出来ません。
9〜10時はメール送受信、HPメンテナンス、自宅サーバーメンテナンス作業。

ユーザーが質問の答えを信じて TA−N7. 4台目を、オークションで91,910円 で購入 しました。
改めてオークションで購入するには、十分に注意して下さい
  • Q質問3 投稿者:h*l*z*** / 評価:85 1月 3日 9時 31分
    出品者 殿 質問させてください。
    1、プロテクト解除の音は、繰り返したりしますか?(ON/OFFの繰り返し)
    2、ジャンク販売の方は殆ど、通電可とだけ記載します。2〜3時間程度つの通電で、SIT(V-FET)の近傍は熱くなりますか?
    3、音のでる可能性は?。SITは入手できませんので音が出なければ、部品取り、ゴミです。
  • A 回答 1月 4日 13時 33分
    社長が戻りましたのでご回答させていただきます。
    あまりにも動作確認の依頼が多いので動作確認致しました。
    両チャンネルとも音声出力しているそうです。
    昨晩から電源オンのまま以上ありません。
    熱はほんのり本体が暖かい程度です。
A27. 点検中 下蓋を取り、下から見る。
A31. 点検 R側アンプ基板。 ヒューズ入り抵抗断線多数。
A32. 点検 L側アンプ基板
A322. 点検 L側アンプ基板。 焼損部。
A41. 点検 L側終段V−FET。 ×印は測定器で使用不可の判定、無印でも実動作点検で不可の可能性あり。
令和2年1月6日〜12日仕事状況
1月6日(月)=Sony TA−E7 修理。
1月7日(火)=Sony TA−N7. 3台目 修理。
1月8日(水)=Philips LHH P700 見積・点検。
1月9日(木)=Accuphase C−200S. 2台目 見積・点検。
1月10日(金)=Sony TA−E7 修理。
1月11日(土)=Sony TA−E7 修理。
1月12日(日)=Accuphase C−200S. 2台目 修理。
特記無は、午前=10〜12時、午後=13〜18時、終日=10〜12時、13〜18時
月日の曜日の後の「*」マークは、パート(助っ人)を使う。

修理機器の進行状況、製造機器メーカ名順。

仕事場は、電気暖房なので、修理始業時間は10時〜です。
露結するので、燃焼系暖房は使用出来ません。
9〜10時はメール送受信、HPメンテナンス、自宅サーバーメンテナンス作業。

下記の様な修理品がありました、修理に出す時、オークションで購入するには、十分に注意して下さい
L−02A. 21台目 終段・プロテクト基板裏。SP接続リレーの足(端子)の半田がおかしい!
終段・プロテクト基板裏。銅箔基板に、SP接続リレーの足(端子)が無!
SP接続リレーの足(端子)が曲がって基板に挿されていない!
下記の様な修理品がありました、修理に出す時、オークションで購入するには、十分に注意して下さい
 
C−200S. 2台目
R側EQ_AMP(イコライザー・アンプ)基板。
  • 2個の2SA923のコンプリメンタリーTR(トランジスター)がモールド型2SC3209に交換してある。
    本来は、2SC805A。
    2SC805A/2SA923の規格、 Vcbo=200v、Vebo=5v、Ic=200mA、Pc=625mW、hfe=150、用途=RF。
    2SC3209の規格/Aタイプ無、 Vcbo=300v、Vebo=5v、Ic=200mA、Pc=1W、hfe=200、用途=TV Vout/Hout。
Hiレベル&トーンコントロールAMP基板。
  • 2個の2SA923がモールド型2SA939Vに交換してある。
    2個の2SC805Aがモールド型2SC3209に交換してある。。
    2SC805A/2SA923の規格、 Vcbo=200v、Vebo=5v、Ic=200mA、Pc=625mW、hfe=150、用途=RF。
    2SC3209の規格/Aタイプ無、 Vcbo=300v、Vebo=5v、Ic=200mA、Pc=1W、hfe=200、用途=TV Vout/Hout。
    2SA939V規格/2SC2071、 Vcbo=250v、Vebo=5v、Ic=50mA、Pc=1W、hfe=150、用途=HF A。
R側_FILTERー&出力AMP(フイルター及び出力アンプ)基板。。
  • 2個の2SA923のコンプリメンタリーTR(トランジスター)がモールド型2SC3209に交換してある。
    本来は、2SC805A。
    2SC805A/2SA923の規格、 Vcbo=200v、Vebo=5v、Ic=200mA、Pc=625mW、hfe=150、用途=RF。
    2SC3209の規格/Aタイプ無、 Vcbo=300v、Vebo=5v、Ic=200mA、Pc=1W、hfe=200、用途=TV Vout/Hout。
ヘッドホーンAMP基板。
  • 2個の2SA479のコンプリメンタリーTR(トランジスター)がモールド型2SC2235に交換してある。
    本来は、2SC497。
    2SC497/2SA497の規格、 Vcbo=80v、Vebo=5v、Ic=800mA、Pc=600mW、hfe=40-240、用途=PA。
    2SC2235の規格/2SA965、 Vcbo=120v、Vebo=5v、Ic=800mA、Pc=900mW、hfe=80-240、用途=PA。
令和元年12月30日〜令和2年1月5日仕事状況
12月30日(月)=Sony TA−E7 修理。
12月31日(火)=KENWOOD L−02A. 21台目 修理。
1月1日(水)=サーバー&HPメンテナンス。
1月2日(木)=KENWOOD L−02A. 23台目 修理。
1月3日(金)=Sony TA−E7 修理。
1月4日(土)=KENWOOD L−02A. 21台目 修理。
1月5日(日)=Sony TA−E7 修理。
特記無は、午前=10〜12時、午後=13〜18時、終日=10〜12時、13〜18時
月日の曜日の後の「*」マークは、パート(助っ人)を使う。

修理機器の進行状況、製造機器メーカ名順。

仕事場は、電気暖房なので、修理始業時間は10時〜です。
露結するので、燃焼系暖房は使用出来ません。
9〜10時はメール送受信、HPメンテナンス、自宅サーバーメンテナンス作業。


令和元年前期仕事状況  令和元年後期仕事状況
平成30年前期仕事状況。 平成30年後期仕事状況
平成29年前期仕事状況。 平成29年後期仕事状況
平成28年前期仕事状況。 平成28年後期仕事状況
平成27年前期仕事状況。 平成27年後期仕事状況
平成26年前期仕事状況。 平成26年後期仕事状況
平成25年前期仕事状況。 平成25年後期仕事状況
平成24年前期仕事状況。 平成24年後期仕事状況
平成23年後期仕事状況
         Copyright(C) 2020 Amp Repair Studio All right reserved.