LUXMAN M−07 修理記録
平成30年1月8日持込   月日完成
A. 修理前の状況


C. 修理状況
  • ブロックコンを除く電解コンデンサー交換。
    フイルムコンデンサー1部交換。
    配線手直し、補強。
    SP接続リレー交換。
    半固定VR交換。


P. 下蓋(ケース)修理

D. 使用部品
  • 電解コンデンサー               個。
    フイルムコンデンサー            個。
    セラミックコンデンサー            個。
    抵抗                       個。
    半固定VR                   個。
    SP接続リレー                 個。



E. 調整・測定

F. 修理費   ,000円    オーバーホール修理

S. LUXMAN M−07 の仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の状況。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
A1. 点検中 上下ケース(蓋)、前パネルを取り、上から見る。
A2. 点検中  上下ケース(蓋)、前パネルを取り、下から見る。
A3. 点検中  上下ケース(蓋)、前パネルを取り、下から見る。 右側、プロテクト・定電圧基板下の焼け跡。 
A4. 点検中  前回修理の修理標。 2009年11月?
C. 修理状況。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
C1. 修理中 後パネルを取り外し、修理中。
C11. 修理前 右側、プロテクト・定電圧基板。 
C12. 修理後 右側、プロテクト・定電圧基板。 整流器、電解コンデンサー個、抵抗個交換。
C13. 修理前 右側、プロテクト・定電圧基板裏。 
C14. 修理(ハンダ補正)後 右側、プロテクト・定電圧基板裏。 全半田やり直し。
C15. 完成右側、プロテクト・定電圧基板裏。 余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C21. 修理前 右側、終段基板。
C22. 修理後 右側、終段基板。
C23. 修理前 右側、終段基板裏。
C24. 修理(ハンダ補正)後 右側、終段基板裏。 全半田やり直し。
C25. 完成右側終段基板裏。 余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C31. 修理前 左側、プロテクト・定電圧基板。 
C32. 修理後 左側、プロテクト・定電圧基板。 整流器、電解コンデンサー個、抵抗個交換。
C33. 修理前 左側、プロテクト・定電圧基板裏。 
C34. 修理(ハンダ補正)後 左側、プロテクト・定電圧基板裏。 全半田やり直し。
C35. 完成左側、プロテクト・定電圧基板裏。 余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C41. 修理前 左側、終段基板。
C42. 修理後 左側、終段基板。
C43. 修理前  左側、終段基板裏。
C44. 修理(ハンダ補正)後 左側、終段基板裏。 全半田やり直し。
C45. 完成左側終段基板裏。 余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
CG. パネル清掃中。
CH1. 交換部品
CI1. 修理前 上から
CI2. 修理後 上から
CI3. 修理前 下から
CI4. 修理後 下から
P. 下蓋(ケース)修理
P11. 修理前 下蓋の前の割れ(ヒビ)。 強度が無く、割れが発生している。
P11. 修理前 下蓋の前左の割れ(ヒビ)。
P11. 修理前 下蓋の前右の割れ(ヒビ)。
P21. 修理前 下蓋の後左の割れ(ヒビ)。
P21. 修理前 下蓋の後右の割れ(ヒビ)。
E. 測定・調整。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
E1. 出力・歪み率測定・調整
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
E21. RCA端子_50Hz入力、R側SP出力電圧29V=105W、 0.0197%歪み。
                     L側SP出力電圧29V=105W、 0.0186%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E22. RCA端子_100Hz入力、R側SP出力電圧29V=105W出力、 0.0196%歪み。
                       L側SP出力電圧29V=105W出力、 0.0186%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E23. RCA端子_500Hz入力、R側SP出力電圧29V=105W出力、 0.0203%歪み。
                       L側SP出力電圧29V=105W出力、 0.02%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E24. RCA端子_1kHz入力、R側SP出力電圧29V=105W出力、 0.02%歪み。
                   L側SP出力電圧29V=105W出力、 0.0197%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E25. RCA端子_5kHz入力、R側SP出力電圧29V=105W出力、 0.0201%歪み。
                  L側SP出力電圧29V=105W出力、 0.0197%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E26. RCA端子_10kHz入力、R側SP出力電圧29V=105W出力、 0.02%歪み。
                      L側SP出力電圧29V=105W出力、 0.0196%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E27. RCA端子_50kHz入力、R側SP出力電圧29V=105W出力、 0.0381%歪み。
                      L側SP出力電圧29V=105W出力、 0.0374%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E4. フルパワー出力なので、 24V高速フアンが全回転でクーリング。
S. LUXMAN M−07 の仕様(マニアル・カタログより) 
型式 ステレオパワーアンプ M−07
連続実効出力 100W+100W(8Ω、20Hz〜20kHz、A級、両ch同時動作)
400W(8Ω、20Hz〜20kHz、モノラル(バランス入力)使用時)
入力感度 1V(100W、ステレオ使用時)、1V(400W、モノラル使用時)
入力インピーダンス ステレオ使用時=50kΩ(Coaxial)、100kΩ(Balance)
モノラル使用時=100kΩ
入力レベル調整 50kΩ固定抵抗切換式、12ポイントアッテネーター(Coaxial)
全高調波歪率 0.008%以下(8Ω、両ch動作)、0.008%以下(8Ω、モノラル使用時)
混変調歪率 0.008%以下(8Ω、60Hz:7kHz=4:1)
周波数特性 5Hz〜300kHz +0 -3dB
SN比 120dB(IHF-A)
ダンピングファクター 500(8Ω、50Hz)
付属装置 ピークホールド付きデジタルピークパワーメーター
メーターOFFスイッチ
Coaxial/Balance入力切換スイッチ
BTL接続スイッチ
エレクトロスタティックスピーカー用端子
ファンスピード3段階切換えスイッチ
ラインフェーズセンサー
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 280W×2
外形寸法 幅438×高さ220×奥行474mm
重量 52kg
価格 750,000円(1987年12月発売)
                      m-07_b
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。
Copyright(C) 2018 Amp Repair Studio All right reserved.