Sharp SMーSX200 修理記録
2018/12/11到着    完成
A. 修理前の状況
  • 2001年12月発売になった際、新品で購入致しました。
    2004年SX-300が出た際にサンプリング周波数を11.2Mhzにバージョンアップしています。
    • 状況
      1.購入当初からとバージョンアップをした頃から2年3年に一度急に電源が落ち、
        「P」マークが出る症状が度々ありましたのでメーカー対応で修理しておりました。
      2.この7,8年症状が出なかったのですが6ヶ月ほど前に再発しました。
        発売から時間が経っていること、sharpの体制が変わったこともあり、
         メーカーに送付したところ部品調達が出来ない、修理対応不可とのことでした。
      3.開発者が独立して設立されたn-modeさんに連絡もしてみたのですがやはり対応は出来ないとのことでした。
        長年使用してきてとても気に入っており、 システムの要とも思っているのでなかなか諦めきれず、
        ネットで調べ貴社を知りました。
        

B. 原因
  • 1ビットアンプ故障、終段FET(電解トランジスター)焼損。
    電源回路故障。
    制御回路故障。


C. 修理状況
  • 通常修理なので、非公開です。


E. 調整・測定

F. 修理費    0,000円    特別に通常修理、HP製作。

Y. ユーザー宅の設置状況

S. Sharp SMーSX200 の仕様(カタログ・マニアルより)

A. 修理前の状況。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
A0. 点検中 何回も修理の旅に出た様子がうかがえる元箱。
A1. 点検中 18/7/17のメーカー修理伝票。
A11. 点検中 前から見る
A12. 点検中 前右から見る
A13. 点検中 後から見る
A14. 点検中 後左から見る
A15. 点検中 上から見る
A16. 点検中 上蓋を取り、上から見る
A16. 点検中 上蓋を取り、上から見る。 左側押さえ金具の止めビスが無!
A17. 点検中  横パネルと上下蓋を取り、上から見る。
A17. 点検中 SP接続リレー基板裏の配線を見る。
A21. 点検中 下前から見る
A22. 点検中 下前左から見る
A23. 点検中 下後から見る
A24. 点検中 下後右から見る
A25. 点検中 下から見る。
A26. 点検中 横パネルと上下蓋を取り、下から見る。VerUP表示。
A27. 点検中 横パネルと上下蓋を取り、下から見る。 メインVRツマミと下足は修理用です。
A31. 点検中 購入終段FET(電解トランジスター)。 Id=2.5mA時のVgs測定結果。工場出荷の1レーンを購入したので誤差が少ない。
A32. 点検中 Id=2.5mA時のVgs測定中
C. 修理状況。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
C0. 修理中 主要基板を取り去ったシャーシ。
C11. 修理中 1ビットAMP。
C12. 修理中 メインAMP(1ビットAMP含)基板。
C13. 修理中 メインAMP(1ビットAMP含)基板裏。
C14. 修理中 メインAMP(1ビットAMP含)基板。焼損した終段FET(電解トランジスター)。
C15. 修理中 メインAMP(1ビットAMP含)基板。終段FET(電解トランジスター)取り付け基板。
C21. 修理中 電源部(AC−DCコンバーター、DC−DCコンバーター)
C22. 修理中 電源部(AC−DCコンバーター、DC−DCコンバーター)、放熱器取る。
C23. 修理中 電源部(AC−DCコンバーター)
C24. 修理中 電源部(AC−DCコンバーター)裏
C25. 修理中 電源部(DC−DCコンバーター)
C26. 修理中 電源部(DC−DCコンバーター)裏
C27. 修理中 電源部出力フイルター基板。
C28. 修理中 電源部出力フイルター基板裏。
C31. 修理中 メイン基板。
C32. 修理中 メイン基板1。
C33. 修理中 メイン基板2。
C34. 修理中 メイン基板裏。
C35. 修理中 メイン基板1裏。
C36. 修理中 メイン基板2裏。
C41. 修理中 デジタル入力基板。
C42. 修理中 デジタル入力基板裏。
C51. 修理中 AC電源フイルター基板、SP出力接続リレー基板。
C61. 修理中 入力端子裏基板。
C71. 修理中 増設された外部クロック水晶発振器。
C81. 修理中 増設された外部クロック水晶発振器のアース。 ラグ端子
C82. 修理後 増設された外部クロック水晶発振器のアース。 ラグ端子を使用する。
E. 測定・調整。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
E0. 出力・歪み率測定・調整
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
入出力点検確認。
ライン1のアナログ入力、ライン2のバランス入力 、ライン出力点検確認済み。
デジタルNo1のST入力、デジタルNo2のBNCケーブル入力、デジタルNo3のRCAケーブル入力点検確認済み。
デジタルNo4の光ケーブル入力、デジタルNo5のSACD/1ビット入力(RCA入力)点検確認済み。
120KHz付近のクロック漏れが200mVPP(10mVrms)位あり、80kHzのローパスフイルターを挿入して測定。
E1. 50Hz入力、R側SP出力電圧26V=84.5W出力、 0.0275%歪み。
              L側SP出力電圧26V=84.5W出力、 0.0316%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E2. 500Hz入力、R側SP出力電圧26V=84.5W出力、 0.0653歪み。
               L側SP出力電圧26V=84.5W出力、 0.0850%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E3. 1kHz入力、R側SP出力電圧26V=84.5W出力、 0.0654歪み。
             L側SP出力電圧26V=84.5W出力、 0.0749%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E4. 完成 引き続き24時間エージング。 左は Musical Fidelity A−1. 17台目 
Y. ユーザー宅の設置状況。画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
Y1. 設置状況.
S. Sharp SMーSX200 の仕様(マニアル・カタログより)
型式 1ビットアンプ SMーSX200
定格出力(1kHz) 200W+200W(4Ω)、150W+150W(8Ω)
周波数特性 5Hz〜100kHz +1 -3dB
全高調波歪率 0.05%(1kHz、1W出力時)
ダイナミックレンジ 105dB
サンプリング周波数 約5.6MHz(64fs、fs=44.1kHz)
A/Dノイズシェーピング 7次刄ー変調ノイズシェーピング
入力端子 1ビットデジタル入力専用端子:1系統
BNC同軸デジタル入力:1系統
RCA同軸デジタル入力:1系統
角型光デジタル入力:1系統
RCAアナログ入力:2系統
XLRアナログ・バランス入力:1系統
1ビットシステム専用入力端子:1系統
出力端子 角型光デジタル出力=1系統
RCAアナログ出力=1系統
電源 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 195W(200W+200W出力電圧設定時、4Ω)
最大外形寸法 幅472×高さ89×奥行480mm(つまみ・突起部含む)
重量 約19kg
付属品 電源ケーブル×1、取扱説明書×1、保証書×1、 フロント用台座×2、リア用台座×2
価格 ※受注生産品 \1,500,000税抜価格 (2001年12月発売)
                    sx200-1p
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。
写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。
 Copyright(C) 2018 Amp Repair Studio All right reserved.