宅配で送る時 「重いAMP」の梱包方法 
 荷造り方法ですが下記を参考にしてください。
宅配便は、保険は掛けられていますが、古い品物は価値観が異なり、どれだけ出るか解りません。
よって、厳重に、強く梱包してください。保険の請求は、出した方が請求する事になります。
 電気屋にいくと、電子レンジ等の梱包のが、丸ごと使用できます。
又、コンピュータの本体の梱包が、丸ごと使用できます。
 皆、捨てるので喜んでくれます。
 日通では専用の箱が有りますが、価格が高いです。
11. 機器を十分に包める、ビニールや毛布を用意する。
      左端に見えるのは、角当ての、発砲スチロール。
12. 山水AMP AU−BF1の場合。
13. 一度全体をくるむ。
      逆さにすると良い、そこの所は2重になる。
      この時、力が加わってはまずいところを覚えておく。
14. 山水AMP AU−BF1の場合。
15. 足が出ているので、そこ全面に均等に加重が架かる様にするため、低いところは、当て物をする。
16. 機器より1周り、大きめのダンボール箱を用意します。2重ダンボール箱だと丈夫です。
     重量が有る場合、上下にベニヤ板を敷くと丈夫になります。  
     白い発砲スチロールで、4角を押さえる。発砲スチロールはカッターで切れます。
     前、後ろは発砲スチロールを当てていい場所のみ、当てる。
     力が加わってはまずいところは押さえない。 4角は、絶対に押さえるる事。
17. 拡大したところ。
18. 拡大したところ。
19. 山水AMP AU−BF1の場合。
1A. 山水AMP AU−BF1の場合、上に詰め物を入れる。
1B. 山水AMP AU−BF1の場合、完成。
1C. 箱に紐等で縛る場合、箱がしっかりしていないと食い込み、
     中のAMPに当たる場合が有りますので注意してください。
     一般的には、紐は掛けない方が良いです
21. 木箱を作られ送られた方。 これで完璧です!!  お見事=感服いたしました。
31. 最近は、皆さん上手くなられました!!
32. 上記の上に下記の2枚の蓋をします。 1枚目=コンクリート・パネル板。 もう一枚目=発泡スチロール。
41. 重いマランツ#500を ポリ化粧箱利用した例   <<修理の様子はこちら>>
     中箱にビニール紐4本で固定する 前から見る
42. 後ろから見る
43. 中箱下から紐の様子見る プラスチックなので簡単に穴が開く
44. 外箱に入れ、前から見る
45. 外箱に入れ、後ろから見る。 こちらは弱いのでコンクリート・パネル板で補強する。     
46. 紐を掛けるて、前から見る。
47. 紐を掛けて、後から見る。
51. マイクロ SX−111FVL ターンテーブル。 木枠を製作された。   「修理の様子はこちら」
61. LUX CL−35Uのユーザ。 木箱製作する。   「修理の様子はこちら」
62. 底から見る
63. 横から見る。上蓋は、取ってにビス止めしてある。
64. 梱包の様子
71. DENON POA1000B。 和歌山県から群馬県までの「クロネコヤマトの宅急便」。   「修理の様子はこちら」
72. DENON POA1000B。 表のダンボールを開けた所。
73. DENON POA1000B。 緩衝材を取り除いた所。 角は押さえる必要が有ります
81. 「DP−3000」タンテーブルの梱包
      このままの梱包では、ターンテーブルが軸だけで支えており、衝撃を受け、軸が変形する場合がある。
82. 「DP−3000」タンテーブルの梱包
      ターンテーブルの下に、衝撃吸収材を入れる。
83. 「DP−3000」タンテーブルの梱包
      ターンテーブルを周辺で受けるように、衝撃吸収材を入れる。
84. 「DP−3000」タンテーブルの梱包
      ターンテーブルを前面で支える様にする。、軸にもビニールテープを貼ると良い。
85. 「DP−3000」タンテーブルの梱包
      衝撃吸収材で梱包する。
91. 「Victor TT−71」タンテーブルの梱包
                             ターンテーブルが軸がまだ出ている。
92. 「Victor TT−71」タンテーブルの梱包
                            発砲スチロールでターンテーブルが軸を埋める。
93. 「Victor TT−71」タンテーブルの梱包
                            ターンテーブルを乗せる。
A1. SANSUI AU−α907
      架台に固定し、木箱で覆い、ダンボールで梱包した例   「修理の様子はこちら」
      架台に、AMPの足を固定する桟を打ち付ける、さらにAMP側面をL型金具で固定する(上の黒い鉄板)
A2. SANSUI AU−α907  AMPをビニールで包み、架台に乗せる
A3. SANSUI AU−α907  ダンボールで保護し、梱包紐で束縛する、
                       さらにAMP側面をL型金具で固定する(下の黒い鉄板)
A4. SANSUI AU−α907  横から見る
A5. SANSUI AU−α907  コの字型の覆い
A6. SANSUI AU−α907  架台に木ネジで固定する
A7. SANSUI AU−α907  ダンボール箱に入れる
B1. LUX KMQ−80
      角の押さえが必用です。   「修理の様子はこちら
      上に「KMQ−80」本体、下に真空管「6336B」を入れた。 真空管に加重が加わります!
B2. 下の真空管「6336B」の両脇に発砲スチロールで上の加重を押さえます。
B3. 「KMQ−80」本体の梱包、上のSP接続端子で加重を支える事になる!
B3. 「KMQ−80」本体の梱包、 隙間に発砲スチロールを挿入します。
C1. 小物の梱包、 不要な小さなビニール袋に、少し空気をいれます。 空気が漏れない様、入り口を堅く結びます。
              焼却温度が低いと「ダイオキシン」が発生しますので、少しでも役に立てましょう。
C2. 小物の梱包、 適当な数をまとめて、大きなビニール袋に、空気が漏れない様、入り口を堅く結びます。
C3. 小物の梱包、 ダンボール箱の底に敷き、下のクッションにします。
C4. 小物の梱包、 加重が均等に掛かる様に、ダンボールを敷きます。
C5. 小物の梱包、 プチプチ等で保護した輸送機材を入れます。 右側がツマミ等の出っ張りがある前面。
C6. 小物の梱包、 下で製作したカド押さえで固定します。
C7. 小物の梱包、 上押さえダンボールを敷きます。
C8. 小物の梱包、 上クションを入れます。
C9. 小物の梱包、 完成。
CA1. カド押さえの製作、 適当な発砲スチロール箱を用意。
CA2. カド押さえの製作、 L型に切り取る。
CA3. カド押さえの製作、 接続は、爪楊枝を使う。
CA3. カド押さえの製作、 前側カド押さえ。
CA4. カド押さえの製作、 後側カド押さえ。
         Copyright(C) 2012 Amp Repair Studio All right reserved. 平成24年1月19日最終校正 konpou
ここに掲載された写真は、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。付随の写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください