Sansui AU−α907. 3台目修理記録
平成20年4月2日持込   5月14日完成
注意 このAMPはSP出力の線(アース側)も増幅しています。
    アースに接続してはいけません。RL−SPのアース線も接続(共通)してもいけません
    又、DC−入力が可能ですが、絶対に使用しないこと=詳しくはここ参照

    終段FET(電解トランジスター)を、現在の高性能に交換してありますので、出力が1.2倍出ますので注意して使用する事
  • A. 修理前の状況
       雑音等の異常を感ずる様な現象も全く無く、ある日突然にAMP電源を入れたところ、両CHとも無音状態であった。
      勿論ボリウムを上げても無反応、HEAD-PHONE端子も無音。  SW等の可動部分や接続等点検するも異常を発見出来ず。  2〜3日後、POW-ONした所、正常動作したため1週間程度運転していたが,その後に再び故障発生して現在に至る。
      入力はCDやPHONEの何れにおいても同様の現象です。
     ボリウム零の状態にてAMP電源ONの数秒後にSP切替SWをON・OFFの操作をした時に「ボソ」と音がする。
       ・全体として、高音域の伸びが無く、低音に締まりと力強さが足らない状態でした。
       ・ガリオーム等、その他異常な所は無し。

  • B. 原因
       経年変化による各部劣化

  • C. 修理状況
       SP接続リレー交換(容量1.5倍の同型新タイプ使用)
       バランス、バイアス調整用 半固定VR交換
       カップリング電解コンデンサー交換
       配線手直し、補強
       各基板、半田補正
       電解コンデンサ−を全部(6個の大容量は除く)オーディオ用に交換(ミューズを使用)
       終段TR(トランジスター)交換
       ユーザー希望により、「MM/MC」切替SW=MCに固定する

  • D. 使用部品
       SP接続リレー                     3個
       バランス、バイアス調整用 半固定VR     12個
       電解コンデンサ−                  62個
       終段TR(トランジスター)              16個
       
  • E. 調整・測定

  • F. 修理費  130,000円    オーバーホール修理。

A. 修理前の点検
A−1A. 点検中 上蓋をとり上から見る
A−3A. 点検中 下蓋をとり清掃後下から見る
A−4. 点検中 交換終段TR(トランジスター)比較  
                   左=今回使用する180W損失の物で最新の物(これ以後開発された物はなし)
                   中・右=使用されていた125W損失  全て東芝製品
A−5. 点検中 電解コンデンサーを全部(A−1.の上の6個の大容量は除く)オーディオ用に交換
          下記のミューズ及びゴールドを個使用(大きさ、容量異なる)
A−6. 点検中 SP接続リレー比較 左=付いていた接点容量7A=8Ω出力だと392W定格
                        右=交換する接点容量10A=8Ω出力だと800W定格
A−7. 点検中 大型電解コンデンサー、液漏れなし
C. 修理状況
C−1A. 修理前 EQ基板
C−1B. 修理後 EQ基板 音が通る結合(カップリング)コンデンサーは、BPコンデンサーに交換したので2個→1個
            電解コンデンサー17個交換
C−1A−1. 修理中 EQ基板のRCA端子 網線を埋め込み補強する
C−1A−2. 修理後 EQ基板のRCA端子 さらにホットボンドを充填する
C−1C. 修理前 EQ基板裏
C−1D. 修理後(ハンダ補正) EQ基板裏  全ての半田をやり修す
C−1E. 完成EQ基板裏 洗浄後
C−1F. 修理前 Tape入出力RCA端子基板・メインAMP入力RCA端子基板
C−1H. 修理前 Tape入出力RCA端子基板裏・メインAMP入力RCA端子基板裏
C−1I. 修理(ハンダ補正)後 Tape入出力RCA端子基板裏・メインAMP入力RCA端子基板裏 全ての半田をやり修す 
C−1J. 完成Tape入出力RCA端子基板裏・メインAMP入力RCA端子基板裏 洗浄後
C−1K. 修理中 Tape入出力基板のRCA端子 網線を埋め込み補強する
C−1L. 修理後 Tape入出力基板のRCA端子 さらにホットボンドを充填する
C−2. 前面パネルを取り外して修理中
C−22. パネル取り外す SWの止めネジが半分! 加重が少ないのは解るが?
C−23. パネル取り外す SWの止めネジが半分! 加重が少ないのは解るが?
C−24. パネル取り付け前 白いネジが増やした物
                   このケチった「ネジ」で会社は利益が増すが、その分信用は減る
C−2A. 修理前 コントロール1T基板
C−2B. 修理後 コントロール基板T 音が通る結合(カップリング)コンデンサーは、BPコンデンサーに交換したので2個→1個
            電解コンデンサー14個、半固定VR4個交換
C−2C. 修理前 コントロール基板T裏
C−2D. 修理(ハンダ補正)後 コントロール基板T裏  全ての半田をやり修す
C−2E. 完成コントロール基板T裏 洗浄後
C−3A. 修理前 コントロール基板U
C−3B. 修理後 コントロール基板U 音が通る結合(カップリング)コンデンサーは、BPコンデンサーに交換したので2個→1個
           電解コンデンサー10個交換
C−3C. 修理前 コントロール基板U裏
C−3D. 修理(ハンダ補正)後 コントロール基板U裏
C−3E. 完成コントロール基板U裏 洗浄後
C−4A. 修理中 入力切り替えSW基板
C−4B. 修理前 入力切り替えSW基板裏
C−4C. 修理(ハンダ補正)後 入力切り替えSW基板裏  全ての半田をやり修す
C−4D. 完成入力切り替えSW基板裏 洗浄後
C−4E. 修理中 TAPE切り替えSW基板
C−4F. 修理前 TAPE切り替えSW基板裏
C−4G. 修理(ハンダ補正)後 TAPE切り替えSW基板裏  全ての半田をやり修す
C−4H. 完成TAPE切り替えSW基板裏 洗浄後
C−4I. 修理前 REC−OUT切り替えSW基板
C−4J. 修理前 REC−OUT切り替えSW基板裏
C−4K. 修理(ハンダ補正)後 REC−OUT切り替えSW基板裏  全ての半田をやり修す
                    左下の白い針金みたいの物は糸屑
C−4L. 完成REC−OUT切り替えSW基板裏 洗浄後
C−4M. 修理中 メインVR基板
C−4N. 修理前 メインVR基板裏
C−4O. 修理(ハンダ補正)後 メインVR基板裏  全ての半田をやり修す
C−4P. 完成メインVR基板裏 洗浄後
C−4Q. 修理中 電源SW&イヤーホーンジャック基板
C−4R. 修理前 電源SW&イヤーホーンジャック基板裏
C−4S. 修理(ハンダ補正)後 電源SW&イヤーホーンジャック基板裏
C−4T. 完成電源SW&イヤーホーンジャック基板裏 洗浄後
C−5. 後パネルを取り、SP接続リレー・プロテクト基板を修理中
C−5A. 修理前 SP接続端子 肉薄なので割れやすい
           LV−109修理記録 C−8A. 修理前 SP接続端子基板 参考
C−5B. 修理後 SP接続端子 太い線を付けられるので、補強しておく。 網線を埋め込み補強する
C−5B−1. 修理後 SP接続端子 太い線を付けられるので、補強しておく。  さらにホットボンドを充填する
C−5C. 修理前 SP接続リレー&プロテクト基板
C−5D. 修理後 SP接続リレー&プロテクト基板 リレー2個、電解コンデンサ−11個、フイルムコンデンサー2個交換
C−5E. 修理前 SP接続リレー&プロテクト基板裏
C−5F. 修理(ハンダ補正)後 SP接続リレー&プロテクト基板裏  全ての半田をやり修す
C−5G. 完成SP接続リレー&プロテクト基板裏 洗浄後
C−5H. 修理中 平衡入力コネクター
C−5I. 修理(ハンダ補正)後 平衡入力コネクター
C−6A. 修理前 R側終段ブロック
C−6B. 完成R側終段ブロック
C−6B−1. 修理(交換)後 R側終段TR(トランジスター)
C−6C. 修理前 R側終段基板
C−6C−1. 修理前 R側終段基板 電解コンデンサーのブレ止めに使用した接着剤が抵抗やTR(トランジスター)の端子を腐食させている
C−6C−2. 修理前 R側終段基板 上の拡大
C−6C−3. 修理中 R側終段基板 清掃する
C−6D. 修理後 R側終段基板 半固定VR4個、初段FET(電解トランジスター)、電解コンデンサ−16個交換
C−6E. 修理中 R側終段基板裏
C−6E−1. 修理中 L側終段基板裏 ジャンパー線の曲げ方向が良くない、短絡の危険あり!
C−6F. 修理(半田補正)後 R側終段基板裏  全ての半田をやり修す
C−6G. 完成R側終段裏 洗浄後
C−7A. 修理前 L側終段ブロック
C−7B. 完成L側終段ブロック
C−7B−1. 修理(交換)後 R側終段TR(トランジスター)
C−7C. 修理前 L側終段基板
C−7D. 修理後 L側終段基板 半固定VR4個、初段FET(電解トランジスター)、電解コンデンサ−16個交換
C−7E. 修理中 L側終段基板裏
C−7E−1. 修理中 L側終段基板裏 ジャンパー線の曲げ方向が良くない、短絡の危険あり!
C−7F. 修理(半田補正)後 L側終段基板裏  全ての半田をやり修す
C−7G. 完成L側終段裏 洗浄後
C−8A. 修理前 電源基板
C−8B. 修理後 電源基板 電解コンデンサ−4個交換
C−8C. 修理前 電源基板裏
C−8C−1. 修理中 電源基板裏 半田不良ケ所
C−8C−2. 修理中 電源基板裏 すが入った、半田不良ケ所
C−8C−3. 修理中 電源基板裏 発熱が多い部品の足(リード線)の所は、半田の部分を広げる
C−8D. 修理後(ハンダ補正) 電源基板裏  全ての半田をやり修す
C−8E. 完成電源基板裏 洗浄後
C−9A. 何時ものパネル清掃
C−9B. 交換部品 終段FETは除く
C−10A. 修理前 上から
C−10B. 修理後 上から
C−10C. 修理前 下から
C−10D. 修理後 下から
E. 測定・調整
E−1. 出力・歪み率測定・調整
    <見方>
   下段左端 オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、SP出力を測定
   下段中左 オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)   下段中右上=周波数計
   上段左端 電圧計=L側SP出力電圧測定、黒針のみ使用
   上段中左 歪み率計=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上段中右 電圧計=R側SP出力電圧測定、赤針のみ使用
   上段右端 オシロ=SP出力波形 上=R出力、下=L出力(実際にはRL電圧計の出力「Max1V」を観測)
   下段中右上 デジタル電圧計=SP出力電圧測定RLは切り替えて測定
E−2A. R側SP出力39V=190W 歪率=0.02% AUX入力 1000HZ
E−2B. L側SP出力39V=190W 歪率=0.02% AUX入力 1000HZ
E−2C. R側SP出力39V=190W 歪率=0.02% AUX入力 400HZ
E−2D. L側SP出力39V=190W 歪率=0.02% AUX入力 400HZ
E−4A. R側SP出力39V=190W 歪率=0.03% MC入力 1000HZ、「MM/MC」切替SW=MCに固定
E−4B. L側SP出力39V=190W 歪率=0.03% MC入力 1000HZ
E−4C. R側SP出力39V=190W 歪率=0.02% MC入力 400HZ
E−4C. L側SP出力39V=190W 歪率=0.03% MC入力 400HZ
E−5.  24時間エージング
                      a907-32w
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。 写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.