HMA−9500. 5台目 修理・改造記録
平成14年3月17日到着   4月19日完成
注意 このAMPはアースラインが浮いています
    AMPのシャーシにSPの線(アース側)や入力のRCAプラグのアース側も接続してはいけません
    RL−SPのアース線も接続(共通)してもいけません

    又、DC(directconnection)入力が可能ですが、絶対に使用しないこと=ここ参照
A. 修理前の状況
    左側の音出ず、プロテクト解除しない。

B. 原因
   初段FET劣化。

C. 修理状況
   RL 終段FET(電界トランジスター)バイアス/バランスVR交換
   ドライブTR(トランジスター)交換
   初段FET交換
   TR(トランジスター)交換
   SP接続リレー交換
   プリント基板補修

D. 使用部品
   初段FET                2個
   初段TR(トランジスター)       4個
   ドライブTR(トランジスター)     6個
   バイアス/バランス半固定VR   4個
   フューズ入り抵抗             2個
   抵抗                   2個
   SP接続リレー             2個

E. 改造(部品は全て別途、ユザ−用意)
   使用している電解コンデンサーをオーディオ用に交換
   入力ケーブル交換
   SP出力線交換
   終段FETの電源供給線交換(テフロン線使用)
   銀入り無鉛ハンダ使用し、全基板ハンダ補正

F. 修理・改造費   65,000円   <<オーバーホール修理>>

S. HITACHI Lo−D HMA−9500 の仕様(マニアルより)
1. 改造用の交換部品。
   カラフルな線はテフロン線、コンデンサ−はオーディオ用、ハンダは銀入り無鉛ハンダ
   4個の大きい電解コンデンサーは使用せず(端子が貧弱な為)。
2. 修理前のドライブ基板。
3. 修理・改造後ドライブ基板
   初段FET、初段TR(トランジスター)、バランス/バイアス調整用半固定VR、SP接続リレ−交換。
   電解コンデンサー全部交換。
4. 修理前のドライブ基板裏。
   ハンダのひび割れが多数あり。
5. 修理・改造後の半田補正したドライブ基板  全ての半田をやり修す
   無鉛の銀入りハンダ使用なので、光らない。
6. 放熱グリスを塗り終段FET取り付け
7  修理・改造後の半田補正した電源基板。
   全電解コンデンサー交換。
8  修理・改造後の半田補正した電源基板  全ての半田をやり修す
   無鉛の銀入りハンダ使用なので、光らない。
9. ラッピングの所はハンダを盛る。
出力・歪み率測定・調整
10. 出力・歪み率測定・調整
11. L側、34V=144W出力 0.06%歪み 1000HZ。
12. L側、34V=144W出力 0.06%歪み 400HZ。
13. R側、34V=144W出力 0.04%歪み 1000HZ。
14. R側、34V=144W出力 0.04%歪み 400HZ。
15. 完成、下から見る
17. 取り外した電解コンデンサー、熱のため被覆のビニールが後退した物や、膨らんでいる物有り。
    製造は85年の製造刻印あり、右はSP接続リレー。
                       ha95005f
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.