KENWOOD L−02a の修理記録
トレイ駆動装置のベルトを製作いたしました。 交換できる人に料布します。 1本1000円送料別。
注意
  • 接続する機器のDC漏れが無い事が確実以外は、「DC−SubSonic」の位置で使用の事。  「ここ参照
    「Straight−DC」の位置は使用しない。
  • 純正品の「Σ(シグマ)ケーブル」使用以外の、Σ(シグマ)ドライブ接続は、十分理解した上で行う事。
  • 長期間使用しない場合は、待機電力 節約の為、電源コードを抜いて下さい。
L−02Tの修理はこちら                               平成14年5月6日到着   平成15月4日15完成
A. 修理前の状況
  • ケンウッドサービスに持って行って2・3日して電話がかかってきまして、 「まだ詳しく見てないが、かなり広範囲にショートしてて、修理が難しい。
     修理出来ないことはないが、リレーを交換したりしないといけないので、今の時点で わかってるだけで最低7万円かかる。
    しかもそれで仮に音が出たとしても、基 盤が経年劣化していると、それも直さないといけないので、結局聞いてる時間 より修理している時間の方が長くなる可能性が高い、従ってメーカーとしては 「責任を持って修理することができない」と言われ、修理を断られました。

B. 原因
  • 熱、経年変化の為終段TR(トランジスター)短絡、それにより前段のTR(トランジスター)、抵抗が多数焼損。

C. 修理状況
  • 終段TR(トランジスター)交換。
    ドライブ基板のFET/TR交換。
    EQ−AMPのFET/TR交換。
    MC−AMPのFET/TR交換。
    制御リレー交換。
    配線手直し、補強。
    電解コンデンサー交換。
    操作盤駆動のベルト交換。
    コンデンサーへのインダクタンス交換。

D. 使用部品
  • 終段TR(トランジスター)              5個。
    ドライブTR(トランジスター)            8個。
    ドライブFET(電界トランジスター)         2個。
    EQ−AMPのFET                  2個。
    MC−AMPのFET                  2個。
    SP出力リレー                     2個。
    制御リレー                      17個。
    電解コンデンサー(ミューズ)           76個。
    フイルムコンデンサー                6個。
    半固定VR                       6個。
    抵抗                          28個。
    操作盤駆動のベルト。
    コンデンサーへのインダクタンス          2個。

E. 調整・測定

F. 修理費   120,800円   オーバーホール修理

S. KENWOOD L−02a の仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の状況
A1. 上から見る
A2. 短絡した終段TR(トランジスター)6個
A3. SP接続リレー、同型が無いので改造する
A4. EQ−AMP MC−AMP基板
C. 修理状況
C1A. 修理前 終段TR(トランジスター)
C1B. 修理後 終段TR(トランジスター) 5個交換
C1C. 修理前 終段基板  プロテクト基板
C1D. 修理前 終段基板 プロテクト基板
C1E. 修理前 終段基板 プロテクト基板裏
C1F. 修理(半田補正)後 終段基板 プロテクト基板裏
C2A. 修理前 ドライブAMP基板
C2B. 修理後 ドライブAMP基板
C2C. 修理前 ドライブAMP基板裏
C2D. 修理(半田補正)後 ドライブAMP基板裏
C3A. 修理前 SWコントロール基板
C3B. 修理後 SWコントロール基板 リレー7個、電解コンデンサー21個、フイルムコンデンサー2個交換
C3C. 修理前 SWコントロール基板裏
C3D. 修理(半田補正)後 SWコントロール基板裏
C4A. 修理前 EQ−AMP基板
C4B. 修理後 EQ−AMP基板 半固定VR2個、FET2個、電解コンデンサー20個交換
C4C. 修理前 EQ−AMP基板裏
C4D. 修理(半田補正)後 EQ−AMP基板裏
C5A. 修理前 入力RCA端子基板
C5B. 修理後 入力RCA端子基板 リレー8個交換
C5C. 修理前 入力RCA端子基板裏
C5D. 修理(半田補正)後 入力RCA端子基板裏
C5E. 修理前 VR、SW基板裏
C5F. 修理(半田補正)後  VR、SW基板裏
C6A. 修理前 整流基板
C6B. 修理後 整流基板
C6C. 修理前 整流基板裏
C6D. 修理(半田補正)後 整流基板裏
C8A. 修理前 電源部基板 
C8B. 修理 電源部基板 電解コンデンサー6個交換。 ラッピングはハンダを浸み込ませる
C8C. 修理前 電源部基板裏
C8D. 修理(半田補正)後 電源部基板裏
C8E. 修理完成 電源部
C9A. 交換部品
C9B. 完成 上から見る
C9C. 完成 下から見る
C9D. 接続コネクター修理    左=修理前      右=修理後
C9E. 操作盤駆動のベルト交換
C9F. コンデンサーへのインダクタンス交換  交換前
C9F. コンデンサーへのインダクタンス交換  交換後
E. 調整・測定
E1. 出力、歪み調整・測定
E2A. SP出力(8Ω) 38V=180W 歪率=0.04% AUX入力 1000HZ
       左=歪率計 中=電圧計 右=出力波形 右下=入力波形
       左出力=左=黒針=下  右出力=右=赤針=上
E2B. SP出力(8Ω) 37V=171W 歪率=0.04% AUX入力 4000HZ
E3A. SP出力(8Ω) 37V=171W 歪率=0.02% MM入力 1000HZ
E3B. SP出力(8Ω) 37V=171W 歪率=0.02% MM入力 400HZ
E4A. SP出力(8Ω) 37V=171W 歪率=0.03% MC入力 1000HZ
E4B. SP出力(8Ω) 37V=171W 歪率=0.03% MC入力 400HZ
E5. 24時間エージング 仲良く2台並んでエージング中。 明日は企業戦士の元へ帰る
S. KENWOOD L−02a  の仕様(マニアル・カタログより) 
型式 DLD(ダイナミック・リニアドライブ)サーキット・インテグレーテッドアンプ L02A
定格出力(両ch動作) 170W+170W(8Ω、20Hz〜20kHz)
250W+250W(4Ω、1kHz、THD 0.003%)
ダイナミックパワー 390W+390W(4Ω)
250W+250W(8Ω)
全高調波歪率 TUNER・AUX・TAPE→SP端子。
    定格出力時  20Hz〜20kHz(8Ω)=0.003%。
    1/2定格出力時 20Hz〜20kHz(8Ω)=0.003%

PHONO→SP端子(Vol−20dB)
    定格出力時  20Hz〜20kHz=0.004%
混変調歪率(60Hz:7kHz=4:1) Tuner、Aux、Tape→SP端子:0.003%(8Ω)
周波数特性(Tuner、Aux、Tape→SP端子) DC〜400kHz -3dB
SN比(IHF-A、定格出力時、SP端子) Phono MM=91dB以上
Phono MC=73dB以上
Tuner、Aux、Tpae=110dB以上
サブソニックフィルター 18Hz、6dB/oct
ラウドネスコントロール(Volume-30dB) 30Hz〜100Hz連続可変
+3dB/+6dB/+9dB
ダンピングファクター(55Hz、8Ω) 10,000以上
ライズタイム 0.9μs
スルーレート ±150V/μs
入力感度/インピーダンス(定格出力時、SP端子) Phono MM=2.5mV/47kΩ
Phono MC=0.1mV/100Ω
Tuner、Aux、Tape=150mV/30kΩ
Phono最大許容入力(1kHz、歪率0.0007%) MM=350mV
MC=15mV
Phono RIAA偏差 20Hz〜20kHz ±0.2dB
出力レベル/インピーダンス Tape rec(pin)=150mV/430Ω
Pre out(最大出力)=2V/600Ω
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力(電気用品取締法) 420W
電源コンセント 電源スイッチ連動=2系統、250W
電源スイッチ非連動=1系統、500W
外形寸法 本体=幅480×高さ183×奥行343mm
電源部=幅480×高さ181×奥行163mm
ドッキング時=幅480×高さ183×奥行482mm
重量 本体=約17.5kg
電源部=約17kg
ドッキング時=約34.5kg
価格 55万円(1982年発売)
                       l-02a-1f
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.