Aurex SY−88. 2台目修理記録
 引取品です、時間が出来たら、修理します。                                  平成15年9月25日到着   月日完成
注意 このAMPには、出力回路にプロテクトが有りません。 よって、出力にはDC漏れの危険が有ります。
    メインAMPと「DC入力接続」するときは、十分に注意すること。「出来れば避けた方が良い」
詳しくはこちら参照 詳しくはこちら参照2
A. 修理前の状況
  •  チューニング
     
B. 原因

C. 修理状況
  • 接続リレー交換。
    初段FET交換。
    RLバイアス/バランスVR交換。
    電解コンデンサー交換(オーデオコンデンサー使用)
    メインVR/バランスVR解体清掃。

D. 使用部品
  • 接続リレー                          個。
    初段FET                           個。
    バイアス/バランス半固定VR              個。
    フュ−ズ入り抵抗                      個。
    電解コンデンサー                      個。

E. 調整・測定


F. 修理費   ,000円、 引取品です。

S. TOSHIBA  Aurex SY−88 の仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の状況
A1. 修理前 上から見る
A2. 修理前 下から見る
A3. 修理前 前から見る
A4. 修理前 基盤の銅箔の厚さに圧倒 しかし半田付けは大変
A5. 修理前 コンデンサーの比較 上の黄色がカップリング用=メタライズドフイルムコンデンサー
                        下がパスコン用=積層セラミックコンデンサー
C. 修理状況
C1A. 修理前 R−AMP
C1B. 修理後 R−AMP
C1C. 修理前 R−AMP 裏
C1D. 修理後 R−AMP 裏
C2A. 修理前 L−AMP
C2B. 修理後 L−AMP
C2C. 修理前 L−AMP 裏
C2D. 修理後 L−AMP 裏
C3A. 修理前 電源基盤
C3B. 修理後 電源基盤
C3C. 修理前 電源基盤 裏
C3D. 修理後 電源基盤
C4A. 修理前 後ろパネル
C4A. 修理後 後ろパネル 3Pインレット交換
C6A. 修理前 R終段FET
C6B. 修理後 R終段FET
C7.交換した部品
C8A. 修理前 下から見る
C8B. 修理後 上から見る
E. 測定・調整
E1.出力・歪み率測定・調整

    <見方>
   下左オーデオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、SPからの出力を測定
   下中オシロ=入力波形(オーデオ発振器のTTLレベル)   下右上=周波数計
   上左端電圧計=L側SP出力電圧測定、黒針のみ使用
   上中左歪み率計=SP出力の歪み率測定 左メ−タ−=L出力、右メ−タ−=R出力
   上中右=R側SP出力電圧測定、赤針のみ使用
   上右端オシロ=SP出力波形 上=R出力、下=L出力
   下中右上デジタル電圧計=SP出力電圧測定RLは切り替えて測定<
E2A.L側、31V=120W出力 0.02%歪み 1000HZ 上のオシロの縞は埃です(後で拭きます)
E3.完成  24時間エ−ジング
S. TOSHIBA  Aurex SY−88 の仕様(マニアル・カタログより)
型式 コントロールアンプ SY−88
イコライザーアンプ部
入力感度/インピーダンス Phono MM=2.0mV/50kΩ、100kΩ/30pF、200pF.
Phono MC=0.1mV/100Ω
全高調波歪率(1kHz) Phono MM=0.002%(7.5V出力時、Rec out)
Phono MC=0.002%(7.5V出力時、Rec out)
SN比(IHF-A、ショートサーキット) Phono MM=88dB
Phono MC=70dB
周波数特性 Phono=RIAA偏差 ±0.2dB(20Hz〜20kHz、Rec out)
Aux=10Hz〜100kHz +0 -1dB
最大許容入力(1kHz、THD 0.002%) Phono MM=450mV
Phono MC=23mV
定格出力/インピーダンス Rec out=150mV
サブソニックフィルター Phono MM、MC=16Hz、6dB/oct
フラットアンプ部
入力感度/インピーダンス Tuner、Aux、Tape play=150mV/50kΩ
全高調波歪率 0.002%(Aux、1kHz、3V出力時)
混変調歪率 0.002%(Aux、1kHz、3V出力時)
SN比(IHF Aネットワーク、ショートサーキット) Aux=110dB(1kHz)
録音出力 Rec out=150mV
定格出力 Pre out1/2=1V
最大出力 Pre out1/2=15V
周波数特性 10Hz〜100kHz +0 -1dB(Aux)
総合
使用半導体 トランジスタ=65個
ダイオード=28個
FET=18個
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 35W
外形寸法 幅450×高さ93×奥行386mm
重量 11kg
価格 \239,000(1979年頃)
                sy88-2-b
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.