SONY TA−F333ESG 修理記録
平成14年4月2日到着   4月12日完成
  1. 修理前の状況
     左チャンネルが時々途絶えるのとボリュームの10時の あたりにガリがあります。それから全てのインジケータ ーのランプとヘッドフォンが死んでいますが、これはフ タを開けて中を見た時に、ボリュームのあたりにからま るコードをいじったときに一斉に途切れたもので、この コードの断線と思われます。 ソニーに修理に出したところ、スピーカーリレーがもう 無いという理由で修理を断られました。
  2. 原因
     経年劣化。
  3. 修理状況
    SPリレー2個交換、容量1.5倍の物。
    TR(トランジスター)2個交換。
    バイアス/バランス調整 。
    メインVR接点復活材で清掃。
    ランプ修理。
    プリント基板補修。
    配線手直し、補強。

  4. 使用部品

  5. 修理費   17,000円   通常修理

1. SP接続リレー交換
2. VR等の洗浄
3. 出力、歪み調整・測定
4. SP出力電圧30V=110W 歪率=0.04% 400HZ
5. SP出力電圧30V=110W 歪率=0.05% 1000HZ
6. 24時間エージング
7. 14年12月13日 再修理
  修理前の状況=電源フューズ溶断
  終段TR(トランジスター)4個交換
8. VR−最大にてAUX、入力で12.5Wになるよう設定
9. VR−約40にして、AUX入力で8Wになるよう設定
  メインVRが損傷しており、この差が出ます、これだけになると交換以外に対策なし
  接続機器のDC漏れを点検の事 「原因・対策はここを参照の事」 
10. 上記のVRの位置、この当たりが一番差が大きい、R=8W L=6W
                        taf333e8
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.