>
HMA−9500mkU. 6台目 修理記録
                 再修理(平成24年8月)はこちら              平成14年7月24日到着   8月23日完成
注意 このAMPはアースラインが浮いています
    AMPのシャーシにSPの線(アース側)や入力のRCAプラグのアース側も接続してはいけません
    RL−SPのアース線も接続(共通)してもいけません

    又、DC(directconnection)入力が可能ですが、絶対に使用しないこと=ここ参照
A. 修理前の状況
  • <現在の症状>
        R側の音量レベルが低くなっている。
        アンプの温かくなり方は両方チャンネルとも正常時の時と同じに温かくなってい る。
        プリアンプのL側のレベルを下げて調整すれば、音楽としては鳴っている。
  • <発生状況>
        ラック内にセットしてあり、平成8年5月以後、動かす事が無かった。
        友人がプリアンプを購入し、我が家のスピーカー(D−70)で視聴をする時にラックから取り出し、
        床に直かにおき、接続し視聴した時に異常発生。

B. 原因
  • フューズ入り抵抗の半断線多数

C. 修理状況
  • RLバイアス/バランスVR交換。
    初段FET交換。
    ドライブ基板半田補正。
    SP接続リレー交換。

D. 使用部品
  • 初段FET               2個。
    バイアス/バランス半固定VR  6個。
    フューズ入り抵抗           30個。
    SP接続リレ             2個。
    電解コンデンサー          6個。

E. 修理費   35,000円   <<通常修理>>

S. HITACHI Lo−D HMA−9500mkU の仕様(マニアルより)
C. 修理状況
11.修理前 R基盤
12.修理後 Rドライブ基板
  初段FET、バランス/バイアス調整用半固定VR、SP接続リレー交換
  フューズ入り抵抗も全部交換
13.修理前 Rドライブ基板裏
14.修理後 半田補正した Rドライブ基板裏  全ての半田をやり修す
15.修理後 Lドライブ基板
  初段FET、バランス/バイアス調整用半固定VR、SP接続リレー交換
  フューズ入り抵抗も全部交換
16.修理前 Lドライブ基板裏
17.修理後 半田補正した Lドライブ基板裏  全ての半田をやり修す
21. L側 終段FET(電界トランジスター)取り付、シリコンを十分塗り取り付けた終段
21. R側 終段FET(電界トランジスター)取り付、シリコンを十分塗り取り付けた終段
3.交換したSP接続リレー等の部品綺麗に取ったもののみです
41.出力/歪み率測定・調整
42. L側、31V=120W出力 0.1%歪み 1000HZ
43. L側、31V=120W出力 0.1%歪み 400HZ
44. R側、31V=120W出力 0.1%歪み 1000HZ
45. R側、31V=120W出力 0.1%歪み 400HZ
5. 完成、下から見る
61. 24時間エージング ご覧のように非常に綺麗
62.実働試験
7.到着後 ユーザー様のメール。 「久しぶりに甦ったHMA-9500 MkUの迫力に感動しています。」
                     9500mk6i
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.