McIntosh MC2255. 2台目修理記録
    同時修理機器 MC2255. 3台目 C29. 2台目 平成20年2月28日持込  4月12日完成
A. 修理前の状況
  • オーバーホール修理依頼。

T. 修理前点検測定

B.原因
  • 経年劣化。

C. 修理状況
  • 電解コンデンサー交換。
    配線手直し、補強。
    経年劣化による各部ハンダ補正。
    OP−AMP交換。

D.使用部品
  • 電解コンデンサ−                  40個ミューズ使用。
    OP−AMP                      2個。
    フイルム・コンデンサ−              12個。
    半固定VR                      6個。

E. 調整・測定

F.修理費  98,000円   オーバーホール修理。

S. McIntosh MC2255 の仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の状況
A1. 修理前点検中  メーターカバーを取り、上から見る
A2. 修理前点検中 下ケースと全面パネルを取り、下から見る
A3A. 修理前点検中 メーターカバーに取り付けた基板押さえのスポンジに、配線を噛んだ跡
A3B. 修理前点検中 噛んだ配線
A4. 修理前点検中 モードSW、接点復活材でベトベト
A5. 修理前点検中 電源・整流部分
A6. 修理前点検中 終段TR(トランジスター)のカバーが浮き出ている
T. 修理前測定
T1. 出力・歪み率測定
    <見方>
   下段左端 オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、出力を測定
   下段中左 オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)   下段中右上=周波数計
   上段左端 電圧計=L側出力電圧測定、黒針のみ使用
   上段中左 歪み率計=出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上段中右 電圧計=R側出力電圧測定、赤針のみ使用
   上段右端 オシロ=出力波形 上=R出力、下=L出力(実際にはRL電圧計の出力「Max1V」を観測)
   下段中右上 デジタル電圧計=R出力電圧測定 下段中右下 デジタル電圧計=L出力電圧測定
T2. R−SP出力45V=253W。 0.7%歪み(1%レンジ) 1000HZ。
T3. R−SP出力45V=253W。 0.3%歪み(1%レンジ) 400HZ。
T4. L−SP出力45V=253W。 0.7%歪み(1%レンジ) 1000HZ
T5. L−SP出力45V=253W。 0.8%歪み(1%レンジ) 400HZ。
C. 修理状況
C1A. 修理前 R−AMP基板
C1B. 修理後 R−AMP基板 OP−AMP(撮影後)、電解コンデンサー9個、半固定VR2個交換
C1C. 修理前 R−AMP基板裏
C1D. 修理(半田補正)後 R−AMP基板裏
C1E. 完成R−AMP基板裏。 洗浄後、防湿剤を塗布。
C2A. 修理前 L−AMP基板
C2B. 修理後 L−AMP基板 OP−AMP(撮影後)、電解コンデンサー9個、半固定VR2個交換
C2C. 修理前 L−AMP基板裏
C2D. 修理(半田補正)後 L−AMP基板裏
C2E. 完成L−AMP基板裏。 洗浄後、防湿剤を塗布。
C3A. 修理前 定電圧・制御基板
C3B. 修理後 定電圧・制御基板 電解コンデンサー11個交換
C3C. 修理前 定電圧・制御基板裏
C3D. 修理(半田補正)後 定電圧・制御基板裏
C3E. 完成定電圧・制御基板裏。 洗浄後、防湿剤を塗布。
C4A. 修理前 VU−AMP基板
C4B. 修理後 VU−AMP基板 電解コンデンサー9個交換
C4C. 修理前 VU−AMP基板裏
C4D. 修理(半田補正)後 VU−AMP基板裏、基板銅箔を補修する
C4E. 完成VU−AMP基板裏。 洗浄後、防湿剤を塗布。
C5A. 修理中 前パネル・上蓋を取り、メータ・イルミネーション・ランプやLED表示基板修理
C5B. 修理後 メータ・イルミネーション・ランプ
C5C. 修理前  R側メータ・イルミネーション・ランプ基板裏
C5D. 修理(半田補正)後  R側メータ・イルミネーション・ランプ基板裏、ランプ2個交換
C5E. 完成R側メータ・イルミネーション・ランプ基板裏。 洗浄後、防湿剤を塗布。
C5F. 修理前  L側メータ・イルミネーション・ランプ基板裏
C5G. 修理(半田補正)後  L側メータ・イルミネーション・ランプ基板裏
C5H. 完成L側メータ・イルミネーション・ランプ基板裏。 洗浄後、防湿剤を塗布。
C6A. 修理前 Status・LED表示基板
C6B. 修理後 Status・LED表示基板、ランプ2個交換
C6C. 修理前 Status・LED表示基板裏
C6D. 修理(半田補正)後 Status・LED表示基板裏
C6E. 完成Status・LED表示基板裏。 洗浄後、防湿剤を塗布。
C7. 修理中 入力切替SW
C7A. 修理前 入力切替SW基盤裏
C7B. 修理後 入力切替SW基盤 電解コンデンサー2個をフイルムコンデンサー+積層セラミックコンデンサーに交換
C7C. 修理前 入力切替SW基盤裏
C7D. 修理(半田補正)後 入力切替SW基盤裏
C7E. 完成入力切替SW基盤裏。 洗浄後、防湿剤を塗布。
C8. 終段ユニット修理中
C8A. 修理前 R側終段ユニット
C8B. 修理後 R側終段ユニット
C8C. 修理前 R側終段ユニット1
C8D. 修理(半田補正)後 R側終段ユニット1
C8E. 完成R側終段ユニット1。 洗浄後、防湿剤を塗布。
C8F. 修理前 R側終段ユニット2
C8G. 修理(半田補正)後 R側終段ユニット2
C8H. 完成R側終段ユニット2。 洗浄後、防湿剤を塗布。
C9A. 修理前 L側終段ユニット
C9B. 修理後 L側終段ユニット
C9C. 完成L側終段ユニット。 洗浄後、防湿剤を塗布。
C9D. 修理前 L側終段ユニット1
C9E. 修理(半田補正)後 L側終段ユニット1
C9F. 完成L側終段ユニット1。 洗浄後、防湿剤を塗布。
C9G. 修理前 L側終段ユニット2
C9H. 修理(半田補正)後 L側終段ユニット2
C9I. 完成L側終段ユニット2。 洗浄後、防湿剤を塗布。
CAA. 交換部品
CBA. 修理前 上から見る
CBB. 修理後 上から見る
CBC. 修理前 下から見る
CBD. 修理後 下から見る
CBE. 修理前 電源・整流部分
CBF. 修理後 電源・整流部分
E. 調整・測定
E1. 出力・歪み率測定
    <見方>
   下段左端 オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、出力を測定
   下段中左 オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)   下段中右上=周波数計
   上段左端 電圧計=L側出力電圧測定、黒針のみ使用
   上段中左 歪み率計=出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上段中右 電圧計=R側出力電圧測定、赤針のみ使用
   上段右端 オシロ=出力波形 上=R出力、下=L出力(実際にはRL電圧計の出力「Max1V」を観測)
   下段中右上 デジタル電圧計=R出力電圧測定 下段中右下 デジタル電圧計=L出力電圧測定
E2A. R−SP出力46V=264W。 0.05%歪み率(0.1%レンジ) 1000HZ。
E2B. R−SP出力46V=264W。 0.04%歪み率(0.1%レンジ) 400HZ。
E3A. L−SP出力46V=264W。 0.06%歪み率(0.1%レンジ) 1000HZ
E3B. L−SP出力46V=264W。 0.05%歪み率(0.1%レンジ) 400HZ。
E4. その時の出力メータ
E7. 完成 24時間エージング、左=1台目、右=2台目
S. MC2255 の仕様(マニアル・カタログより)
型式 ステレオパワーアンプ MC2255
実効出力 stereo=250W+250W(1Ω〜8Ω)
mono =500W(0.5Ω〜16Ω)
入力感度/インピーダンス 750mV、2.5V/50kΩ(切換可)
入力レベル調整 左右独立連続可変
全高調波歪率 0.02%(0.25W〜実効出力時、20Hz〜20kHz)
混変調歪率 0.02%(0.25W〜実効出力時、20Hz〜20kHz)
周波数特性 20Hz〜20kHz +0 -0.25dB
SN比 95dB
ダンピングファクター 30以上
入力インピーダンス 50kΩ
入力感度 0.5V〜2.5V調整可
パワーガード 2%以下(1kHz、20dB)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 1.4kW(実効出力時)
外形寸法 幅411×高さ181×奥行368mm
重量 37.2kg
価格 1,098,000、1981年6月発売
                   2225-2-26
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。 写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.