自作プリAMP 修理記録
平成14年2月15日到着   3月10日完成
  1. 修理前の状況
     元々は誰かが自作した金田式プリアンプをオークションで購入した物です。
    非常にシンプルなアンプで部品点数は少ないし、入出力とも1個づつしかありませんでした。
    それにゲインコントロールのボリュームは付いているが、絞りきった状態で
    信号を増幅せずにそのまま通し、フルボリュームで20デシベル増幅する回路のため
    かなり使いにくかったので自分で改造しました。
    手持ちのセレクターとLパッドアッテネーターを付けてとりあえず音は出ているのですが
    全く知識が無いために回路的にの合っているのかわかりませんし
    ハンダ(ほとんど経験がありません)もいつ外れるかわからないといった状態です。
    それからヘッドホンをつなぐとスピーカーからも音が出るのでチョット困っています。

  2. 原因
    回路変更
    ヘットホーン使用時リレーにて出力をカット
  3. 修理状況

  4. 使用部品
    リレー     2個

  5. 修理費   18,000円   通常修理

1. 出力/歪み率測定・調整 1V出力 0.01%歪み 400HZ。
  L=左=黒針=上 R=左=黒針=上 
2. 出力/歪み率測定・調整 1V出力 0.01%歪み 400HZ。
   L=左=黒針=上 R=左=黒針=上 
   真ん中が入力=0.1V。
3. ATT=VR。
  抵抗を切り替えて減衰さしている、これでは、次の接点にいく時、両方入ることになり、雑音がでる。
  その為、意味がないのだが、可動接点を削って狭くしてある。
  シリーズ式に直しても、接点が狭いので雑音が出る可能性あり。
4. 入力切り替えSW、真ん中にアソビ接点がある高級品。
  このアソビ接点は普通アースに接続する。
5.  取り付けた出力リレー、本当は最小さく安いので良い。
6.  完成、上から見る。
7.  完成。
         jisakp17
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません、よって、写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2015 Amp Repair Studio All right reserved.