Sansui B−2301 修理記録
平成13年8月5日持ち込み
注意 このAMPはアースラインが浮いています
    AMPのシャーシにSPの線(アース側)を接続してはいけません
    RL−SPのアース線も接続(共通)してもいけません

    又、DC−入力が可能ですが、絶対に使用しないこと=ここ参照
使用できるトランスを検索中
A.修理前の状況
 電源入らず。
 ランプも点かない。

B.原因
 誰かが(プロでないことは確か)修理した形跡あり。
 かなり酷使した(業務に使用等)形跡がある
 根本的な原因の、L側の終段TR(トランジスター)が、希にショウトする。
 これを、修理しないで、焼損した抵抗と、フューズを交換した。
 又、ヒューズは即断型を使用しなかった為、
 電源トランスの焼損となった。

C.修理状況
 山水電気に電源トランスが無い
 ちなみに価格=4.6万円
 現在、使用出来るトランスを探中

D.使用部品
 電源トランス
 終段TR(トランジスター)
 バランス、バイアス調整用 半固定VR
 TR(トランジスタ−)

E.修理費     ?0000円
1.電源トランスを取り出す為に、電源部の解体
2.電源トランスを取り出す
 下の色の変化したところが、焼損
3.色の変化したところを、取り除くと、巻き線が焼損
4.焼損部拡大、下の太いコイルが焼損している
5.原因を特定せず、交換した抵抗
6.原因を特定せず、交換した抵抗のハンダ面
7.現在も修理継続中
    
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.