電源SWの改良(補強)
機種によっては電源SWの動作が悪い物や他に影響が出る場合、リレーを増設して改良します。
AR(Acoustic Research)AMP5台目
AR(Acoustic Research)AMP4台目

QUAD 44 12台目
QUAD 44 6台目
QUAD 44 5台目


 
*AR(Acoustic Research)のAMP 5台目。          修理の様子はこちら
   メインVR(ボリューム)に付いたSWで電源を入切している、接点復活材の使用でハムが発生。
   常時通電のプリ電源を使用して、リレーで電源を操作する。
   メインVR(ボリューム)にはDC電源のみ操作なのでハムの解消と、電源の遮断容量増大。
    上=修理前、  下=修理後
*AR(Acoustic Research)のAMP 4台目。          修理の様子はこちら
   メインVR(ボリューム)に付いたSWで電源を入切している、接点復活材の使用でハムが発生。
   常時通電のプリ電源を使用して、リレーで電源を操作する。
   メインVR(ボリューム)にはDC電源のみ操作なのでハムの解消と、電源の遮断容量増大。
    上=修理前、  下=修理後
* QUAD 44. 12台目。     修理の様子はこちら
  • 44のパワースィッチは独特の構造をしており、押すときに 斜めに負荷が掛かる設計になっています。
    そのため、このSWでメインアンプ405/606+FM−4の電源を入切すると、接点が焼き付く可能性有るので、リレーを増設する。
    上=修理前、  下=修理後
* QUAD 44. 6台目。     修理の様子はこちら
  • 44のパワースィッチは独特の構造をしており、押すときに 斜めに負荷が掛かる設計になっています。
    そのため、このSWでメインアンプ405/606+FM−4の電源を入切すると、接点が焼き付く可能性有るので、リレーを増設する。
    上=修理前、  下=修理後
* QUAD 44. 5台目。     修理の様子はこちら
  • 44のパワースィッチは独特の構造をしており、押すときに 斜めに負荷が掛かる設計になっています。
    そのため、このSWでメインアンプ405/606+FM−4の電源を入切すると、接点が焼き付く可能性有るので、リレーを増設する。
    上=修理前、  下=修理後
        
ここに掲載された写真は、、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。
Copyright(C) 2020 Amp Repair Studio All right reserved.