MICRO SEIKI SX−8000U修理記録
   (RP-1110. 14台目、RY-5500U. 8台目含)
ターンテーブルの点検レコードプレヤーの修理梱包はこちらを参考 平成21年1月12日到着  1月28日完成 
A. 修理前の状況

B. 原因
  • RY−5500Uの起動回路故障

C. 修理状況

D. 使用部品
  • 電解コンデンサー                22個。
    半固定VR                     4個。
    フイルムコンデンサー               7個。
    リレー                        2個。

E. 調整・測定

F. 修理費  85,000円

T. 再修理 タンテーブル軸オイルシールOリング+シリコンオイル交換。(2016年11 月)

S. MICRO SEIKI SX−8000U の仕様(マニアル・カタログより)

Y. ユーザー宅の設置状況

 SX−8000 修理前の点検状況
A. 点検中 全体見る。(RP−1110、RY−5500U、SX−8000U)
A11. SX−8000U点検中、オイル状態を見る。
A12. SX−8000U点検中、下ターンテーブルを乗せる、浮動を確認。
A13. SX−8000U点検中、上ターンテーブルを乗せる、浮動を確認。
A14. SX−8000U点検中、レコード吸着を確認。
A15. SX−8000U点検中、レコード吸着確認、横から見る。
A2. 「RY−5500U」修理前の点検状況
A21. RY−5500U点検中、前上から。
A22. RY−5500U点検中、後上から。
A23. RY−5500U本体点検中、下蓋を取り下から。
A24. RY−5500U本体点検中、下蓋のシリコンオイルのはみ出し。
A25. RY−5500U本体点検中、下蓋のシリコンオイルのはみ出し、拡大。
A26. RY−5500U本体点検中、放熱器側のシリコンオイル。
A27. RY−5500U本体点検中、
        回転数調整の半固定VR、渡りの配線が欲しい。周りの機器の止めネジは銅メッキを使用する気配り!
A28. RY−5500U電源部、上蓋を取り、上から見る。
A3. 「RP−1110」修理前の点検状況
A31. PR−1110点検中、前横から。
A32. PR−1110点検中、後横から。
A33. PR−1110点検中、下から見る。
A34. PR−1110点検中、A圧力は正常値、異音が少し出る。
A35. PR−1110点検中、C圧力は正常値、異音が少し出る。
C. 修理状況
C1. 「RY−5500U」修理状況.
C11. 修理前 RY−5500U電源部整流基板
C12 .修理後 RY−5500U電源部整流基板
                   リレー1個、電解コンデンサー3個交換、フイルムコンデンサー2個追加。
C13. 修理前 RY−5500U電源部整流基板裏
C14. 修理(半田補正)後 RY−5500U電源部整流基板裏
C15. 完成RY−5500U電源部整流基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C21. 修理前 RY−5500Uモーター部コントロール基板
C22. 修理後 RY−5500Uモーター部コントロール基板
                           半固定VR4個、電解コンデンサー19個、フイルムコンデンサー5個交換
C23. 修理前 RY−5500Uモーター部コントロール基板裏
C24. 修理(半田補正)後 RY−5500Uモーター部コントロール基板裏
C25. 完成RY−5500Uモーター部コントロール基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C31. 修理前 RY−5500Uモーター部位相コンデンサー基板
C32. 修理前 RY−5500Uモーター部位相コンデンサー基板裏
C33. 修理(半田補正)後 RY−5500Uモーター部位相コンデンサー基板裏
C34. 完成RY−5500Uモーター部位相コンデンサー基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C41. 修理中 RY−5500Uモーターベアリングを点検・注油
C42. 修理中 RY−5500Uモーター回転子(アマチュア)点検・注油。
C43. 修理後 RY−5500Uモーター回転子(アマチュア)点検・注油、プリー側、ゴミが入りキズがある。
C51. 修理前 RY−5500U本体回転数調整の半固定VR。
C52. 修理後 RY−5500U本体回転数調整の半固定VR。、
C61. 修理前 RY−5500U電源部を上から見る
C62. 修理後 RY−5500U電源部を上から見る
C71. 修理前 RY−5500Uモーター部 下から見る
C72. 修理後 RY−5500Uモーター部 下から見る、ホースを付ける前。
C73. 修理後 RY−5500Uモーター部 下から見る、放熱シリコングリス使用する。
C8. 「RP−1110」修理状況
C81. 修理前 PR−1110下蓋を取る、圧縮材の糊がきかなくなり始めている。
C82. 修理前 PR−1110下蓋を取りチャンバー付近、圧縮材の糊がきかなくなり始めている。
C83. 修理前 PR−1110
C84. 修理中 PR−1110、圧縮板にボンドを塗って固めている
C85. 修理前 PR−1110
C86. 修理中 PR−1110、圧縮板にボンドを塗って固めている
C87. 修理中 PR−1110、ボンドで補強
C91. 修理中 PR−1110、ポンプユニットは下蓋に取り付けられている。
C92. 修理後 PR−1110、ポンプユニット下蓋、湿気の吸収を防ぐ為、ラッカーを吹く。
C93. 修理中 PR−1110、ポンプユニット下蓋表
C94. 修理後 PR−1110、ポンプユニット下蓋表、湿気の吸収を防ぐ為、ラッカーを吹く。
C95. 修理中 PR−1110、ポンプユニット取り付けスプリングに錆が出ているのでCRCで落とす。
C96. 修理後 PR−1110、ポンプユニット取り付けスプリングにラッカーを塗る。
C97. 修理中 PR−1110下蓋、圧縮板にボンドを塗って固めている
C98. 修理後 PR−1110下蓋、ボンド乾燥後。
C99. 修理中 PR−1110下蓋、圧縮板にボンドを塗って固めている2
C9A. 修理後 PR−1110下蓋、ボンド乾燥後2。
CA1. 修理前、PR−1110点検中、下から見る。
CA2. 修理後、PR−1110点検中、下から見る。
CB. 交換部品
CC. 完成
E. 測定・調整
E1. ストロボにて測定。
E2A. ストロボで測定 33回転。
E2B. ストロボで測定 45回転。
T. 再修理 タンテーブル軸オイルシールOリング+シリコンオイル交換。  画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
T11. 修理中 外のフエルト回りは非常に綺麗 
T12. 修理前 製造メーカーの「注意」の標識。 既にオイルが劣化しているので無視!
T13. 修理中 タンテーブル軸受け解体。
T14. 修理中 タンテーブル軸受け、少しキズが見られる。
T15. 修理中 オイルを交換し、テフロン・チュウーブに交換。
T16. 完成しエージング中。
Y1. ユーザー宅へ設置。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
S. MICRO SEIKI SX−8000U の仕様(マニアル・カタログより)
型式 SX-8000U、エアーベアリング 方式レコード吸着装置付き
タンテーブル ステンレス製28kg
慣性モーメント 3500kgCm3
フレーム 亜鉛製35kg
総重量 63kg
外形寸法 幅312×高さ156×奥行312mm
RY-5500U
使用モーター 8極ヒステリシス・シンクロナスモーター
モーター駆動方式 CR発振器、BTLアンプ駆動
モーター駆動電圧 起動時=100V、15秒後50V
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 起動時=27W、定常時=10W
外形寸法 幅180×高さ136×奥行312mm
重量 14kg
アームマウント AX-10G(SX−8000U・SX−5000U専用)
対応アーム ショート・ロング両用
固定方式 4点締結
重量 5kg
オーディオベース BA-600
形式 フローティングタイプ、エアーインシュレーター
固有振動数 4.5Hz
搭載面寸法 600×300mm
荷重適応範囲 30kg〜130kg
外形寸法 幅600×高さ82×奥行400mm
付属品 エアーポンプ、水準器
重量 50kg
別売りアクセサリー R-600 金属製足
モーターユニット用=4個、タンテーブルフレーム用=4個
別売 ドライブ糸 5M(\1,000)
アームマウント AX-1G〜6G、AX-8G(\12,000)
アームマウント AX-7G(\38,000)
アームレスト用ベース RX-1(\500)
備考 アームマウント
AX-1G Micro MA-505X、505S、707X、
ADC LMF-1、LMF-2、EMT 929
Ortofon RS-212、RMG-212、SMG-212II、
Audio-Technica AT-1005II
Audio Craft AC-300C、A
Denon DA-303、305、307、309、401
FR FR-54、24mkII、14
SAEC WE-308N、308SX、407/23
Grace G-545F、707、840FB、940、945S
Technics EPA-101S、L、121S、L、99
Pioneer PA-1000
AX-2G SME 3009SII、SIII
AX-3G Micro MA-505LX、505LS
EMT 997
Ortofon RF297、RMG309
Audio Craft AC-300A、400A、C、400mkII
Denon DA-302、304、308
Grace G-565F、860FB、960
SAEC WE-308L
AX-4G SME 3012
AX-5G Audio-Technica:AT-1503II、1503III
FR FR-64、64S
AX-6G Micro MAX-282
Luster GST801
Audio Craft AC-4000MC
Audio-Technica AT-1501II、AT-1501III
FR FR-66S
SAEC WE-506/30
Victor UA-7082、7045
Technics EPA-100
Grace G660P
AX-7G: Micro MAX-282
Audio Craft AC-4000MC
※RX-5000のみ取付可能
AX-8G: Micro MA-505XII、SII、808X
SAEC WE-308N、308SX、407/23
Audio Craft AC-300mkII、3000MC
                         sx8000-20
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2017 Amp Repair Studio All right reserved.