MICROSEIKI RP1110.  26台目修理記録
同時修理 RY−1500D.6台目 RB−1500.5台目  2021/6/4到着  9/26完成
A. 修理前の状況
  • ユーザーが修理を試見た。


S. ポンプ圧力測定

B. 原因
  • 経年劣化でポンプユニットが圧力下がる。


C. 修理状況

D. 使用部品
  • 新品ポンプユニット           1組。
    クッションスポンジ。
    テフロンチューブ            2m。


E. 調整・測定

F. 修理費
    75,000円  オーバーホール修理。

Y. ユーザー宅の設置状況

S. MICRO SEIKI SX−1500 の仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の状況。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
A11. 点検中、 前から見る。
A12. 点検中、 前右から見る
A13. 点検中 後から見る
A14. 点検中、 後から、電源入り口、吐出口、吸入口見る。
A15. 点検中、 後左から見る
A16. 点検中、 上から見る
A21. 点検中、 下前から見る
A22. 点検中、 下前左から見る
A23. 点検中、 下後から見る
A24. 点検中、 下後右から見る
A31. 点検中、 下から見る。
A32. 点検中、 下蓋、ポンプを取り、下から見る。壊れた配管はユーザーが捨てた。
A41. 点検中、 吸込チャンバー。下の吸込口に黒い埃が付いている、2個の配管継手が緑青を発生。
A42. 点検中、 2個のチャンバー配管継手が緑青を発生、配管潰れ防止バネにもサビが発生。
A43. 点検中、 吐出端子、吸入端子の裏見る。ホース継手が緑青を発生。
A51. 点検中、 バラック修理で調整・点検中。
S. ポンプ圧力測定.。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
S1. 圧力測定。少し圧力低下、音がやや大きい。
S2. 新品圧力測定。
C. 修理状況。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
C11. 修理中 ポンプ取り出し。
C12. 点検中、 下蓋、ポンプを取り、下から見る。
C21. 修理中  チャンバー、仕切り板、SW、端子を取り、下から見る。
C22. 修理中  圧縮板にボンドを塗って固める。
C23. 修理後 さらに、塗装する。
C31. 修理前 接着材が劣化した木箱圧縮板右側。
C32. 修理中 圧縮板にボンドを塗って固める、右側。
C33. 修理後 さらに、塗装する。
C34. 修理前 接着材が劣化した木箱圧縮板左側。
C35. 修理中 圧縮板にボンドを塗って固める、左側。
C36. 修理後 さらに、塗装する。
C41. 修理前 「操作パネル取り付」 の穴
C42. 修理中 「操作パネル取り付」 の穴、ボンドを染みこませる。
C43. 修理後 さらに、塗装する。
C51. 修理前 「電源入り口、吐出口取り付け板」 の穴
C52. 修理中 「電源入り口、吐出口取り付け板」 の穴、ボンドを染みこませる。
C53. 修理後 さらに、塗装する。
C54. 修理中 外側ビニールの剥げてる所は、ボンドを染みこませる。はみ出した所は乾燥後濡れ雑巾で落とす。
C55. 修理中 外側ビニールの剥げてる所は、ボンドを染みこませる。はみ出した所は乾燥後濡れ雑巾で落とす。
C61. 修理前 チャンバー仕切圧縮板。
C62. 修理中 チャンバー仕切圧縮板。ボンドを塗って固める。
C63. 修理後 さらに、塗装する。
C64. 修理前 チャンバー仕切圧縮板裏。
C65. 修理中 チャンバー仕切圧縮板裏。ボンドを塗って固める。
C66. 修理後 さらに、塗装する。
C67. 修理中 チャンバー仕切圧縮板裏反対側。
C68. 修理中 チャンバー仕切圧縮板裏反対側。ボンドを塗って固める。
C69. 修理後 さらに、塗装する。
C71. 修理前 チャンバー仕切圧縮板2。
C72. 修理中 チャンバー仕切圧縮板2。ボンドを塗って固める。
C73. 修理後 さらに、塗装する。
C74. 修理前 チャンバー仕切圧縮板2裏。
C75. 修理中 チャンバー仕切圧縮板2裏。ボンドを塗って固める。
C76. 修理後 さらに、塗装する。
C77. 修理中 チャンバー仕切圧縮板2裏反対側。
C78. 修理中 チャンバー仕切圧縮板2裏反対側。ボンドを塗って固める。
C79. 修理後 さらに、塗装する。
C81. 修理前 下蓋表。
C82. 修理中 下蓋表。 ボンドを塗る。
C83. 修理(塗装)後 下蓋表。さらにペイントする。
C84. 修理前 下蓋(底板)裏右横側。
C85. 修理中 下蓋(底板)裏右横側、ボンドを染みこませる。
C86. 修理(塗装)後 下蓋(底板)裏右横側、 さらに塗装する。
C87. 修理前 下蓋(底板)裏左横側。
C88. 修理中 下蓋(底板)裏左横側、ボンドを染みこませる。
C89. 修理(塗装)後 下蓋(底板)裏左横側、 さらに塗装する。
C8A. 修理中 天日で乾燥中。
C91. 修理前 ヒューズ基板。
C92. 修理前 ヒューズ基板裏。
C93. 修理(半田補正)後 ヒューズ基板裏。
C94. 完成ヒューズ基板裏。 余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
CA1. 修理中 電源SW・LED。
CA2. 修理中 電源SW・LED裏。取り付け金具に錆が出ている。
CA3. 修理(塗装)前 電源SW・LED取り付け金具。
CB3. 修理(塗装)後 電源SW・LED取り付け金具表、塗装する。
CB4. 修理(塗装)後 電源SW・LED取り付け金具裏、塗装する。
CC1. 修理前 吸込チャンバー。下の吸込口に黒い埃が付いている、2個の配管継手が緑青を発生。
CC2. 修理(清掃)後 吸込チャンバー。
CC3. 修理前 2個のチャンバー配管継手が緑青を発生、配管潰れ防止バネにもサビが発生。
CC4. 修理(清掃)後 2個のチャンバー配管継手
CC5. 修理前 吐出端子、吸入端子の裏。ホース継手が緑青を発生。
CC6. 修理(清掃)後 吐出端子、吸入端子の裏。
CC7. 修理中 チャンバー配管継手にテフロンホース接続。継ぎ手のミゾにシリコンを詰める。
CC8. 修理中 チャンバー配管継手にテフロンホース接続。さらに周りをシリコンで接着。
CC9. 修理中 吐出端子、吸入端子の裏配管継手、テフロンホース接続。継ぎ手のミゾにシリコンを詰める。
CCA. 修理中 吐出端子、吸入端子の裏配管継手、テフロンホース接続。さらに周りをシリコンで接着。
CD1. 修理中 ポンプの配管継手や底板との隙間にシリコンを詰める。
CD2. 修理中 電源コード取出口や底板との隙間にシリコンを詰める。
CE1. 修理(塗装)前 各種止めネジ類。
CE2. 修理(塗装)後 各種止めネジ類。 錆止めにラッカーを吹き付ける。
CF1. 修理完成後、下からみる。
E. 調整・測定.。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
E1. 測定中 「A=吐き出し」 の圧力測定。 ターンテーブル浮かし圧力。モーター回転力を考慮して強めです。
E2. 測定中 「B=吸い込」 の圧力測定。 レコード吸着圧力。
E3. 圧力測定 レコード取外圧力。実際は最大きい。
E4. 完成  24時間エージング。 
                    rp1110-o2h
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。写真・記事を無断で商用利用・転載等を、禁じます。
 Copyright(C) 2021 Amp Repair Studio All right reserved.