SANSUI B−2302 修理記録
平成15年3月11日持込   3月16日返却
注意 このAMPはアースラインが浮いています
    AMPのシャーシにSPの線(アース側)を接続してはいけません
    RL−SPのアース線も接続(共通)してもいけません
このAMPは、DC入力しかなく、バランスの崩れたプリAMPを繋ぐと、過大入力となります
<<詳しくはここを参照してください>>
  • A. 修理前の状況
      チューニング
  • B. 原因

  • C. 修理状況
     VU−AMP電解コンデンサー、半固定VR交換
     RL終段AMP電解コンデンサー、半固定VR、初段FET交換
     入力AMP電解コンデンサー、半固定VR交換
     SP接続リレー交換(容量1.5倍の同型新タイプ使用)
     配線手直し、補強
     電源投入リレー交換


  • D. 使用部品
     電解コンデンサー(ミューズ)                81個
     SP接続リレー                          2個
     バランス、バイアス調整用 半固定VR          12個
     FET(電界トランジスター)                   4個
     電源投入リレー                          1個


  • E. 調整・測定

  • F. 修理  ,000円    <<オーバーホール修理>>
                       <<ユーザーの都合で返却>>
A. 修理前の点検状況
C1A. 修理前 上から見る
C1. 修理前 下から見る 
A2A. 下足(インシュレター)の重量は何と466gの銅製!
A2B. 下足(インシュレター)、ユーザーがテフロンテープが貼って有る
A−3A. 横板にも、ユーザーがテフロンテープが貼って有る
A3B. 上蓋、ユーザーがテフロンテープが貼って有る
A4A. AMP部のシールド、ユーザーがテフロンテープが貼って有る
A4B. AMP部のシールド、拡大
A5A. 電源部 フューズ、抵抗、リレーにユーザーがテフロンテープが貼って有る
A5B. 電源部 パスコンにユーザーがテフロンテープが貼って有る
A5C. 電源部 定電圧TR(トランジスタ−)放熱器にユーザーがテフロンテープが貼って有る
A6A. AMP基板裏 パスコンにユーザーがテフロンテープが貼って有る
A6B. AMP基板裏 拡大
A6C. AMP基板 電解コンデンサー、パスコンにユーザーがテフロンテープが貼って有る
A6D. AMP基板 放熱器にユーザーがテフロンテープが貼って有る
A6E. AMP基板 このパスコンはテープ無し
A6F. ここにもテープ
      Copyright(C) 2010 Amp Repair Studio All right reserved.                  b2302-1g
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 付随の写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください