上杉研究所 UTY−5. 2台改造記録 
 平成14年1月19日到着 3月15日完成
  1.  修理前の状況
     音を極めるので内部の配線改良を行う、下記に依頼者の言葉
     「音を悪くする原因のひとつに、線の皮膜にあるらしいのです。そのビニールの皮膜を取るだけでだいぶ変わるらしいのです。ちなみに、私はオーディオFSK製のコードを使用していますがそのコードもビニール素材は一切使っていません。ちょっと普通のコードより高いのですがもうオーディオFSK以外のものは使いたくないのです。
    オーディオFSKの社主さんは、皮膜を取っただけで、3倍良くなるといってました。」

  2. 1週間掛けて、方針を決めました。
      
    • −1. 配線は全て2重のチューブに入れる。
          内側に硝子繊維のチュ−ブ+外側に色の付いたエンパイヤーチューブ
          ガラスチューブが性能が良くて良いのですが、色が無いので中にしました。
          色化(いろけ)がないと価値が下がります。
    • −2. 使用する電線は1.0mm線
          但し、SPに行く線(出力トランスの2次側)、真空管のヒーターは1.6mm/同等品とする。
    • −3. 真空管のソケットを全てタイトに交換する
          どうせ配線を外すのですから!!
    • −4. SP端子を国際規格に交換、国産より大きくしっかりしている
          
    • −5. 整流ダイオ−ドを高速ダイオ−ドにする。所謂ショトキーダイオード
    • −6. 電源の電解コンデンサー追加

          
      
  3.  使用部品
    GT オクタルソケット                  4個
    MT 9ピンソケット                   4個
    SP接続用端子                     8個
    1mmΦ錫メッキ線                  10m
    1.6mmΦ錫メッキ線(SP配線用)         2m
    繊維のチューブ                    10m
    色の付いたエンパイヤーチューブ         10m

  4.  修理費   37000円/1台    通常修理


1. 交換する SP接続用 端子、大型でしっかりしている。
2. 交換する、真空管ソケット。
3. 交換した SP接続用端子と 真空管ソケット。
4. 電源ケーブルを太くしても肝心のSWへの半田が不十分、上の端子にも掛かるよう半田付けする。
5. 配線交換中、全てチューブは2重とした。
6. 配線完成、最短距離が原則だが、見た目も考慮する。
7. 配線を交換する前
8. 完成上から見る
9. 出力/歪み率測定・調整
10. 出力 20V=50W 歪み率=1% 1000HZ
11.  出力 20V=50W 歪み率=1% 400HZ
Amp Repair Studio
12.  24時間エージング。
Amp Repair Studio
                         uty-5-2
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.