TRIO WX−330 の修理1964年11券ュ売
寸評 38年前のレシ−バ−です!
    出力の真空管6BM8がエミゲンですが、聞いた感じは十分です
  平成14年6月到着   7月10日完成
  1. 修理前の状況
    ある程度條ヤがたつと、ヒューズが切れてしまいます

  2. 原因
    各部経年変化
    ヒューズが切れるのは、整流ダイオ−ド不良

  3. 修理状況
    結合コンデンサ−交換
    電源電解コンデサ−増量
    整流ダイオ−ド交換
    経年劣化による各部ハンダ補正

  4. 使用部品
    コンデサ−           10個
    整流ダイオ−ド         2個
    電解コンデンサ−       2個
    抵抗                4個

  5. 修理費  28,000円    通常修理

1.ANTの修理
2.パネルを取り外す
2.パネル清掃
2.完成下から見る
2.完成上から見る
3.FM感度測定
4. AUX入力=右下オシロ=1000HZ   SP出力 6V=4.5W 歪み率=10%
   左=黒針=下、右=赤針=上
   出力管がエミ減で出力伸びなく歪みも多いい
5. AUX入力=右下オシロ=400HZ   SP出力 6V=4.5W 歪み率=10%
   左=黒針=下、右=赤針=上
   出力管がエミ減で出力伸びなく歪みも多いい
6. MM入力=右下オシロ=1000HZ   SP出力 6V=4.5W 歪み率=10%
   左=黒針=下、右=赤針=上
7. MM入力=右下オシロ=400HZ   SP出力 6V=4.5W 歪み率=10%
   左=黒針=下、右=赤針=上
7.交換部品
8.AM−ANT 位置によりLが可変出来る
  真ん中の輪でインダクタンスを変化させられる
7.24條ヤエ−ジング
  同調は非常にクリチカルなので、慣れるまで大変でしょう
                      wx-330-7
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.