TRIO FX−46K(1985年12月発売) 修理
平成14年2月到着  2月23日完了
  1. 修理前の状況
    FX-46Kは、ステレオのランプが常時点灯いています。

  2. 原因
    MPX(ステレオ分離回路)不動
     フラットAMP、イコライザ−AMPのFET(電界トランジスタ−)の劣化

  3. 修理状況
    ダイアル・齊掘」
    MPX(ステレオ分離回路)の修理
    IFT修理
    ステレオランプをLEDに交換
    ハムが出ているので電解コンデンサ−追加
    各部の半固定VR交換
     配線手直し、補強
    経年劣化による各部ハンダ補正

     
  4. 使用部品
    バランス、バイアス調整用 半固定VR       4個

  5. 修理費  35,000円    通常修理

1.経年変化により、半田不良が始まったIF基板、半田付けが下手
2.半田補正したIF基板
3.液漏れしている電解コンデンサ−
4.増設した電解コンデンサ−
5.ダイヤルの糸を交換する
6.MPXトランスの修理。
7.MPXフイルタ−の半固定VR(ボリュウム)の交換。
8.MPX回路の半固定VR(ボリュウム)の交換。
9.パネルライトの交換。
10.ステレオ・M表ヲをLED表ヲにに替える。
11.IF=10.7MHZ調整及び、トラッキング調整後
   総合・M調整。
12.ANT入力=40dB Rのみ 1000HZ変調 出力=1V 歪み率=1% 
13.ANT入力=40dB Lのみ 1000HZ変調 出力=1V 歪み率=1% 
14.完成、下から見る
15.完成、上から見る
16.24條ヤエ−ジング
                        fx-46k-g
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.