Michaelson & Austin TVA−1 2台目修理
寸評
  • 音を聞くと、初めTR(トランジスター)AMPと思わせる、これ真空管AMPと疑う!
    この巨大(強力)なトランスがその原動力でしょう。
    マッキンのMC60/275の「サンドイッチ巻き+カソード帰還」による、高域の歪みの軽減の音とは対照的な、
    力強いく荒々しい低音の音が光ります。
    真空管AMPの中では、一度は聞きたい機種です 。
平成14年9月9日到着   10月19日完成
A. 修理前の状況
  • 昨年、某 中古販売店より Michaelson&Austin TVA-1を入手しました。
    入手時、前オーナーにより改造が加えられ 、VR(ボリューム)が取り付けてあったり 、シャーシに落書きがしてあったりかなり傷んでおりました。
    購入する際、本当に買うのですか。などと脅されましたが、 その音がいたく気に入り、愛用しておりました。
    7月に部屋の模様替えをした際、 プリから取り外し、ラック位置などを移動し再セッティングをしました。
    いつもはVRを絞って、SWオンするのですが 偶々ボリュームをやや上げた段階でSWを入れてしまいました。
    途端、スピーカーからバババリッという大音響が響いたと思うと それから一切鳴らなくなりました。
    もちろん、落としたり、ぶつけたりは一切いたしておりません。
    念のため、真空管を全て総替えしたり、 ケーブルを代えたりしましたが全く反応いたしません。

B. 原因
  • 経年変化&おかしな改造により、各真空管の劣化。
    経年変化により、コンデンサーの容量抜け。

C. 修理状況
  • 終段(KT−88)、バイアスを設定回路変更。
    終段(KT−88)、安全抵抗交換。
    終段(KT−88)、ソケット交換。
    VRまわり配線手直。
    電源SWまわり配線手直。
    電解コンデンサー増量。
    配線手直し、補強。

D. 使用部品
  • フイルムコンデンサー       2個。
    USソケット              4個。
    電解コンデンサー          2個。
    抵抗                  8個。

E. 調整・測定

F. 修理費  49,000円    通常修理。
                       但し、真空管は別途です。

S. Michaelson & Austin TVA−1 の仕様(マニアルより)

A. 修理前の状況
A1. 修理前 下から見る。
     カメラの使用が悪く画像が歪んでしまいました=頑張ってもっと良いカメラ購入します。
A2. 修理前 電源SWが交換されている、この様に両切りにする場合は、SWの規格に十分に注意する。
     アークにより、線間短絡を起こしかねない、一般には片切りにする。
A3. 修理前 入力にVRを組み込んだが、配線は普通の線!!、常識的には、シールド線。
A4. 修理前 カソ−ドの安全抵抗を47Ωを 100Ω増し、且つコンデンサーを入れ、カソードバイアス+!
     固定バイアスは何の為。
A5. 修理前 ハムが出たのか? B+電圧を下げている、出口のコンデンサーは?
          下の抵抗は高圧電源に入れ、電圧を下げている=これでレギュレーション悪くしている=何の為か不明。
A6. 修理前 熱でボロボロのKT−88のソケット。
A7. 修理前 シャーシのメッキも剥げる。
A8. 修理前 応急処置で出力・歪み測定
     R側=発振し出力でず。
     L側=18V=40W 歪み率=4% 400HZ。
A9. 修理前 入力端子のアースとSP出力端子のアースがわざわざ配線してある。
A10. 修理中 シルド線のアースが付いていない。
C. 修理状況
C1. 修理後 VRへのシルド線のアースを付ける、VRのケースもアースする
C2. 修理後 バイアス基盤
C3. 修理後 完成 下から見る
C4. 修理後 完成 上から見る
E. 調整・測定
E1. 調整・出力測定
E2. SP出力24V=72W 歪み率=1.2%  1000HZ
E3. SP出力24V=72W 歪み率=1.2%  400HZ
E4. 外国はPL法が強いので、全く放熱を考慮していない、下蓋に穴なし
     シャシ内部に空気が全く入らない
E5. 12時間エージング中。
再修理12月5日到着
再修理1. 高圧の整流ダイオード焼損 上=焼損ダイオード 下=交換したダイオード
Amp Repair Studio
再修理2. 原因は真ん中の6550Aの不良
        中でグロー放電し、死んだ。  上のゲッターの周りが白くなっているので解る。
        この様なハイスペックのAMPに使用する球は、良品を選ばないとだめです。
        現在、市場にある真空管は、いい加減なのが多いいですので、信頼出来るところから購入しましょう。
        そうしないと、高いトランス類やコンデンサーを壊す事になります
Amp Repair Studio
S. Michaelson & Austin TVA−1 の仕様(マニアルより) 
型式 管球式(終段KT-88 PP)ステレオパワーアンプ
実効出力 70W+70W
周波数特性 20Hz〜20kHz ±0.2dB、 10Hz〜25kHz -1.0dB
出力帯域幅 8Hz〜45kHz
SN比 -88dB以上
高調波歪率 0.05%以下(1kHz、5W出力時)
入力感度/インピーダンス 750mV/100kΩ
出力インピーダンス 4〜8Ω
電源 AC100V、50Hz/60Hz
外形寸法 幅457mm×高さ190mm×奥行280mm
重量 約32kg
                        tva1-2-L
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2015 Amp Repair Studio All right reserved.