McIntosh MC60.1−2台目修理記録
平成13年10月
A. 修理前の状況
   マッキンのMC60×2台のうち1台が電源を入れて間もなく、
   スピーカから、バリバリ、ザーザー、とノイズがでて聞くに耐えません。
   真空管を入れ替えても、ノイズが出る1台は同じです。

B. 原因
   メインAMPの基板のバイアス回路、カソード回路の接触不良
   終段KT−88にかなりの電流がながれ、エミ減。
   またソケットも熱により接触不良。
   KT−88と直結の12AX7の不良
   整流管5U4GTも不良
   フイルターチョークも変色

C. 修理状況
   KT88交換
   12AX7選別使用する
   KT88の8ピンソケット交換
   整流のダイオードに交換
   配線手直し、補強

D. 使用部品
    KT88                 2本
   8ピンソケット             4個
   抵抗                  2個
   整流ダイオ−ド(1000V3A)   4本

E. 修理費 25,000円/1台    「通常修理」
                         「但し、真空管は別途」

このクラスのKT−88は良質な物を選択すること。
又、前段12AX7/ECC83と直結なので、こちらも同様の配慮が必要。


1. 上蓋取り、清掃をした所
2. 下蓋取り、清掃をした所
3. ラグ坂の所がハンダ不良
4. 熱でボロボロのモ−ルドソケット、熱伝導率のよいタイトソケットに交換する。
5. ソケツト交換後
6. ソケット交換後の配線、KT88へのア−ス側配線強化してある。
  整流ダイオ−ド4本が見える。
7. 出力測定.
8. 20V=50W 飽和=真空管整流
9. KT88交換 24V=72W 飽和=真空管整流。
11. KT88交換 26V=84W 飽和まだ=ダイオ−ド2KV/3A)整流。
   更に、電源トランスにはヒ−タ−電力=30Wが浮き、安定度が良くなる。
12.  12時間エ−ジング 整流管5U4は働いていない=もったいないが、飾り
このタイプのAMPの注意!!!!
KT88と直ぐ隣の12AX7は直結されており。12AX7のエミ減(=劣化)は高いKT88 2本を、
いっぺんに死に追いやるので、十分管理すること。
                   
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。  Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.