LUX CL−35mkU. 4台目修理記録2
平成27年10月11日持込  平成28年7月6日完成
U. TubeTester HickokTV−2B/Uによる付属真空管測定

K. 裏パネルと木製ケース修理

L. 修理完成後の外観

S. LUXMAN CL−35mkU の仕様(マニアル・カタログより)
測定電源は交流安定化電源を使用し、AC115V 60Hzで行う。
U. TubeTester HickokTV−2B/Uによる付属真空管測定。画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
U1. 付属真空管「12AX7(ECC83)」。 左から1本目.2本目...5本目.6本目、12AU7。
       真空管ハンドブック(規格表)の、
       12AX7(ECC83)相互コンダクタンス=1600μmho「Ep=250V、Ip=1.2mA、Eg1=−2V」。
       12AU7(ECC82)相互コンダクタンス=2200μmho「Ep=250V、Ip=10.5mA、Eg1=−8.5V」。
1960/1962/1964/1966ナショナル真空管ハンドブック、1995オーディオ用真空管マニアル、60/62/69東芝電子管ハンドブック、1962日立電子管ハンドブック、1965/1971全日本真空管マニュアル、RC15/19/26/27/28/29/30 Receiving Tube Manual、1966/実用真空管ハンドブック、1995世界の真空管カタログより。
付属真空管「12AX7(ECC83)」。 左から1本目.2本目...5本目.6本目、12AU7。
U11. 付属1本目「12AX7」 ユニット1。 Gm測定=2120μmho、IP=1.31mA。
             測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U12. 付属1本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=2160μmho、IP=1.25mA。
U21. 付属2本目「12AX7」ユニット1。 Gm測定=1920μmho、IP=1.07mA。
             測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U22. 付属2本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=1920μmho、IP=1.10mA。
U31. 付属3本目「12AX7」ユニット1。 Gm測定=2040μmho、IP=1.18mA。
             測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U32. 付属3本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=2100μmho、IP=1.22mA。
U41. 付属4本目「12AX7」ユニット1。 Gm測定=1800μmho、IP=1.03mA。
             測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U42. 付属4本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=2800μmho、IP=2.44mA。
U51. 付属5本目 12AX7 ユニット1。 Gm測定=2080μmho、IP=1.15mA。
             測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U52. 付属5本目 12AX7 ユニット2。 Gm測定=1940μmho、IP=1.12mA。
U61. 付属6本目 12AX7 ユニット1。 Gm測定=2000μmho、IP=1.11mA。
             測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U62. 付属6本目 12AX7 ユニット2。 Gm測定=2100μmho、IP=1.27mA。
U71. 付属真空管「12AU7」1本目ユニット1測定。 Gm=3400μmho、Ip=13.67mA。
           測定条件、「Ep=250V、Eg1=−8.5V」、 Cレンジ=6000μmhoレンジでの測定。
U72. 付属真空管「12AU7」1本目ユニット2測定。 Gm=3200μmho、Ip=16.28mA。
K. 裏パネルと木製ケース修理。画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
K01. 修理前 裏パネル。
K02. 修理(塗装)後 裏パネル。
K03. 修理前 真空管シャーシ。
K04. 修理(塗装)後 真空管シャーシ。
K05. 修理前 真空管カバー。
K06. 修理(塗装)後 真空管カバー。
K07. 修理前 真空管カバー裏。 赤錆が発生している!
K08. 修理(塗装)後 真空管カバー裏。 Kラッカーで錆を押さえる。
K09. 修理中 炎天下で乾燥。 この時期は木ケースは陰干し。
K11. 修理前 上から見る
K12. 修理(塗装)後 上から見る。
K13. 修理前 前上から見る。
K14. 修理(塗装)後 前上から見る。
K15. 修理前 前下から見る。
K16. 修理(塗装)後 前下から見る。
K21. 修理前 下から見る。
K22. 修理中 足を取り、下から見る。
K222. 修理中 足を取り、下から見る。 集成材に穴、クギ頭が見える。
K223. 修理(塗装)後 足を取り、下から見る。
      クギ頭の隠し、集成材の穴を埋め塗装する。ボルトは集成材を締め付ける為使用。
K23. 修理(塗装)後 足を取り、下から見る。
     集成材の穴を埋め塗装する。ボルトは集成材を締め付ける為使用。
K24. 足を付けて完成
K31. 修理前 前から見る。
K32. 修理(塗装)後 前から見る。
K41. 修理前 後から見る。
K42. 修理(塗装)後 後から見る。
     集成材の穴を埋め塗装する。ボルトは集成材を締め付ける為使用。
K51. 修理前 右横から見る。
K52. 修理(塗装)後 右横から見る。
K61. 修理前 左横から見る。
K62. 修理(塗装)後 左横から見る。
K71. 修理前 後から、内側右から見る。
K72. 修理(塗装)後 後から、内側右から見る。
K722. 修理中 後から、内側右から見る。集成材に穴が2個有る。
K723. 修理後 後から、内側右から見る。集成材の穴を埋め塗装する。
      集成材の穴を埋め塗装する。ボルトは集成材を締め付ける為使用。
K73. 修理前 後から、内側左から見る。
K74. 修理(塗装)後 後から、内側左から見る。
K742. 修理中 後から、内側左から見る。集成材に穴が2個有る。
K743. 修理後 後から、内側左から見る。集成材の穴を埋め塗装する。
      集成材の穴を埋め塗装する。ボルトは集成材を締め付ける為使用。
K81. 修理前 下から、空気入り口を見る。
K82. 修理(塗装)後 下から、空気入り口を見る。
K83. 修理前 下から、空気入り口を見る、反対側。
K84. 修理(塗装)後 下から、空気入り口を見る、反対側。
L. 修理完成後の外観。画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
L1. 修理完成後 前右から見る
L2. 修理完成後 後左から見る
L3. 修理完成後 下前左から見る
L4. 修理完成後 下後右から見る
L5. 修理完成後 後から見る
                               cl35-2_421〜cl35-2_43n
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した物です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。
 Copyright(C) 2021 Amp Repair Studio All right reserved.