LUX CL−36Uの修理記録
平成13年9月
A.修理前の状況
 残留雑音が大きい
 パイロットランプ切れ

B.症状、原因
 RL共不特定の雑音が入る。
 Lチャネルやや大きめ。
 保存状態、使用場所が悪く、真空管とソケットの接触不良。
 ソケットの交換が必要ですが、今回見送り。
 メインVR、バランスVR急激な変化で、雑音が入る。
 コンデンサーの絶縁不良が原因。
 PUアンプのX7のエミ減による雑音

C.修理状況
 ソケットのハンダ付け手直し
 配線手直し、補強
 経年劣化による各部ハンダ補正

D.使用部品
 電球   1個

E.修理費   10000円
    通常修理

1.真空管の足が緑青を吹いている。
2.清掃する。
3.接点復活剤を付け歯ブラシで落とす。
4.中も掃除する。
5.入出力確認
6.拡大
7.実働試験エージング
      
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した物です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。
 Copyright(C) 2021 Amp Repair Studio All right reserved.