LUX CL−35mK3 修理記録
 平成13年12月
A.修理前の状況
 音出ず。
 真空管は新しいのが交換済み。

B.原因
 基板の劣化

C.修理状況
 基板手直す、配線手直し、補強、半田補正。

D.使用部品
 電解コンデンサー  2個
 抵抗        2個

E.修理費   19,000円    通常修理。
                      故障個所のみ修理。

1.上蓋を取り清掃後、基板に腐食が見られる
2..下蓋を取り清掃後、此方の基板は綺麗
2.真空管のソケットも熱腐食で「ガタガタ」
 ソケットはユーザーが交換するので、今回はしない。
3. 24時間エージング
         cl35mk34
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2015 Amp Repair Studio All right reserved.