LUX CL−32 修理
平成14年8月24日
  • A. 修理前の状況
     雑音及び歪みが多いい

  • B. 症状、原因
      真空管ヒーター回路故障。
      高圧電源回路故障

  • C. 修理状況
      電解コンデンサー交換
      フィルムコンデンサー交換
      配線手直し、補強
      経年劣化による各部ハンダ補正

  • E. 使用部品
      電解コンデンサー                4個
      メタライズド・フィルムコンデンサー    14個
      抵抗                         個

  • F. 修理費   38,000円    通常修理。
                           真空管別途。

A. 修理前の状況
A1. 修理前 上から見る
A2. 修理前 下から見る
A3. 古いフィルムコンデンサー、これらはメタライズド・フィルムコンデンサーに交換
A4. 頭が膨らんで、劣化している電解コンデンサー。
A5. 高圧回路の、電解コンデンサー
C. 修理・調整の様子
C1. 完成後 上から見る
C2. 電源コンデンサー、プロテクト(遅延リレー)基盤の半田補正後
C3. 完成後 上から見る
C4. 完成後 下から見る
     各基盤は全て半田補正を施す
D. 測定・調整
D1. 出力/歪み測定・調整
D2. AUXへ 1000HZ入力、出力=1.5V 歪み率=0.03%
D3. AUXへ 400HZ入力、出力=1.5V 歪み率=0.03%
D4. MMへ 1000HZ入力、出力=1.5V 歪み率=0.06%
D5. MMへ 400HZ入力、出力=2.5V 歪み率=0.08%
D6.完成
D7. 交換部品
                     cl-32-g
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2015 Amp Repair Studio All right reserved.