自作 211 シングルステレオ修理
平成15年4月25日到着 6月26日完成
  • A.修理前の状況
      通電が最近していない機器

  • B.症状、原因
       コンデンサ−容量抜け

  • C.修理状況
      ブロック電解コンデンサ−交換
      電解コンデンサ−交換
      整流ダイオード交換
      カップリング・コンデンサ−交換
      SP端子交換
      ACコネクタ−交換

  • D.使用部品
      電解コンデンサ−                                     6個
      ブロック電解コンデンサ−(エルナセラファイン)500V 100μ+100μ    4本
      ブロック電解コンデンサ−24V 10000μ                      2本
      整流ダイオード                                       6個
      抵抗                                              8個
      SP端子                                           4個
      ACコネクタ−                                        1個

  • E.調整・測定

  • F.修理費   98,000円  オーバーホール修理
                        真空管別途

  • G.再修理 リレー入らず、片側から「ガリ」音が出る 平成16年3月4日到着 3月10日完成  
A.修理前の状況
A−1.修理前 前から見る
A−2.修理前 後ろから見る
A−5.修理前 膨らんだ電解コンデンサー
A−6.修理前 電解コンデンサ−比較
          高圧用                                  ヒーター点火用
A−7.修理前のトランスの水分抜き
        通電時期が不確かな場合、いきなり通電すると、高いトランスが巻き線ショウトします
        適当な直流をトランス巻き線に2日間流し、熱で水分を飛ばす、当然のことですが、交流は不可
A−8.211ソケット比較
C.修理の様子
C−1A.211ソケット修理前  配線は半田あげしてビス止め!、これでは熱で緩む
                    自作品では、完成すれば終わり、しかし製造メ−カ−はそれからが本当の仕事です
                    安全、経年変化、複合要素による発振等々の配慮
C−1B.211ソケット修理前 スプリングワッシャを使用しても、鉛そのものが変形する
C−1C.211ソケット修理中 配線は端子に十分絡める
C−1D.211ソケット修理後 半田は高温用を使用する
C−1E.211ソケット修理後
C−2A.修理前 SP端子への接続 ラグ板の半田付け
C−2B.修理後 SP端子
C−3A.修理前 上から見る
C−3B.修理後 上から見る
C−3C.修理前 下から見る
C−3D.修理後 下から見る
C−4A.修理前 RCA入力端子
C−4B.修理後 キャノンコネクターに交換
C−4C.修理後 キャノンプラグ/RCAプラグ付きケ−ブル
C−5A.修理前 電源コネクター 古いメタルコネクター
C−5B.修理中 3Pインレットに交換する為穴開け=原始的 この後ヤスリでゴシゴシ
C−5C.修理後 3Pインレットに交換 これで好きなコードが使用出来る
C−6.完成 この光がたまらない
C−7.交換部品
E.調整・測定
E−1.出力、歪み率測定
E−2.出力測定  SP出力10V=12.5W 歪み率3% 1000HZ
E−3.出力測定  SP出力10V=12.5W 歪み率3%  400HZ
E−4.完成 24時間エージング
         大型三極出力独特の音がする、「出力10V=12.5W 歪み率3%」の測定結果など、吹っ飛んでしまう!
         これが、真空管の魅力です。
         聴いたことの無い人解るかな? 解からないだろうな!
G.再修理
G−1A.修理前 経年変化にによるVRの接触不良
G−1B.修理後 電解コンデンサー3個交換、VRを固定抵抗に置き換え
G−2.雑音が出る ハムバランスを回すと「ガリ」が出るので、VRを解体して清掃
G−3A.しかし、シャーシを叩くと「ガリ」が出る、何と終段211の不良!
G−3B.外観は非常に綺麗
G−3C.念のため、足の半田(高温半田)をやり直す、しかし同じ!
G−3D.ガラスに焼けた跡が見られるので、この奥のグリッドの溶接が取れているのでしょう!
この211は本来無線の増幅真空管、この程度でしたら、十分使用できるが、オーデオでは不可
                     uy201ss11
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.