Altec 256d(#108). 2台目修理記録
同時修理Altec 256d1台目        平成29年10月14日持込   修理保留で預かり中
A. 修理前の状況
  • @AMPを接続すると家庭のブレーカーが飛ぶ。
  • A左AMPの真空管1本のメーターチェックができない。
  • Bトランスがうなる。

B. 原因
  • 各部経年劣化。


O. 出力トランス点検
  • 現在オークションでは直流抵抗を測定して、良否を表示しているが、完璧ではありません。
    正確には、交流電圧を入力し、各巻き線の出力電圧を点検する。

P. 電源トランス点検

T. バラック修理後点検測定

F. 修理費  20,000円   見積・点検、バラック修理費用。
                     ユーザーの都合で修理保留で預かり中。

S. Altec 256d の仕様(マニアルより)

A. 修理前の状況。画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
A11. 点検中 前から見る。
A12. 点検中 パネルを取り、前から見る。
A13. 点検中 メーターパネルを取り、前から見る。
A131. 点検中 シャシ内を見る。
            純正のカップリングオイル(?)コンデンサーからフイルムコンデンサーに交換。
A132. 点検中 シャシ内をる。
      バイアス電源の純正のマロイ電解コンデンサーからニチコンの電解コンデンサーに交換。
A133. 点検中 シャシ内をる。
           高圧回路のオイルコンデンサーにニチコン電解コンデンサーが並列挿入。
A134. 点検中 シャシ内をる。
         高圧純正のマロイ電解コンデンサーからニチコン電解コンデンサーに交換。
A21. 点検中 後から見る。
A22. 点検中 後から見る。 飾りのバイアス電源の純正のマロイ電解コンデンサー。
A23. 点検中  真空管を抜き、後から見る。
A24. 点検中 真空管を抜き、後から見る。
                        真空管ソケット比較。テフロン絶縁製やタイト製と交換可能。
A25. 点検中 真空管を抜き、後から見る。
                        真空管ソケット比較。テフロン絶縁製やタイト製と交換可能。
A31. 点検中 上右から見る
A32. 点検中 上から見る
A33. 点検中 上左から見る。
A41. 点検中 下右から見る。
A42. 点検中 右から見る。電源ケーブル。
A43. 点検中 下から見る
A432. 点検中 下から見る。 出力トランス頭のカバー止めビス、真ん中が初めの止めビス??
A44. 点検中 下左から見る
A45. 点検中 左から見る。 入出力コード。
A51. 点検中 6.3V出力端子に接続されていない。
A52. 点検中 入力ケーブルの固定ビスが無。
A61. 点検中 出力真空管 UY−807、予備球から。
A62. 点検中 中=初段増幅管6SJ7、 ドライバー真空管=6SN7、プロテクト動作真空管=6AL5。
A64. 点検中 修理後整流管 5R4、予備球から。
A65. 点検中 定電圧真空管0D3(VR150GT)。
O. 出力トランス点検。画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
       1次インピーダンス=4kΩ(P1−B1間+B2−P2間)。
       2次インピーダンス=16Ω。
       インピーダンス比=4kΩ/16Ω=250、 巻き線比=15.8。
01. 2次16Ω端子にAC8V/1kHzを入力すると、
       1次巻線P1−B1間電圧=P2−B2間電圧=126.5V/2=63.2V。
       P1−B1間=63.4V、P2−B2間電圧=63.5V
02. 2次16Ω端子にAC5V/1kHzを入力すると、
       1次巻線P1−B1間電圧=P2−B2間電圧=79V/2=39.5V。
       P1−B1間=39.31V、P2−B2間電圧=39.56V
03. 2次16Ω端子にAC2V/1kHzを入力すると、
       1次巻線P1−B1間電圧=P2−B2間電圧=31.6V/2=15.8V。
       P1−B1間=16.31V、P2−B2間電圧=16.38V
P. 電源トランス点検。画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
       可変周波数・電圧電源を使用して、無負荷損を計測する。
       真空管は全て抜いたので、トランスの負荷は無。
       左マルチメーター=電源電圧、右マルチメーター=ヒーター電圧。
P1. 60Hz/AC100を入力、入力電流=0.6A、無負荷損電力=60W。出力ヒーター電圧=6.19V。
P2. 60Hz/AC105を入力、入力電流=0.7A、無負荷損電力=73.5W。出力ヒーター電圧=6.49V。
P3. 55Hz/AC100を入力、入力電流=1.1A、無負荷損電力=110W。出力ヒーター電圧=6.18V。
P4. 50Hz/AC94.2を入力、入力電流=1.35A、無負荷損電力=126.4W。出力ヒーター電圧=5.83V。
P5. 出力トランス頭のカバー止めビス、真ん中が初めの止めビス?? 巻き替え等をした形跡?
T. バラック修理後点検測定。画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
T0. 出力・歪み率測定・調整、 100Vで測定。
    「見方」。
   中 SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
        表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
T1. 1kHz入力、SP出力電圧16.82V=35.36W出力 1.601%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T2. AC100v安定化電源で無信号時で3.2Aなので、320W消費する。
       この時真空管ヒーター電圧は6.00V。
       6.3Vの+−10%は「5.67〜6.93V」なので範囲内。
T3. UY−807、5R4GYを予備球に交換後。
     出力・歪み率測定・調整、 100Vで測定。
T4. UY−807、5R4GYを予備球に交換後。
    1kHz入力、SP出力電圧22.04V=60.72W出力 6.28%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T5. UY−807、5R4GYを予備球に交換後。
    AC100v安定化電源で無信号時で3.5Aなので、350W消費する。
       この時真空管ヒーター電圧は5.98V。
       6.3Vの+−10%は「5.67〜6.93V」なので範囲内。
E4. 完成  24時間エージング。 左 HMA−9500mkU. 63台目
S. Altec 256d の仕様(マニアルより)
型式 管球式モノラルパワーアンプ 256d
定格出力 65W
出力帯域幅(両ch駆動) Hz〜kHz
出力インピーダンス 4,8,16Ω
OUTPUT TRANS TM225
INPUT TRANS G322Q
チョークインプット。 TL521
使用真空管 807×4本、6SN7、6SJ7、5R4G×2本、VR150×4本
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 W
外形寸法 幅482×高さ360×奥行245mm
重量 32kg
価格 (1950年頃)
                      256d-216
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2017 Amp Repair Studio All right reserved.