KENWOOD KA−1100D 修理記録
平成13年9月修理完成
A. 修理前の状況
   Lチャンネル鳴らない状態でした。
   スピーカへの出力(:後部の配線)が2つ共、鳴らない

B. 原因
   メインAMPの.独自IC劣化
   経年劣化による各部ハンダの劣化

C. 修理状況
   メインAMPのバランス、バイアス調整
   メインAMPのTR(トランジスター)交換
   配線手直し、補強
   経年劣化による各部ハンダ補正

D. 使用部品
    独自IC        3個  7,100円

E. 修理費  17,100円   <<通常修理>>

1.独自ICを取り替えている所。
2.前面パネルを外し、中の基板を取り出す。
3.経年変化によるハンダ不良個所。
4.前面パネルを外し、中の基板を修理中
5.経年変化によるハンダ不良個所、その2。
6.経年変化によるハンダ不良個所、その2の拡大図。
7.終段TR(トランジスター)バイアス電流調整。
                    
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.