KENWOOD KA−8300 修理記録
平成14年2月13日到着   2月22日完成
  1.  修理前の状況
      ボリュームからガリガリと音がするようになり20年くらい前に押入れに入れっぱなしにして置いた、
    最近取り出してみて懐かしさがこみ上げてきました。
    また、このAMP(アンプ)の音を聴ききたいのですが何とかなりますか。
    あと、電源スイッチのノブが折れています。

  2.  原因
      FET等の部品の劣化。

  3.  修理状況
    電源SW交換
    SP接続リレ−交換。
    メインAMPのバランス/バイアス半固定VR交換、13mmΦ高級品。
    メインAMPの初段TR/FET交換
    フラット/コントロールAMPの初段TR/FET交換。
    取り外し、各基板の半田不良を修理します、所謂、半田補正作業。
    電解コンデンサーの取り替えもします。
    配線手直し、補強

  4.  使用部品
    電源SW                 1個
    SP接続リレー              1個
    バランス/バイアス半固定VR    4個
    FET(電界トランジスター)       4個
    電解コンデンサー            8個
    抵抗                    2個

  5.  修理費   40,000円   <<通常修理>>

1. コントロール基板の取り出し、電源SW交換。
2 .コントロール基板を取り出す。
3. コントロール基板の修理、初段FET/半固定VR交換。
4. コントロール基板の半田補正作業終了。
5. SWの止めネジ追加、
  黒い2個がオリジナル、白い4個追加、1個1円にも満たないが人件費削減のため省略する。
6. パネル/ツマミの洗浄、黄色いのはタバコのヤニ。
7. 終段TR(トランジスター)バイアス半固定VR交換。
8. SP接続リレー交換、左=古い物、右=交換した1.5倍容量の物。
9. EQ(イコライザー)AMP基板取り出し。
10. EQ(イコライザー)AMPの初段FETの交換、RCA入出力ジャックを含めた半田補正。
11. SP接続端子の半田補正、力が加わり、大電流が流れるので十分半田を盛る。
12. 出力/歪み率測定・調整
13. SP出力26V=85W出力 0.06%歪み 400HZ。
14. SP出力26V=85W出力 0.06%歪み 1000HZ。
15. 完成、上から見る。
16. 完成、下から見る。
17. サビが有るので、上下ケースも交換する。
18. 24時間エージング
             
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.