SONY TA−AX5 修理記録
平成14年1月27日到着   3月9日完成
  1. 修理前の状況
      ソニーのTA-AX5(80年代前半のもので操作パネルはすべてボタン式)の電源が入らなくなってしまい、メーカーに送りましたが、例のごとく部品の在庫がないとのこと(故障箇所は記載されてませんでした。)で困っています。
  2. 原因
    スイッチング電源のトランス焼損
  3. 修理状況
    トランス修理。
    プリント基板補修。
    配線手直し、補強。
  4. 使用部品
  5. 修理費   17,000円   通常修理

1. 上から見る。
2. スイッチング電源のトランス断線。
3. 修理完了後の基板半田補正が終わった所
4. 出力、歪み調整・測定
5. SP出力24V=72W 歪率=0.8% 400HZ
6. SP出力24V=72W 歪率=0.8% 1000HZ
7.  24時間エージング
                        ta-ax5-7
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません、よって、写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.