Pioneer M−75 修理記録
 平成13年11月
A. 修理前の状況
  プロテクトが働き、解除しない。

B. 原因
  終段TR(トランジスター)の劣化

C. 修理状況
  調整用 半固定VR交換
  終段TR(トランジスター)交換
  TR(トランジスター)、FET(電界トランジスター)交換、
  FET(電界トランジスター) 交換
  配線手直し、補強

D. 使用部品
  終段TR(トランジスター)                8個
  バランス、バイアス調整用 半固定VR       8個
  TR(トランジスター)                   4個
  FET(電界トランジスター)               2個

E. 修理費  74,500円   <<通常修理>>

1. 上蓋を開け、清掃後
2. ドライブ基板 終段TR(トランジスター)は150W×4個/片側
3. 修理後のドライブ基盤、終段TR(トランジスター)は180Wの物を使用
4. 出力測定/調整
5. 終段TR(トランジスター)が元気で、軽く180W/8Ω
6. このAMPには出力制限回路が装備 設計を尊重し180W/8Ωで規定する。
  山がへこんでいるのは、制限を掛けた為。
7. 安全のため、フアンで冷却しながら、調整。
8. 完成
9. 24時間エージング
         Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.                m-75-9
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください。