ONKYO P−506RS M−506RS 修理記録
平成14年5月6到着 平成14年6月20日完成
 P−506RS
  1. 修理前の状況
    フォノポジションにするとMC/MMで、カートリッジの針がレコードに降りていないのに
    左のスピーカーがゆらゆらと前後に大きく動く右は何ともない
    また、CDなど他のソースも何ともない
    サブソニックフィルターは効果なし
    時々メインボリューム左にガリ発生左チャンネルの音が切れることがあった
    パワースイッチのインジケーターのランプ/ スーパーサーボのインジケーターのランプ切れ

  2. 原因
    TR(トランジスタ−)/FET(電界トランジスタ−)の劣化

  3. 修理状況
    TR(トランジスタ−)/FET(電界トランジスタ−)の交換
    表示電球交換
    半固定VR交換
    各種基板ハンダ補正 

  4. 使用部品
    TR(トランジスタ−)    4個
    FET             2個
    電解コンデンサ−     2個
    表示電球          3個
    半固定VR交換       4個

  5. 修理費  P−506RS=32,000円   <<通常修理>>
           M−506RS=23,000円   <<通常修理>>

1. パネルを取り外し、表示電球交換、SW、VRの清掃、取り付けネジ・ナット増締め作業
2. 出力VRの修理
3. 出力VRの修理(拡大)
4. 基板修理、半田補正作業、Q208の所は完全に剥離している
5. 完成 上から見る、この上にコンクリト製? の重しが乗る、右上増量して交換した電解コンデンサー
6. 完成 下から見る
              光っている所がハンダ補正した所
7. 出力/歪み率測定
8. 出力電圧1V 歪み率=0.02% 測定レンジ=0.1%  1000HZ
9. 出力電圧1V 歪み率=0.02% 測定レンジ=0.1%  400HZ
10. 24時間エ−ジング
M−506RS
1. SPリレー交換、下が交換した物、SP接続端子も半田補正
2. 照明ランプ交換
3. 出力、歪み率測定
4. 出力=34V=144W 歪み率=1.1% 1000HZ 右したオシロ=入力波形
   左=黒針=下、右=赤針=上、RL同時だと100Vの電源電圧が下がるので歪みが増えます
5. 出力=34V=144W 歪み率=1.1% 400HZ 右したオシロ=入力波形
   左=黒針=下、右=赤針=上、RL同時だと100Vの電源電圧が下がるので歪みが増えます
6. 完成 上から見る
7. 完成 下から見る
         Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.               p3m506-8
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください。