Marantz PM−8MKU 修理記録(未修理ストック品)    
平成14年10月14日到着 11月21日引取
  • A. 修理前の状況
      レコードを聞いていて、突然何も聞こえなくなりました大変気に入っていたアンプです

  • B. 症状、原因
      終段TR(トランジスター)死に
      ドライブTR(トランジスター)焼損

  • C. 修理状況
      結合コンデンサー交換
      配線手直し、補強
      経年劣化による各部ハンダ補正
  • D. 使用部品
      終段TR(トランジスター)             8個
      TR(トランジスター)               16個
      半固定VR                      4個
      抵抗                          個
      電解コンデンサー                 個

  • F. 修理費      82,000円   <<オーバーホール修理>>
                            <<引取品です=希望があれば修理致します>>

  • G. チューンUP+修理費   120,000円
       大型コンデンサーを除く、全電解コンデンサーをオーディオ・コンデンサー(ミューズ)に交換

      
A. 修理前の状況
A−1. 修理前 短絡し、焼き切れたTR(トランジスター)
          このお陰で高い4個のTR(トランジスター)が死にました、現在同型が無いので、RL8個の交換です
          終段TR(トランジスター)はここに映し出されて降りません
                                     ↓↓↓
A−2. 修理前 上から
     両サイドに熱が出る終段部、真ん中に電源部、前面にプリ・コントロール部、後ろに入出力部=模範的な配置
A−2. 修理前 下から
A−2. 修理前 前から
A−2. 修理前 後ろから 出力リレーは3個も使用している 入力RCA端子は全て金メッキ使用
        Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.               pmmk-25
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください。