Marantz PM−94 修理記録    
平成14年1月18日到着 2月7日完了
  1. 修理前の状況
    音出ない。

  2. 原因
    メインAMP終段TR(トランジスター)/FET(電界トランジスター)焼損

  3. 修理状況
    メインAMP終段TR(トランジスター)/FET(電界トランジスター)交換
    中段ドライブTR(トランジスター) 交換
    初段FET(電解トランジスター)交換
    配線手直し、補強

  4. 使用部品
    終段TR(トランジスター)          4個
    終段FET(電界トランジスター)      12個
    中段ドライブTR(トランジスター)     8個
    初段FET(電解トランジスター)      4個
    コンデンサー                 4個
    抵抗                       6個

  5. 修理費  48,000円   <<通常修理>>

1. 上=未修理の L側 終段部
  下=修理後の R側 終段部 新FET/新TRに交換
  この後、上のL側 終段部も同様に交換した。
2. FET(電界トランジスタ−)の比較
  中の大きいのが、新FET(電界トランジスタ−)、製造メ−カ−は同じです。
  新FETは損失1.5倍、増幅度=2.5倍 是で前段がかなり楽に成ります。
  但し、増幅度が高いのに交換する場合、発振に十分中止する必要がある、
  特に動的な(信号が入ると発振する)発振には十分注意すること。
3. ドライブ基板(下)の半田補正作業、熱を持つので、経年変化で、接触不良を起こす。
  疑ったら、迷わず鏝をあて半田をもる、単純な作業だ!
4. 調整=命を吹き込みます
5. 出力の小さい時のA級動作
6. 出力の大きい時のB級動作=波形が0迄下がっている
7. マランツが誇るクオーターA動作=右のオシロ
8. 最大出力 34V=145W、歪み率=0.05%
9. 修理完成=右側の終段が内側にあり、放熱悪い。
10. 下から見たところ、中ほど下の空きが無駄
11. 下蓋を付けた所、側板にまで固定坂が止めてある
12. 側板のメラミン化粧板が剥がれているのでボンドで接着する=サービス修理
13.  24時間エージング、右はおじいさんの山水AU−777
        Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.               pm-94-d
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください。