Marantz PM−84D 修理記録
 平成13年10月
  1. 修理前の状況
     突然、音が出なくなりました。

  2. 原因
     メインAMP終段FETの焼損
     メインAMPTR(トランジスター)の劣化

  3. 修理状況
     メインAMP終段FET(電解トランジスター)交換
     メインAMPのTR(トランジスター)、FET(電界トランジスター)交換、
     イコライザ−AMPのTR(トランジスター)、FET(電界トランジスター) 交換
     配線手直し、補強

  4. 使用部品
      メインAMP終段FET(電解トランジスター)        8個
      イコライザーAMP TR(トランジスター)         6個
      コンデンサー                         6個
      抵抗                              8個

  5. 修理費 18,000円   <<通常修理>>

1. 上蓋を取り清掃前
2. 終段FETを交換中。
3. SP接続リレー交換
4. 終段FET(電解トランジスター)比較
5. 出力・歪み率測定
6. 出力30V=112W 歪み率=0.07% 1000HZ
7. 出力30V=112W 歪み率=0.07% 4000HZ
        Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.               pm84d-2
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください。