Marantz #510. 2台目修理記録
平成15年12月25日持込  7月8日完成
A. 修理前の状況
  • オークションで購入、日本Marantzで修理不可の製品です。
    終段TR(トランジスター)が6個死んでいます。
    同じ物(#510用)が有れば、6個で済みますが、他ので置き換える場合16個必要。
    但し、生き残りも無傷では無いので、全交換が原則。

B. 症状、原因
  • 電解コンデンサ−劣化。
    終段TR(トランジスター)6個短絡。

C. 修理状況
  • 終段TR(トランジスター)ユニット交換。
    電解コンデンサ−交換=オーディオ・コンデンサー(ミューズ)使用。
    配線手直し、補強。
    経年劣化による各部ハンダ補正。
    WBT製RCA端子に交換。

D. 使用部品
  • 終段TR(トランジスター)ユニット。
    半固定VR                      6個。
    電解コンデンサー                 26個。
    抵抗                          1個。
    WBT製RCA端子

E. 調整・測定

F. 修理費   104,500円   <<オーバーホール修理>>
                       <<但し、ユーザーが部品取りを1台用意し、終段TR(トランジスター)別途支給>>

S. Marantz Model 510 の仕様(マニアル・カタログより)
   
A. 修理前の状況
A1. 点検中 前から見る、非常に綺麗です
A2. 点検中 上から見る
A3. 点検中 電源の電解コンデンサーが異なる。
          大きな事故が有り、交換した証拠です
A4. 点検中 R側、終段TR(トランジスター)が焼損で短絡し、フューズが飛んで、電源が入らない。
          オークションでこのままで売ると安いので、基板の電源供給線を外し、”電源を入れると「カチ」と音がしますが、
         出力しません”
とすると、簡単に直ると思いこみ、高く売れる。
A5. 点検中 終段ユニットは、両方ともR側終段の物、よって、このAMPは2回に渡り、終段を壊した事になる
A6. 修理前 ゆるゆるのSP端子 原因は中が欠けている 「C−8A. 修理前 SP端子内側」 参照
A7. 修理前 上蓋のスポンジが「グズグズ」に劣化
A8. 修理前 掃除機で吸うと皆取れる
C. 修理状況
C1A. 修理前  R側終段TR(トランジスター)
C1B. 修理後  R側終段TR(トランジスター)
C1C. 修理前  R側終段基板
C1D. 修理後  R側終段基板  電解コンンサー10個、半固定VR2個交換
C1E. 修理後  R側終段基板裏
C1F. 修理(半田補正)後  R側終段基板裏 +余計なフラックスを取り洗浄後
C1G. 修理前 R側終段TR(トランジスター)基盤          
C1H. 修理(半田補正)後 R側終段TR(トランジスター)基盤 +余計なフラックスを取り洗浄後
C2A. 修理前  L側終段TR(トランジスター) ”×”が付いているのが死んでいる
C2B. 修理後  L側終段TR(トランジスター) ユニットごと交換
C2C. 修理前  L側終段基板
C2D. 修理後  L側終段基板   電解コンンサー10個、半固定VR2個交換
C2E. 修理前  L側終段基板裏
C2F. 修理(半田補正)後  L側終段基板裏 +余計なフラックスを取り洗浄後
C2G. 修理前 L側終段TR(トランジスター)基盤
C2H. 修理(半田補正)後 L側終段TR(トランジスター)基盤 +余計なフラックスを取り洗浄後
C3A. 修理前 前面パネル裏 左右にVUメーター 中央にVUメーターAMP+ピーク表示LED
C3B. 修理後 前面パネル裏
C4A. 修理前 VUメーターAMP基盤
C4B. 修理後 VUメーターAMP基盤  電解コンンサー5個、半固定VR2個、抵抗交換
C4C. 修理前 VUメーターAMP基盤裏
C4D. 修理(半田補正)後 VUメーターAMP基盤裏 +余計なフラックスを取り洗浄後
C4E. 修理中 VUメーターランプは綺麗、日本は電圧が低いので寿命が延びる
C5A. 修理前  VUアテネッター基板 接点の出口が腐食している
C5B. 修理前  VUアテネッター基板裏
C5C. 修理(半田補正)後 VUアテネッター基板裏 +余計なフラックスを取り洗浄後
C6A. 修理中 後パネルを修理中
C6B. 修理前 後パネル
C6C. 修理後 後パネル
C7A. 修理前 冷却フアン シールのスポンジがぼろぼろ、これでは空気が漏れます!
C7B. 修理後 冷却フアン
C7C. 修理前 電源突入電流抑制回路
C7D. 修理後  電源突入電流抑制回路、電解コンンサー1個交換
C8A. 修理前 SP端子内側
C8B. 修理後 SP端子
C9A. 修理前 入力端子、SP端子
C9B. 修理後 入力端子。   WBT RCA端子 WBT−0201 
CA1. 測定中歪みが多く、調べたら、プラグが熱を持つので見たら、ハンダ揚をネジ止め、これでは緩む。
                                     <<ネジ止めは緩むを頭に入れておくこと>>
CA2. 電極にハンダ付けをする、これで緩まない(銀入りハンダ使用) 但し、取るには技術が必要!
CA3. パネル清掃
CB. 交換部品
CC1. 修理前 上から見る 
CC2. 修理後 上から見る
E. 調整・測定
E1. 出力/歪み率測定・調整
    <見方>
     上左オーディオ発振器より400HZ&1KHZの信号を出す(歪み率=約0.003%)。
     下中=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)。
     下右=周波数計。
     上左=SP出力の歪み率測定。 左メータ=L出力。 右メータ=R出力。
     上中=SP出力電圧測定器。 赤針=R出力。 黒針=L出力。
     上右=SP出力波形オシロ。 上=R出力。 下=L出力(出力電圧測定器の出力)。
E2A. SP出力=48V=288W出力。 0.04%歪み 1000HZ入力 本日は電源電圧が高く調子が良い!
E2B. SP出力=48V=288W出力。 0.03%歪み 400HZ入力
E2C. VUメーター校正。 オーバーロードも点灯
E3. この位の出力になるともう少し太い線で無いと熱を持ちます! 
E4. 完成 引き続き24時間エージング
S. Marantz Model 510 の仕様(マニアル・カタログより) 
型式 ステレオパワーアンプ Model 510
出力 8Ω(定格出力時、両ch、20Hz〜20kHz)=500W(256W+256W)
全高調波歪率 0.1%以下(20Hz〜20000Hz)
混変調歪率 0.05%以下(定格出力時、両ch、SMPTE)
周波数特性 20Hz〜20kHz ±0.1dB/1W出力
入力感度 2V for 250W into 8Ω load with Gain Controls fully clockwise.
入力インピーダンス 25kΩ with Gain Controls fully clockwise.
ダンピング・ファクター 100以上
Total Noise better than 106dB below 250W Power(8Ω Load)
Gain Control(s) Dual
Meter Range Single: Off, 0 db (2.56 watts), +10 db (25.6 watts), +20db (128 watts, +3dB is 256 watts)
Peak Lamp(s) Yes
外形寸法 幅15 1/2×高さ6 1/4×奥行14インチ
重量 46lb
        Copyright(C) 2012 Amp Repair Studio All right reserved.              ma510-21i
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください。