Lo−D HCA−8000 修理記録
  平成13年10月
A. 修理前の状況
  片方から音が出ません、もう片方からは、ボリュームの位置が、
  9時から11時の範囲だけノイズ交じりで少し音が出ます。
  電源スイッチ等からも操作をすると、ぶちっ、と音がします。
  Lチャンネルから「ガリガリ」という音がしはじめる。
  電源を落とし、再度、入れなおしてしばらくの間は大丈夫ですが、
  30分もするとLチャンネルから「ガリガリ」という音がしはじめ、
  だんだん大きくなり「バリバリ」という音になってプロテクトが働き音が鳴らなくなります。

B. 原因
  AMPのTR(トランジスター)劣化
  AMPのICの劣化

C. 修理状況
  出力AMPのIC交換
  メインVR、バランスVRの修理
  定電圧TR(トランジスター)交換
  配線手直し、補強

D. 使用部品
  出力AMPのIC交換            2個
  定電圧TR(トランジスター)      4個
  AMP TR(トランジスター)       2個
  電解コンデンサ-               4個
  抵抗                     6個

E. 修理費  26,000円   <<通常修理>>

C.修理状況
1.上蓋を取り清掃後
2.基板取りだし修理
3.ガリVRを取り出し修理する。本当は交換したいが、代替え品なし。
4.バラ(分解)して接点復活剤で磨き、バネを強くする
5.調整中。
6.12時間エージング 隣の山水B−2301L(300W/300W)とお話中。
          
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.