QUAD 405. 2台目修理記録
平成14年8月7日到着   8月9日完成
  1. 修理前の状況
    知り合いから譲り受けたQUAD405を使っておりましたが、最近スピーカーからのハム音が気になり始め、
    QUADWorldというHPを参考に、先週末に古いコンデンサーの交換 を行ないました。交換したのは以下の3種です。
    100uF 、 47uF 、 10000uF
    土曜日の夜に交換終了し、その晩から日曜日にかけて連続して稼動させ、音楽も問題なく再生できておりました。
    そして、日曜日の晩に電源を切りました。
    一日おいて昨晩再 び電源をいれたところ、
    電源をいれた瞬間から「ブー」という大音響がでて、すぐに電源をオフにしました。
    中をあけ、半田のつき具合をチェックしましたが特に問題はなく、今度はスピーカーのみを接続して電源をあげたところ、
    やはり「ブー」という大音響が両チャネル から出ました。
    10000uFのコンデンサーが心なしか小さくしぼんでいるような気もするのですが、
    もともとの大きさをちゃんと覚えていないので感覚で言っています。

  2. 原因
    各部半田不良/FET/TR劣化

  3. 修理状況
    配線手直し、補強(半田補正)

  4. 使用部品

  5. 修理費   16,000円   通常修理
  6. QUAD 405 の仕様(マニアル・カタログより)
1.半田不良の所 銀入り半田や、無鉛半田は慣れないと難しい
QUAD-405
2.半田不良の所、1の裏から見る
QUAD-405
3.2の半田補正後
QUAD-405
4.1の半田補正後
QUAD-405
5.半田鏝も選ばないと良い仕事は出来ない、小生が使う物
QUAD-405
6. L側 AMP基板修理
QUAD-405
7. L側 AMP基板裏
QUAD-405
8. L側 AMP基板の半田補正後
QUAD-405
9.R側 AMP基板修理
QUAD-405
10. R側 AMP基板裏
QUAD-405
11. R側 AMP基板の半田補正後
QUAD-405
12. 完成、上から見る。
QUAD-405
13. 出力、歪み調整・測定
QUAD-405
14.  SP出力24V=72W 歪み率=0.04% 400HZ
QUAD-405
15.  SP出力24V=72W 歪み率=0.04% 1000HZ
QUAD-405
16.  24時間エージング
QUAD-405
17.  動作中
QUAD-405
S. QUAD 405 の仕様(マニアル・カタログより)
型式 ステレオパワーアンプ 405
両チャンネルを同時に駆動した場合の値です。
出力及び歪率(8Ω負荷、サイン波入力) 100Hz、100W出力時、0.01%以下
1kHz、100W出力時、0.01%以下
10kHz、100W出力時、0.05%以下
出力内部インピーダンス 0.03Ωと直列に3.3μH
オフセット電圧 7mV以下
周波数特性(1kHz基準) 低域=20Hzにて-1dB
高域=20Hzにて-0.1dB、50kHzにて-3dB
入力感度 0.5Vrms+−0.5dB(8Ω負荷、120W出力時)
入力インピーダンス 20kΩ(220pF)
スルーレート 0.1V/μs
最大入力限度 入力信号が+20dBまでなら瞬時に復帰します。
クロストーク(1kΩの入力負荷時) 80dB(100Hz)、70dB(1kHz)、60dB(10kHz)
SN比 -96dB(A補正時)、-93dB(補正なし)
パワーリミッター 50W/8Ω負荷時の制限
電源入力 100〜130V、200〜250V、50-60Hz
消費電力は信号レベルにより30〜350W。
外形寸法 幅340.5×高さ115×奥行195mm
プラグ及びソケットの分38mmを含む。
重量 9kg
価格 198,000円
                      qua4052h
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.