Musical Fidelity P270 点検・測定
平成17年11月13日到着  11月13日完成
  • A. 修理前の点検。
        前所有者はかなりの技量があり、修理した完動品をオークションで購入。

  • AE. 測定

  • B. 原因
        不適切な修理(技量不足)。
  • F. 点検・測定費    15,000円   点検・測定
                              お馴染みさん価格

A.点検
A1A.点検中 上から見る
A1B.点検中 前から見る
A1C.点検中 後から見る
A2A.点検中 交換された東芝製終段FET(電解トランジスター)、本来は両側の止めネジで取り付ける、もう少し大きい!
A2B.点検中 交換された終段FET(電解トランジスター)
A3.点検中 SP接続リレーが増設されている、プロテクトや遅延回路はなく、電源SWと連動するだけで意味が無い!
A4.点検中 入力回路の配線! 直ぐ近くにSPの配線がある
A5.点検中 突入電流抑制回路、交換されているリレーの接点容量は5A×2(但し、パラ接点なので=10Aとはならない)
               このAMPの消費電力は650Wなのだから、もう少し余裕が欲しい、出来れば20A以上
AE.測定
AE1A. R−SP出力 27V=91W 14%歪み率 400HZ 寄生発振をしている。 定格は150W歪み率1%以下
    <見方>
     下左オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出す(歪み率=約0.003%)
     下中=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル) 下右=周波数計
     上左=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
     上中=SP出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力
     上右=SP出力波形オシロ 上=R出力、下=L出力(出力電圧測定器の出力)    
AE1A.L−SP出力 14V=24.5W 24%歪み率 400HZ 片側が動作していないか飽和している
                      p270-7
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。  Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.