MusicalFidelity A−1. 4台目修理記録
平成17年9月13日到着  10月29日完成
  • A. 修理前の状況
      インターネットのオークションで入手しました。
      とても魅力的な音が出ますが、あまり状態が良いとは言えません。
      特に、セレクターが接触不良を起こしているようです。
      それと、SP端子が使いにくいのでWBT社のものに 換えていただけると助かります。
      加えて、電源ケーブルも、もう少し しっかりとしたものに換えていただきたいです。
      ちなみに、CDよりもレコードを聴くことが多いです。カートリッジは殆ど MCです。

  • B. 原因
       電解コンデンサー容量抜け.

  • C. 修理状況.
       電解コンデンサー交換.
       抵抗交換.
       配線手直し、補強.
       経年劣化による各部ハンダ補正.
       SP端子交換.
       電源コード交換.
       入力切り替えSWカップリング交換.

     
  • D. 使用部品
       電解コンデンサー(オーディオコンデンサー使用)       31個.
       抵抗                                    個.
       WBT SP端子 WBT−0730PL                  1組(定価で工賃込み).
       電源コード.
       ユニバーサルジョイントカップリング.

  • E. 調整・測定.

  • F. 修理費  79,500円   オーバーホール修理

  • S. MusicalFidelity A−1. の仕様(マニアル・カタログより)
A. 修理前の状況
A1. 点検中 上から見る
A2. 点検中 チューブラ型の電源用電解コンデンサー
A3. 点検中 修理の時曲げたのが、右の入力切り替えSWがかなり揺れる
          カップリングも安い物で、「ユニバーサル型」でないので、吸収しない
A4. 点検中 SP端子
A5. 点検中 電源コードの比較、細いのが付いている物、丸いのが交換する1.25mm2
A6. 点検中 電解コンデンサーの比較 左=交換する物容量1.5倍 右=付いている物
C. 修理状況
C1A. 修理前 基板
C1B. 修理後 基板 電解コンデンサー31個交換
C1C. 修理前 基板裏
C1D. 修理(半田補正)後 基板裏、 半田を全部やり直す。
C1E. 完成基板裏 洗浄後+絶縁コーテング材を塗る
C2A. 修理前 AMP基板
C2B. 修理後 AMP基板
C2C. 修理前 AMP基板裏
C2D. 修理(半田補正)後 AMP基板裏、 半田を全部やり直す。
C2E. 完成AMP基板裏 洗浄後+絶縁コーテング材を塗る
C3A. 修理前 SW基板
C3B. 修理後 SW基板
C3B−1. 修理前 SW基板 ジョイントカップリング
C3B−2. 修理後 SW基板 ユニバーサルジョイントカップリング これで少々軸芯がずれていてもOK
C3C. 修理前 SW基板裏
C3D. 修理(半田補正)後 SW基板裏、 半田を全部やり直す。
C3E. 完成SW基板裏 洗浄後+絶縁コーテング材を塗る
C4A. 修理前 EQ基板
C4B. 修理後 EQ基板
C4C. 修理前 EQ基板裏
C4D. 修理(半田補正)後 EQ基板裏、 半田を全部やり直す。
C4E. 完成EQ基板裏 洗浄後+絶縁コーテング材を塗る
C5A. 修理前 電源基板
C5B. 修理後 電源基板
C5C. 修理前 電源基板裏
C5D. 修理(半田補正)後 電源基板裏、 半田を全部やり直す。
C5E. 完成電源基板裏 洗浄後+絶縁コーテング材を塗る
C6A. 修理前 SP端子
C6B. 修理後 SP端子 AC電源コードは2mm2に変更する
C7. 交換部品
C8A. 修理前 上から見る
C8B. 修理後 上から見る
C8C. 完成 後から見る
E. 調整
E1A. 出力・歪み測定・調整.
    <見方>
     下左オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出す(歪み率=約0.003%).
     下中=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル) 下右=周波数計.
     上左=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力.
     上中=SP出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力.
     上右=SP出力波形オシロ 上=R出力、下=L出力(出力電圧測定器の出力).
E1B. 出力・歪み測定・調整 ヒートシンクが無いのでフアンで冷却する
E2A. R−SP出力 14V=24W 0.3%歪み率 AUX入力 1000HZ
E2B. L−SP出力 14V=24W 0.25%歪み率 AUX入力 1000HZ
E2C. R−SP出力 14V=24W 0.3%歪み率 AUX入力 400HZ
E2D. L−SP出力 14V=24W 0.25%歪み率 AUX入力 400HZ 
E3A. R−SP出力 14V=24W 0.25%歪み率 MM入力 1000HZ
E3B. L−SP出力 14V=24W 0.25%歪み率 MM入力 1000HZ
E3C. R−SP出力 14V=24W 0.25%歪み率 MM入力 400HZ
E3D. L−SP出力 14V=24W 0.25%歪み率 MM入力 400HZ 
E4A. R−SP出力 14V=24W 0.25%歪み率 MC入力 1000HZ
E4B. L−SP出力 14V=24W 0.25%歪み率 MC入力 1000HZ
E4C. R−SP出力 14V=24W 0.25%歪み率 MC入力 400HZ
E4D. L−SP出力 14V=24W 0.25%歪み率 MC入力 400HZ 
E5. 完成 24時間エージング
S. MusicalFidelity A−1. の仕様(マニアル・カタログより)
型式 プリメインアンプ Musical Fidelity A1
定格出力 20W+20W(8Ω)
入力感度/インピーダンス Phono MC= 0.2mV/120Ω
Phono MM= 2mV/47kΩ
CD、Tuner、Aux、Tape= 200mV/47kΩ
RIAA偏差 30Hz〜40kHz ±0.5dB
SN比 Phono MC= 55dB以上
Phono MM= 60dB以上
CD、Tuner、Aux、Tape= 80dB以上
高調波歪率 0.5%未満(8Ω、定格出力時)
消費電力 85W(連続)
外形寸法 幅408×高さ60×奥行249mm
重量 5.5kg
価格 1984年発売、\138,000
                       mfa1-4-1f
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。 写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。  Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.