マ−ク・レビンソン No28L プリAMP 修理
平成14年6月21到着 平成14年7月29日完成
  1. 修理前の状況

  2. 原因

  3. 修理状況
    各種基板ハンダ補正 

  4. 使用部品

  5. 修理費  15,000円   通常修理

1.電源部基板
2..電源部基板 半田補正作業
3.片側AMP基盤
4.何故か半田が腐食している
5.半田補正作業
6.RLとも半田補正
7.前=DAC基盤 後=コントロ−ル基盤
8.入出の切り替えは全てリレ−(赤いやつ)で行う
9.出力・歪み率測定
  下記の様に、使用できるのは出力0.4VMax、国内の高級機は5V以上も歪み率が少ない
  しかし、その為に巨大な終段TR(トランジスタ−)を使用し、ベラボウな消費電力
  メイン−AMPへの入力は0.2Vもあれば最大出力なのでこれで十分
10.出力=0.3V 歪み率=0.03% 1000HZ 右オシロ=入力波形=AUX入力
  左=黒針=下、右=赤針=上
11.出力=0.6V 歪み率=0.09% 1000HZ 右下オシロ=入力波形=AUX入力
  左=黒針=下、右=赤針=上
12.出力=0.3V 歪み率=0.03% 400HZ 右下オシロ=入力波形=AUX入力
  左=黒針=下、右=赤針=上
13.出力=0.6V 歪み率=0.09% 400HZ 右下オシロ=入力波形=AUX入力
  左=黒針=下、右=赤針=上
14.完成 上から見る、左の開いている所にEQ−AMP基盤が入る所=OP
15.24時間 エ−ジング
                   rev28l-f
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2012 Amp Repair Studio All right reserved.