Mark Levinson No.23.5L 修理記録
 2018/5/15到着  完成
A. 修理前の状況

T. 測定

C. 修理状況

D.使用部品
  • SP接続リレー                           2個。
    初段TR(トランジスター)                     2個。
    バイアス/バランス半固定VR                 6個。
    電解コンデンサー                         個
    フイルムコンデンサー                      個
    SP端子 WBT−0702PL             2組(定価で工賃込み)
    RCA端子 WBT−0201              1組(定価で工賃込み)
    FURUTECH製FURUTECH FI-10(R) ロジウムメッキ3Pインレット 1個。

E. 調整・測定

F.修理費   170,000円。

Y. ユーザー宅の設置状況

S. Mark Levinson No.23.5L の仕様(マニアル・カタログより)


A. 修理前の状況。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
A11. 点検中 梱包箱を見る
A12. 点検中 梱包箱の前後発泡スチロール。左前取っ手がスチロールを貫いている。
A13. 点検中 梱包箱の下発泡スチロール。 下足も埋まり、下シャーシの止めビスの頭や放熱器のフィンの跡がある。
A14. 点検中 裸で入れた為、本体下に付いた発泡スチロール
A21. 点検中 前から見る
A22. 点検中 前右から見る
A23. 点検中 後から見る
A24. 点検中 後左から見る
A25. 点検中 上から見る
A26. 点検中 上蓋を取り、上から見る。コンデンサーの頭に挟まったアース線、修理者に十分な技量がないと起こりえる。
A27. 点検中 上蓋を取り、上から見る。
A28. 点検中 上蓋、トランス固定ステを取り、上から見る。
A29. 点検中 上蓋を取り、上から見る。
             交換する電解コンデンサー比較。 上=680μF/100VW、下=2200μF/100VW。
A2A. 点検中 上蓋を取り、上から見る。 SP接続端子の裏に基板がある。
           SP接続端子交換には、左右のAMP基板+後ろ側電解コンデンサー2個を外さないと交換不可。
           ユーザー提供のSP接続端子は交換不可、使用出来るのは WBT0735等。
A31. 点検中 下前から見る
A32. 点検中 下前左から見る
A33. 点検中 下後から見る
A34. 点検中 下後右から見る
A35. 点検中 下から見る。
A41. 点検中 交換可能なSP接続端子。WBT−0702 WBT−0702PL
A41. 点検中 交換可能なSP接続端子。WBT−0735 その他WBT−0705Ag WBT−0730PL
T. 測定。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
T0. 出力・歪み率測定・調整
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
T1. 50Hz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0043%歪み。
              L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0058%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
T2. 100Hz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0041%歪み。
               L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0043%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
T3. 500Hz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0042歪み。
               L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0053%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T4. 1kHz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0048%歪み。
              L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0050%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T5. 5kHz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0079%歪み。
             L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0088%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
T6. 10kHz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0094%歪み。
               L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0136%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
T7. 50kHz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.382%歪み。
               L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.367%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=500kHz、右=1MkHz。
T8. フルパワーなので、24V高速フアンが全回転でクーリング。
C. 修理状況。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
            日本では、前から向かって右にあるのを=右側AMP。
C10. 修理中 右側終段ブロック、右側電解コンデンサー、右側基板、右側端子を外す。
                   ユーザーより3Pインレット交換の依頼があり、更に右側電源トランスを外す。
C11. 修理前 右側SP接続端子裏プロテクト基板。
C112. 修理中 右側SP接続端子裏プロテクト基板。ヒビの入った電解コンデンサー。
C113. 修理中 右側SP接続端子裏プロテクト基板。RCA端子からの入力線が太く固いので、チューブの中で半断線。
C114. 修理中 右側SP接続端子裏プロテクト基板。XLR端子からの入力線、十分にハンダ盛る。
C12. 修理(半田補正)後 右側SP接続端子裏プロテクト基板。電解コンデンサー3個交換、 半田を全部やり直す。
C13. 完成右側SP接続端子裏プロテクト基板。 さらに防湿材を塗る。
C14. 修理前 右側SP接続端子裏プロテクト基板裏。
C15. 修理(半田補正)後 右側SP接続端子裏プロテクト基板裏、 半田を全部やり直す。
C16. 完成右側SP接続端子裏プロテクト基板裏。 洗浄後、さらに防湿材を塗る。
C21. 修理前 右側入力基板裏。
C212. 修理前 右側入力基板裏。この青いアース線のビスが緩んでいた。
C22. 修理(半田補正)後 右側入力基板。
C23. 完成右側入力基板。 さらに防湿材を塗る。
C24. 修理前 右側入力基板裏。
C25. 修理(半田補正)後 右側入力基板裏。
C26. 完成右側入力基板裏。 洗浄後、さらに防湿材を塗る。
C31. 修理前 右側終段ブロック。
C32. 修理後 右側終段ブロック。
C33. 修理前 右側終段ブロック裏。
C34. 修理後 右側終段ブロック裏。
C35. 修理前 右側終段基板。
C352. 修理中 右側終段基板。 半田補正を終わったのだが、なんとなく気になるので基板を外した。
C36. 修理後 右側終段基板。 電解コンデンサー5個交換。
C37. 完成終段基板。 さらに防湿材を塗る。
C38. 修理前 右側終段基板裏。
C382. 修理中 右側終段基板裏。 前回の修理で交換部品の足を切り忘れて、他の電極に振れている!
                         よく見ると、こちら側からは無半田!
C383. 修理中 右側終段基板裏。 前回の修理で交換フイルムコンデンサー足が無半田!
C384. 修理中 右側終段基板裏。 その交換フイルムコンデンサー。手で押すと動く。
C39. 修理(半田補正)後 右側終段基板裏。
C3A. 完成終段基板裏。 洗浄後、さらに防湿材を塗る。
C41. 修理前 後パネル右側入力RCA端子、SP接続端子。
C42. 修理中 後ろパネル右側入力RCA端子、SP接続端子。穴加工。
C43. 修理(交換)後 後ろパネル右側入力RCA端子WBT−0201に交換、SP接続端子 SP端子WBT−0702Pに交換。
C50. 修理中 左側終段ブロック、左側電解コンデンサー、左側基板、左側端子を外す。
                   ユーザーより3Pインレット交換の依頼があり、更に左側電源トランスを外す。
C51. 修理前 左側SP接続端子裏プロテクト基板。
C512. 修理中 左側SP接続端子裏プロテクト基板。ヒビの入った電解コンデンサー。
C513. 修理中 左側SP接続端子裏プロテクト基板。RCA端子からの入力線が太く固いので、チューブの中で半断線。
C514. 修理中 左側SP接続端子裏プロテクト基板。XLR端子からの入力線、十分にハンダ盛る。
C52. 修理(半田補正)後 左側SP接続端子裏プロテクト基板。電解コンデンサー3個交換、 半田を全部やり直す。
C53. 完成左側SP接続端子裏プロテクト基板。 さらに防湿材を塗る。
C54. 修理前 左側SP接続端子裏プロテクト基板裏。
C55. 修理(半田補正)後 左側SP接続端子裏プロテクト基板裏、 半田を全部やり直す。
C56. 完成左側SP接続端子裏プロテクト基板裏。 洗浄後、さらに防湿材を塗る。
C61. 修理前 左側入力基板裏。
C612. 修理前 左側入力基板裏。この青いアース線のビスが緩んでいた。
C62. 修理(半田補正)後 左側入力基板。
C63. 完成左側入力基板。 さらに防湿材を塗る。
C64. 修理前 左側入力基板裏。
C65. 修理(半田補正)後 左側入力基板裏。
C66. 完成左側入力基板裏。 洗浄後、さらに防湿材を塗る。
C71. 修理前 左側終段ブロック。
C72. 修理後 左側終段ブロック。
C73. 修理前 左側終段ブロック裏。
C74. 修理後 左側終段ブロック裏。
C75. 修理前 左側終段基板。
C752. 修理中 左側終段基板。 半田補正を終わったのだが、なんとなく気になるので基板を外した。
C76. 修理後 左側終段基板。 電解コンデンサー5個交換。
C77. 完成終段基板。 さらに防湿材を塗る。
C78. 修理前 左側終段基板裏。
C782. 修理中 左側終段基板裏。 前回の修理で交換部品の足を切り忘れて、他の電極に振れている!
                         よく見ると、こちら側からは無半田!
C783. 修理中 左側終段基板裏。 前回の修理で交換フイルムコンデンサー足が無半田!
C784. 修理中 左側終段基板裏。 その交換フイルムコンデンサー。手で押すと動く。
C79. 修理(半田補正)後 左側終段基板裏。
C7A. 完成終段基板裏。 洗浄後、さらに防湿材を塗る。
C81. 修理前 後パネル左側入力RCA端子、SP接続端子。
C82. 修理中 後ろパネル左側入力RCA端子、SP接続端子。穴加工。
C83. 修理(交換)後 後ろパネル左側入力RCA端子WBT−0201に交換、SP接続端子 SP端子WBT−0702Pに交換。
CA1. 修理前 3Pインレットソケット。
CA2. 修理中 3Pインレットソケットを取り出す。
CA3. 修理中 3Pインレットソケットを取りし、交換。
CA4. 修理(交換)後 3Pインレットソケット。FURUTECH製FURUTECH FI-10(R) ロジウムメッキに交換
CB1. 修理前 後ろパネル入出力端子郡。
E. 測定。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
E0. 出力・歪み率測定・調整
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
E1. 50Hz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0043%歪み。
              L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0058%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E2. 100Hz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0041%歪み。
               L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0043%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E3. 500Hz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0042歪み。
               L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0053%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E4. 1kHz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0048%歪み。
              L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0050%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E5. 5kHz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0079%歪み。
             L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0088%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E6. 10kHz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0094%歪み。
               L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.0136%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E7. 50kHz入力、R側SP出力電圧40V=200W出力、 0.382%歪み。
               L側SP出力電圧40V=200W出力、 0.367%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=500kHz、右=1MkHz。
E8. フルパワーなので、24V高速フアンが全回転でクーリング。
CC. 交換部品
CD1. 修理前 上から見る
CD2. 修理後 上から見る
E5. 24時間エージング中。  右=QUAD QUAD−606. 4台目
K1. 修理前  SPケーブル。
K2. 修理前  SPコネクター。
K3. 修理前  SPプラグ。 前回の製作者の技量不足で、肝心の金メッキプラグに半田が載っている。
K4. 修理中  SPプラグの半田付けの様子。 心線が見えている。
K5. 修理後  当方のSPプラグの半田付け。
K6. 完成SPプラグ。 左=当方が製作。
K7. 完成支給SPプラグ、両側共製作。
K8. 完成  SPケーブル。
K9. 完成SPプラグ。 端子変更に付き、WBTスリーブに変更。
K21. 修理前 予備ケーブル端子側。
K22. 修理前 予備ケーブル端子側。 端子穴が大きくて接続線が ゲベガボ。
K23. 修理中 予備ケーブル端子側。 電極端子の半田付け。
K24. 修理中 予備ケーブル端子側。 電極端子の半田付け、上の芯線には半田が染み込んでいない。
K25. 修理後 予備ケーブル端子側。 芯線は事前に半田を染み込ませ、電極端子穴に十分押し込み半田付け。
K26. 修理前 予備ケーブル線端子側。 
K27. 修理後 予備ケーブル線端子側。 合うWBTスリーブ端子が無いので、半田を染み込ませて使用。
K27. 完成予備ケーブル。 
Y. ユーザー宅の設置状況
Y1. 設置状況
S. Mark Levinson No.23.5L の仕様(マニアル・カタログより)
型式 ステレオパワーアンプ No.23.5L
構成 デュアルモノ構成
ディファレンシャル入力回路搭載(BAL入力時)
大容量トロイダルトランス使用 
実効出力 200W+200W(8Ω)
400W+400W(4Ω)
700W+700W(2Ω)
1,400W(4Ω、ブリッジ接続時)
800W(8Ω、ブリッジ接続時)
ピーク出力 3,025W(20Hz、0.5sec)
周波数特性 4〜140000Hz、-3dB
SN比 104dB
入力インピーダンス 50kΩ
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 225W(アイドリング時)
1200W「200W+200W(8Ω)・定格出力時」
外形寸法 W483×H210×D450mm 
重量 40.0kg
価格 1,450,000円〜1,522,500円、1991年発売
                      no23-5l_2c
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。 
写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2018 Amp Repair Studio All right reserved.