DENON POA−8000. 1,2台目修理記録
平成14年7月29到着 平成14年月日完成
A. 修理前の状況
倉庫保管後、パワースイッチを入れるとアンプが立上がる間も無く、カッチン、カッチンと絶え間なくON、OFFを繰返し続る
アンプに自己診断機能が付いているため、一瞬エラー表示は出ている。
パワーメーターは、ON、OFFを繰り返すたびに0〜振り切れるところまでを、照明と連動して激しく往復している。
程度の差はあるが2台ともほぼ同じような症状である。(全く使える状態ではない)
B. 原因・現状
AMPのDCバランスが崩れDC電圧が出ている。
半固定VRでは調整できない
B−1. 修理前 上からみる
B−2. 修理前 下から見る、電源・整流部
B−3. 修理前 横を見る、歪み除去(軽減)AMP
B−4. 修理前 後ろ、ドライブAMP
S. DENON POA−8000 の仕様(マニアル・カタログより) 
型式 モノラルパワーアンプ
ミュージック出力 320W(8Ω)
定格出力 200W(8Ω、正弦波連続、20Hz〜20kHz)
全高調波歪率 0.003%以下(8Ω、正弦波連続、20Hz〜20kHz)
混変調歪率 0.005%以下(60Hz:7kHz=4:1、定格出力時)
出力帯域幅(THD 0.01%) 5Hz〜100kHz
入力感度/入力インピーダンス 1V/50kΩ
出力インピーダンス(1kHz) 0.1Ω以下
SN比(IHF-A) 120dB以上
周波数特性(1W出力時) 1Hz〜200kHz +0dB -3dB
出力端子 2系統
サブソニックフィルター特性 16Hz、6dB/oct
スルーレイト ±380V/μsec
レベルメーター特性
指示方式 ピーク値指示方式レベルメーター
指示範囲 -50dB〜+5dB(0dB=200W/8Ω)
周波数特性 10Hz〜100kHz ±3dB
付属機能 定格出力ピークホールド表示
デジタルディスプレイ機能
ミューティング表示 初期値7→0へのカウントダウン
スピーカー表示 SP1、SP2
自己診断機能 メイン回路、歪除去回路、異常温度上昇時の動作診断
総合
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 330W(電気用品取締法)
160W(無信号時)
外形寸法 幅310x高さ188x奥行462mm(つまみ類、脚の高さを含む)
重量 22kg
標準価格 ¥350,000(1981年9月、昭和56年発売)
                      de8000-4
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した物です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。
 Copyright(C) 2019 Amp Repair Studio All right reserved.