DENON POA−8000. 2台 修理記録
修理中ですので確定ではありません
平成14年7月29到着 平成14年月日完成
A. 修理前の状況
倉庫保管後、パワースイッチを入れるとアンプが立上がる間も無く、カッチン、カッチンと絶え間なくON、OFFを繰返し続る
アンプに自己診断機能が付いているため、一瞬エラー表示は出ている。
パワーメーターは、ON、OFFを繰り返すたびに0〜振り切れるところまでを、照明と連動して激しく往復している。
程度の差はあるが2台ともほぼ同じような症状である。(全く使える状態ではない)
B. 原因・現状
AMPのDCバランスが崩れDC電圧が出ている。
半固定VRでは調整できない
B−1. 修理前 上からみる
B−2. 修理前 下から見る、電源・整流部
B−3. 修理前 横を見る、歪み除去(軽減)AMP
B−4. 修理前 後ろ、ドライブAMP
C.修理状況
  リレ−交換
  カップリング電解コンデンサ−交換
  初段FET/TR交換
  半固定VR交換
  
4.使用部品
  リレ−                   4個
  カップリング電解コンデンサ−
  初段FET/TR交換           4個
  半固定VR交換

E.修理費  ,000円

1.電源 3Pインレットの取り付け
2.EQ−AMP基板
  電解コンデンサ−交換
3.EQ−AMP基板裏 銀入り半田で半田補正
4.ト−コントロ−ル基板
  電解コンデンサ−交換
5.ト−コントロ−ル基板裏 銀入り半田で半田補正
6.フラットAMP
  半固定VR、電解コンデンサ−交換
7.フラットAMP基板裏 銀入り半田で半田補正
8.定電圧基板
  電解コンデンサ−、半固定VR交換
9.定電圧基板裏 銀入り半田で半田補正作業終了
10.電源基板
   電解コンデンサ−、半固定VR交換
11.0.電源基板裏 銀入り半田で半田補正作業
12.出力/歪み率測定
13.出力電圧1V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1% AUX入力 1000HZ
14.出力電圧1V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1% AUX入力 400HZ
15.出力電圧1V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1% MM入力 1000HZ 
16.出力電圧1V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1% MM入力 400HZ
17.出力電圧1V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1% MC入力 1000HZ
   歪みが多く成ったのは、入力の発信器が安物なのでハムが出ている為
18.出力電圧1V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1% MC入力 400HZ
   歪みが多く成ったのは、入力の発信器が安物なのでハムが出ている為
19.完成上から見る
20.完成下から見る
21.交換部品
                      de8000-4
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.